ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
いますぐ、登録してください。
loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

アルツハイマー病 - 脳の中でなにが起こっている?

アルツハイマー病 - 脳の中でなにが起こっている?

アルツハイマー病(AD)は、高齢者の記憶や思考、行動に影響を与えます。アルツハイマー病は、容赦なく徐々に生涯を通じて習得した知識を忘れさせ、日常生活の中での単純な記憶さえも妨害しながら進行していきます。最終的には、家族の名前さえ忘れてしまいます。科学者たちのほとんどが、アルツハイマー病は老化の正常な一部分ではないと考えていますが、まだ、そのテーマについては多くの議論があります。

アルツハイマー病は脳の大部分に影響します。神経伝達物質の作用と同様に細胞内で走行する電子負荷においての形式が破壊されることによって始まります。これは、様々な脳機能に影響を与え、神経細胞間のコミュニケーションの断絶を引き起こします。

脳内においてのアルツハイマー病の他の影響としては、脳の大部分において神経組織を破壊することです。これは全ての脳機能に影響し、脳を萎縮させてしまいます。萎縮することは、新しい記憶が作成される記憶力を役割する海馬と呼ばれる脳の部分において、重症なことです。脳におけるアルツハイマーが及ぼす他の主な変化は、ある段階においては皮質にシワが発生し、思考、記憶、計画力等の重要な部分にダメージを与える、などが含まれます。脳室液体で満たされた脳の空間ははさらに大きくなってしまいます。

顕微鏡下では、アルツハイマー病をもっている脳組織は、健康な脳と比較して神経細胞とシナプスが少ないことが見られます。死んでいるもしくは、死に掛けている神経細胞のもつれのように、神経細胞の間に蓄積され脳溝として知られているたんぱく質断片の異常なクラスターもあります。もつれは別のたんぱく質の編組フィラメントによって形成されています。もつれと同様に脳溝はアルツハイマー病に苦しんでいる人の脳内組織の喪失と細胞死の主な原因として考えられています。脳内でもつれが形成される際、血管は分解し、崩壊し、細胞への栄養素の供給を中断させ、細胞死へとむかいます。また、脳溝はシナプスにおいて一つの細胞から他の細胞への信号遮断しているアミロイドベータによって、大部分が形成されています。

アルツハイマー病が進行するに連れてこれらの脳溝ともつれは、脳皮質全体に広がります。記憶、計画、思考、学習に関連する脳の領域に拡大し始め、話したり、理解する領域に移動し、そして、個人を取り巻く様子の探知に関連する領域に移動していきます。より深刻な段階にくると、脳の皮層は、脳の萎縮を引き起こされ、細胞の死を促されながら、非常に損傷されてしまいます。

病気の進行速度は、患者ごとによって違います。一部の患者では余命平均8年間、他のケースでは、最大20年というものもあります。

メールアドレスを入力してください。