ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
いますぐ、登録してください。
loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

脳のエクササイズは必要です。

脳のエクササイズは必要です。

脳の構造、組織、機能に関する研究が増えると"体力"と同様に脳の能力も科学研究の対象分野になることを期待できます。脳の健康へ考え方は、脳研究の分野でいくつかの重要な概念(例えば、学習、柔軟性と環境など)に影響を及ぼすと思われるためです。

以下は、どのような脳が健康な脳であるかの暫定的な定義を示しています。

"脳の健康は身体が変化する環境で生き残るために必要なもの学ぶための脳の能力です。"

脳のエクササイズは必要です。

脳の健康に対する概念が21世紀をまたなければいけなかったことは普通のことです。今までの文明で、一度も大きな世代間の分裂や、現代のような速い変化が見られた事はありませんでした。今日では、一世代で学ばれた知識の大部分は、次の世代にとってもう時代遅れです。脳の世代更新のために、新しい知識を吸収し、新しい情報処理回路を開発する必要性があります。人類が文明の限界を広げ、偏った知識から広いものへとグローバル化しているように、常に進化し、生涯にわたって学習する能力を維持し適応できる脳を育成するのを手助けできる環境を作っていくことが必要です。脳の能力は環境の影響や操作により強化、または復元する事を可能とする為の 脳の柔軟性の 特定レベルを必要している事を受けいれなければなりません。

脳の健康は脳の柔軟性の素晴らしさに起因することを意味し、スキルを習得することは、必然的にマスタリングスキルへと導きます。しかし、十分な情報と知識を持ち、鍛える十分な時間があるにも関わらず、一部の人々は教えられてきたスキルを習得することができません。たとえば、ディスレクシアを持つ人々は正しく読むことを習得するのが困難で、書字障害を持つ人は書くのに困難し、算数障害者は計算に困難します。しかし、すばらしいワークによって、これらの症状をもった人の多くは、障害を補うことができ、読み書きや、計算に障害があるにも関わらず、最初は不足していた能力も課題によって克服することができます。実際にやっていることは、能力を習得するために脳の不足を補いながら、状況を緩和させるためのツールを利用することです。たとえば、ディスレクシア症状のある人は、親や教師が口頭朗読したものをききながら学習していきます。彼らの脳は、自分で文字や音をデコードする事ができる他の人の脳とはまったく違う方法で、書かれた言語を処理し、学んでいます。しかし、このような補足できるのは、周りの環境(親、学校、図書など)が十分な読み物を提供できる場合です。したがって、脳の適正能力には、問題解決の方法を確立するために、複数の学習スタイルに頼ることを意味します。以上の例から明らかなように、情報処理のための代替回路は、選択肢を可能にさせる周辺の環境なしでは、不可能です。明確な機能的目標も、脳の適正能力を達成するために重要です。私たちのディスレクシアの例において、目標としては孤立した単語や文字を読むことができることだけではなく、書かれた文章の一般的な意味を理解できることです。つまり、脳の適正能力は、私たちの例にあったように書かれた文書を声に出して読んだりする事で、周囲環境が複数の並列した情報源を提供したときに、発達する可能性が高くなります。豊かな環境は学習向上させ、脳の機能、構造、組織を改善させますが、それだけでは十分ではありません。脳の柔軟性についての研究は、それらの問題を克服するための学習は、学習者のために行動利点を与える必要がある事を述べています。

脳の健康のコンセプトの正当性にとって、最大の課題は、アルツハイマー病なのような神経変性疾患などに関しての希望の欠如に対して問題提起することです。もし、全ての人間の脳が能力を達成し、生き残るために学び、開発し続けることができるのなら、未来には、神経科学、心理学、医学、教育、社会科学のツールを利用しながら更なる研究が行われるでしょう。それらの研究は神経科学者、親、教育者、心理学者、政府のために、すべての年齢層や個人のために継続的な開発、脳の機能をサポートする、適した環境づくりへと導くでしょう。

メールアドレスを入力してください。