このWebページのCookieについて

このWebサイトでは、Cookieを使用してオンライン体験を向上させています。Cookieの設定を変更せずにこのサイトを引き続き使用することにより、Cookieの使用について承諾したものとみなされます。詳しい情報を確認する、またはCookieの設定を変更するには、 Cookieポリシー をご覧ください。

承認
ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
いますぐ、登録してください。

あなた自身のために評価・トレーニングを利用しますか。個人アカウントを作成しましょう。このタイプのアカウントは、あなたの認知能力を評価・トレーニングするために設計されています。

あなたの患者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。患者の管理アカウントを作成しましょう。このアカウントは、認知障害の検査、診断、および医療介入のために医療専門家(医師、心理学者など)をサポートするように設計されています。

あなたの家族や友人に評価・トレーニングを提供しますか。家族用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、あなたの家族がCogniFitの評価・トレーニングにアクセスできるように設計されています。

研究被験者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。研究用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、研究者が認知領域に関する研究を行うのに役立つように特別設計されています。

あなたの生徒のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。生徒の管理用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、子どもや生徒の認知障害の検査、診断、医療介入をサポートするために設計されています。

ご自身でご使用になる場合(16歳から)。16歳未満のお子様は、CogniFit ファミリープラットフォームをご利用いただけます。

loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

corporativelanding_Lesion_social_picture

脳損傷

脳組織の変化

このページは情報提供のみを目的としています。病気を治療する商品は販売しておりません。病気を治療するためのCogniFit製品は現在検証実施中です。ご興味がある場合は、 CogniFit研究プラットフォームにアクセスしてください。
  • 全ての脳損傷は、認知機能の低下を伴っています

  • 結果を取得し、残りの人口を比較します

  • 訓練し、あなたの認知能力を強化します。お試しください!

今始める
loading

脳損傷は年齢とは関係無く、脳の損傷として定義されます。脳損傷は実質的な障害となる可能性があり、様々な形を引き起こす可能性があります認知障害は、注意、メモリや動作に問題を生じます。

脳損傷は、血管損傷の様々な種類を含む事があります。外部要因が、直接傷害を起こしていない限り。損傷のタイプは、外傷性脳損傷とは異なり、この場合外部の力により脳が損傷されます。

外傷性脳損傷頭蓋内損傷重、症度に応じて分類することができます。損傷の原因(内部、外部)このような脳損傷の場所など他の機能我々が、脳や頭部外傷について話す時、全般的に外傷性脳損傷 の事を指しております。

脳損傷

最も一般的な原因

  • 外傷性脳損傷これは、意識障害を引き起こして頭蓋骨に深刻な打撃によって引き起こされます、そして頭蓋骨折を引き起こす可能性があります。
  • 脳卒中や脳梗塞 問題は、脳の動脈閉塞などの妨害によって引き起こされます。これらの場合、我々は脳血栓症の事を指しております。
  • 酸素欠乏脳損傷は、脳内の酸素の欠乏によって引き起こされます、最も一般的な理由の1つは、心停止です。
  • 腫瘍 脳腫瘍は生物の動作制御を妨げる脳損傷を引き起こします。軟部組織の質量は、人の脳内で成長し、転移するか同じ位置に継続致します。/li>
  • 脳炎: これは、ヘルペス感染によって引き起こされます。この感染症は、脳、特に時間的、前頭葉に影響を与えます。脳損傷のこの原因は偉大な、感情的な認知および行動変化を引き起こします

最近では外傷性脳損傷は特に小児および若年成人でそれは、身体障害と認識機能障害の主要原因の一つであります。興味深ことは男性はより頻繁に女性よりも脳損傷となる事です。原因と症状は、損傷の種類に応じて、複数あります。原因は転倒、交通事故、暴力やスポーツを含みます。

様々な脳損傷は、認知に大きな影響を持つことができます私たちの認知能力。認知能力を維持することは脳の健康のために重要な事であります、これにより生活の質が向上されます。

参照

Evelyn Shatil, Jaroslava Mikulecká, Francesco Bellotti, Vladimír Burěs - Novel Television-Based Cognitive Training Improves Working Memory and Executive Function - PLoS ONE July 03, 2014. 10.1371/journal.pone.0101472

Peretz C, AD Korczyn, E Shatil, V Aharonson, Birnboim S, N. Giladi - Basado en un Programa Informático, Entrenamiento Cognitivo Personalizado versus Juegos de Ordenador Clásicos: Un Estudio Aleatorizado, Doble Ciego, Prospectivo de la Estimulación Cognitiva - Neuroepidemiología 2011; 36:91-9.

Evelyn Shatil, Jaroslava Mikulecká, Francesco Bellotti, Vladimír Burěs - Novel Television-Based Cognitive Training Improves Working Memory and Executive Function - PLoS ONE July 03, 2014. 10.1371/journal.pone.0101472

メールアドレスを入力してください。