このWebページのCookieについて

このWebサイトでは、Cookieを使用してオンライン体験を向上させています。Cookieの設定を変更せずにこのサイトを引き続き使用することにより、Cookieの使用について承諾したものとみなされます。詳しい情報を確認する、またはCookieの設定を変更するには、%1$s Cookieポリシー%2$sをご覧ください。

承認
ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
いますぐ、登録してください。

あなた自身のために評価・トレーニングを利用しますか。個人アカウントを作成しましょう。このタイプのアカウントは、あなたの認知能力を評価・トレーニングするために設計されています。

あなたの患者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。患者の管理アカウントを作成しましょう。このアカウントは、認知障害の検査、診断、および医療介入のために医療専門家(医師、心理学者など)をサポートするように設計されています。

あなたの家族や友人に評価・トレーニングを提供しますか。家族用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、あなたの家族がCogniFitの評価・トレーニングにアクセスできるように設計されています。

研究被験者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。研究用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、研究者が認知領域に関する研究を行うのに役立つように特別設計されています。

あなたの生徒のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。生徒の管理用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、子どもや生徒の認知障害の検査、診断、医療介入をサポートするために設計されています。

あなた自身のために利用(16歳以上)

loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

corporativelanding_Test-quimioneblina_social_picture
  • ヘイズの神経心理学的評価をテストします

  • 徹底的に化学療法治療中に影響を受け関連する認知能力を探索してください

  • 損害された可能性のある認知力を測定して下さい。

今始める
loading

がん治療後のケモブレインのリスク指標を評価・検出するコンピューターバッテリーの説明

ケモブレインのコンピューター化評価バッテリーやケモブレインのための認知アセスメントバッテリーはがん治療後に影響を受けた認知プロセスの症状、特徴および機能不全を迅速かつ正確に検出および評価することを目的とした一連の臨床試験および検証されたタスクからなる最先端の専門ツールです。

この最先端のオンラインケモブレイン検査は、完全な認知スクリーニング、強みと弱みの把握、ケモブレインのリスク指標評価、またケモブレインによって影響を受けた認知領域の評価を可能にする信頼性の高い科学的リソースです。このテストは、がん治療を受けたことがあり、関連する認知機能の低下を示す若年成人や高齢者など18歳以上の人を対象としています。どの個人ユーザーも専門家ユーザーも、この神経心理評価バッテリーを問題なく利用できます。結果レポートは、30~40分程度かかるテスト終了後に自動的に表示されます。

がんは現在において最も深刻な病気の一つであり、その治療は患者にとって非常に激しいものです。治療プロセスは、様々な認知能力の状態を非常に弱体化させ、患者の日常生活に悪影響を与える可能性があります。認知能力の悪化の検出は、できるだけ早急に医療介入を行い、ユーザーの機能と自立を改善するために重要なことです。

ケモブレインの診断には、質問表や評価測定といった問診や臨床検査が最も効果的ですが、この障害の認知悪化度合を知るには不十分です。障害の重症さを知るためには、徹底した臨床および神経心理学評価を行うことが必要です。このケモブレイン検査は、臨床検査の代替ではありませんので、専門的な診断の補助として使用することをおすすめします。

ケモブレインの認知影響評価のためのデジタルプロトコル(CAB-CF):

ケモブレイン検出のためのこの完全な認知評価は、質問表と神経心理学的検査の完全バッテリーからなります。テスト時間は約30〜40分です。

化学療法を受けたことのある若年成人と高齢者人は、認知機能の変化と関連する症状および臨床徴候を評価する質問表に回答し、その後、簡単なパソコンゲームを行うべきです。

  • 質問表と診断基準:主な診断基準を検出することを目的とした簡単な質問に答えると、ケモブレインの兆候や症状が示されます。質問表は、選別テストの意味も持っています。
  • 神経心理学的要因と認知プロフィールCAB-CFは、ケモブレインについて科学的文献に基づいて認識された主な神経心理学的な要因を評価するためのタスクバッテリーです。特に実行機能の指標に着目します。結果は、ユーザーの年齢や性別によって表で比較されます。
  • 完全結果レポート:ケモブレインテスト終了後、Cognifitは、詳細な完全結果レポートを作成し、障害(低、中、高)のリスク指標、および症状や兆候、認知プロフィール、結果分析、おすすめやガイドラインを見ることができます。結果は、サポートするためのベースとなる貴重な情報を提供します。

心理測定結果

CogniFitのケモブレインテスト(CAB-CF)は特許を取得したアルゴリズムと人工知能(AI)技術を使用して、1000を超える変数を分析し、非常に満足のいく心理測定結果で算数障害のリスクがあるかどうかを通知します。

神経心理学レポートの認知プロフィールは、高い信頼性と一貫性、安定性があります。このテストは、何度も繰り返された検査と測定プロセスによって検証されています。クロンバックのアルファ係数などの横断的な研究設計を参考にしており、9の値ほどに達しました。再テスト信頼性では、1に近い値が得られ、高い信頼性と精度が得られました。

検証表を見る。

誰のためにつくられていますか?

ケモブレインの評価バッテリー(CAB-CF)は、次のようながん治療中または治療後の若年成人や高齢者に適用できます。

すべての個人ユーザー・プロのユーザーも、この神経心理評価バッテリーを問題なく利用できます。この臨床プログラムを使用するのに、神経科学や情報科学に関する知識を持つ必要はありません。このプログラムは特に以下の人を対象にしています:

  • 医療専門家 ー患者を正確に評価し、完全結果レポートを提供しますー: CogniFitのケモブレインのための神経心理評価バッテリーは、検査や診断、医療介入で医療のプロを支えます。症状および認知機能障害の検出は、この神経変性疾患を認識し、適切な神経心理学的治療の診断を導く第一歩となります。この有望な患者管理ソフトウェアを使用すると、複数の変数を研究し、完全なパーソナライズされたレポートを提供することができます。
  • 家族、介護者、個人: ー 愛する人にケモブレインに関連する認知障害のリスクがあるかどうかを特定できますー:ケモブレインに対する認知評価バッテリーは、質問表とオンラインで実践できる簡単なテストで構成された科学的リソースです。ケモブレインで特定された様々な神経心理学的要因を専門知識がなくても評価することができます。結果の完全システムは、疾患に関連する認知障害のいずれかに罹患するリスクがあるかどうかを識別し、各症例のガイドラインを示します。

メリット

ケモブレインによって影響を受ける認知プロセスの症状、強み、弱み、特徴および機能不全を迅速かつ正確に評価するために科学的方法論に基づくこのコンピューターサポートを使用すると、様々なメリットがあります。:

  • 最先端のツール:CogniFitのケモブレインの認知評価バッテリー(CAB-CF)は、学習障害と神経心理学の専門家によって作成された専門的リソースです。認知テストは臨床的に特許を取得し、検証されています。この最先端のツールは、世界中の科学界、大学、家庭、協会、財団、医療センターで利用されています。
  • 簡単に管理できます:神経科学や情報科学に関する知識がなくても、すべての個人、プロのユーザー(医療従事者、教師、家族など)がこの神経心理評価バッテリーを利用できます。この検査と測定のインタラクティブなフォーマットは、迅速で効果的に管理できます。
  • 非常に魅力的です:すべての臨床タスクは完全に自動化された方法で行われます。
  • 詳細な結果レポート:結果分析のために有効な完全システムを構築しているので、ケモブレインの認知評価バッテリー(CAB-CF)を使用することで、 迅速かつ正確なフィードバックを可能にします。
  • 分析と推奨事項:この有望なソフトウェアは、数千もの変数を分析し、悪化タイプと個々のニーズに合わせた非常に詳細な推薦事項を提供できます。

どんな時にこのケモブレインテストを行うことをおすすめしますか?

この評価バッテリーでは、若年成人や高齢者のケモブレインに関連する症状を示すリスクを信頼性を以て検出することが可能です。

ケモブレインまたはそれに関連する認知障害のリスクがあると思われる場合は、できるだけ早くこの評価を行うことをおすすめします。早期発見することで、機能する段階でケモブレインの影響を受けた認知能力を保つことができる認知刺激の治療および適切なプログラムを始めることができます。

早期発見されておらず、ニーズに合ったツールを使っていないために、日常の機能が困難になり、職場、社会環境または家族、感情領域で問題を引き起こす可能性があります。

ケモブレインは、全体的な劣化を引き起こし、労働的および社会的機能の困難を引き起こす可能性があります。主な違いは以下の通りです。

ケモブレインの症状

この用語は、記憶力、注意力、集中力、がんの化学療法やホルモン療法を受けたことに関連する様々なメンタルタスクを行うための様々な能力に変化があるときに使用されます。これらの認知障害では、薬のほかに、年齢、性別、またはがんの種類などの他の要因があります。

精神症状:

がんの診断と発症は、患者とその家族にとって大きな精神的苦痛をもたらします。研究によると、がんと診断された患者の25%〜50%が高いレベルの精神的苦痛を経験することが示されています。最新の研究では、がん患者のうつ病や不安感、精神的苦痛の症状が顕著にみられ、一般の人よりも多く見られます。

身体症状:

抗がん治療や入院の両方が身体的症状、消化器系症状、代謝系症状、運動症状、睡眠パターン、またはがん治療を経た患者に多かれ少なかれ影響を及ぼす可能性のあるというイメージそのものにつながります。

診断基準質問表の説明

ケモブレインは、一連の症状および臨床徴候を特徴とします。これらの指標は、ケモブレインを疑うものでもあります。したがって、CogniFitのケモブレインの評価のためのバッテリー(CAB-CF)の第一段階は、各年齢層に適した主要な診断基準、臨床徴候および症状に対するスクリーニング検査を伴う質問表から構成されています。

ここに提示された質問は、診断マニュアル、臨床アンケートまたは評価測定に見られるものと同様ですが、実際に誰にでも簡単に理解して回答できるように単純化されています。

  • 若年成人と高齢者におけるケモブレインの診断基準:評価の担当者またはケモブレインテストを行う人が簡単に回答できる一連の項目で構成されています。質問表では、精神症状(不安、絶望などの心理的不快感)、身体症状(自分自身のイメージの変化、代謝変化、睡眠中の疲労、筋肉痛、睡眠の問題など)およびケモブレインの症状(記憶力や注意力などの様々な認知能力の問題)についての項目からなります。

ケモブレインに関する神経心理学的要因を評価するためのバッテリーについての説明

いくつかの認知能力の変化はケモブレインの指標となり得ます。認知能力の一般的なプロフィールは、この疾患による認知の変化がどれほど強いかを示すことができます。

がん治療を経た後に最も変化した認知領域は、つまり、ケモブレインテスト(CAB-CF)が評価するものです:

注意力:注意を払い、関連情報に集中する能力。

  • 集中的注意:集中的注意とケモブレイン。集中的注意は、注意の持続時間に関係なく、物体の刺激に焦点を当てる能力です。注意力不足や集中力の問題は、がん治療後に認知機能の低下を示す患者に多く見られます。この注意力不足は、本を読んだり、会話をしたり、テレビ番組を見たりするときなど、日々の活動に影響を与えます。
  • モニタリング:モニタリングとケモブレイン。モニタリングは、実行している行動を監視し、元々の行動計画に従っているかどうかを確認する能力です。がん治療を受けた人は、自分の行動を監視するときに認知障害を抱えている可能性があります。特に、行動が複雑であるほど、知覚した反応が少なくなります。

知覚:周囲の環境の刺激を解釈する能力。

  • 認識:認識とケモブレイン。認識は、以前に知覚した刺激(状況、人、物など)を識別する脳の能力です。認識やその他の視覚変化は、化学療法およびがん治療の後に続いて発症する可能性のある認知後遺症と言われており、読書や運転、その他の日常活動に影響を及ぼす可能性があります。

記憶力:新しい情報を保存・操作し、過去の記憶を回復する能力。

  • ワーキングメモリ:ワーキングメモリとケモブレイン。通常、がんの治療後、患者はワーキングメモリの低下を口にしています。この能力は、理解、学習、推論などの複雑な認知タスクに必要な情報を保持し操作する能力です。ワーキングメモリの欠損は、日常のタスクやその日の予定を思い出したり、家を出る前に明かりを消すのを忘れてしまう可能性があります。がん治療で使用された薬の毒性、ストレス、不安感は、がん患者におけるワーキングメモリの低下を証明します。
  • 短期記憶:短期記憶とケモブレイン。短期記憶は、例えば、段落を理解するのに、文章の最初の部分を記憶するなど、短時間の間に少量の情報を維持する能力です。短期記憶に問題があると、耳まで情報が正しく届かずに、聞いている内容を理解することを妨げる可能性があります。最新の研究結果によると、がんの治療後、患者は短期記憶が悪化していることが確認されています。

実行機能と推理力:効率的に取得した情報を推敲する能力。(順序立てる、関係づける)

  • 計画:計画能力とケモブレイン。計画は、例えば、先のことを話すために頭の中で話を組み立てるなど、将来的に目標を達成するために最良の方法を心の中で体系化する能力です。ケモブレインの影響では、計画に変化があると言われています。計画に困難があると、考えやアイデア、日々の活動を構築したり、先を読んで計画を立てたり、組織をつくったりするのに問題を引き起こします。

調整力:正確で順序通りの動きを効率的に行う能力。

  • 反応時間:反応時間とケモブレイン。反応時間とは、例えば、具体的な質問にすばやく効率的に答えるなど、何かを知覚してからその刺激に答えるまでの時間を指します。がん治療を経て認知障害を口にした人は、考えるのが遅い、またははっきりとはっきり考えることができないように感じ、「精神的混乱」と言われます。これは、素早く流暢に答えることが更に困難にある可能性があるため、反応時間が遅くなると言われています。

含まれる評価タスク

この多角的な科学リソースには、様々な評価タスクがあります。 ここではいくつか例をご紹介します:

  • 集中力テスト VISMEN-PLAN:この評価タスクは、ウェクスラー記憶検査(WMS)の直接および間接的な数値テスト、TOMM(Test of Memory Malingering)、ロンドン塔課題(TOL)にインスピレーションを受けており、計画性、視覚記憶、短期記憶、応答時間、ワーキングメモリ、処理速度など、さまざまな要因にを測ることができます。
  • 同時テスト DIAT-SHIF:これは従来のストループテストから開発されました。同時テスト DIAT-SHIFは、同時に2つの刺激に上手く注意を向けるユーザーの能力を評価します。
  • 解決テスト REST-SPER:これは、Variables Of Attention(TOVA)とVisual Organization Task(VOT)の従来のテストに基づいています。 タスクの実行が視覚運動レベルで被験者がどのように発達するか観察することができます。
  • 処理テスト REST-INH:処理テストREST-INHは、Variables Of Attention(TOVA)テストからインスピレーションを受けました。この評価タスクを実行するには、異なる刺激を知覚し、処理し、応答することが必要です。

能とケモブレイン

ケモブレインに関連する認知障害は、ある特定の脳の変化に基づきます。他の障害とは異なり、ケモブレインは目に見える損傷が特定の脳領域にあるわけではないが、脳全体のレベルで変化が起こります。したがって、一般的には、灰白質(ニューロン核)と白質(ニューロンの軸索)のレベルでの変化の結果から区別することができます。

灰白質:灰白質とは、脳内にグループ化されたすべてのニューロン核が集まる領域を指します。その集合領域で、灰白質は注意や記憶など、私たちが持っているさまざまな認知能力を担っています。化学療法は、これらのニューロン核によって実行される機能の全体的変化を引き起こし、結果として、これらの認知能力を必要とする日常活動おいて悪化が見られる可能性があります。

白質:白質は、ニューロンと軸索のあつまりを指します。この軸索は、ニューロンを他のニューロンと伝導し、つなげる役割を果たすため、脳の一部で受け取る情報を脳の別の領域の別のニューロンまたはニューロンの集合体に伝達することができます。化学療法では、1つのニューロンから別のニューロンへの情報を伝達するときに拡散が起こる可能性があります。これにより、処理速度が遅くなり、反応時間が長くなり、日常活動が妨げられる可能性があります。

カスタマーサービス

ケモブレインの評価レポートの解釈、管理、機能についてご質問がある場合は、すぐに当社にご連絡ください。私たちの認知障害専門チームがあなたの質問にお答えし、お手伝いさせていただきます。

参照

Peretz C, AD Korczyn, E Shatil, V Aharonson, Birnboim S, N. Giladi - Basado en un Programa Informático, Entrenamiento Cognitivo Personalizado versus Juegos de Ordenador Clásicos: Un Estudio Aleatorizado, Doble Ciego, Prospectivo de la Estimulación Cognitiva - Neuroepidemiología 2011; 36:91-9.

Preiss M, Shatil E, Cermakova R, Cimermannova D, Flesher I (2013), el Entrenamiento Cognitivo Personalizado en el Trastorno Unipolar y Bipolar: un estudio del funcionamiento cognitivo. Frontiers in Human Neuroscience doi: 10.3389/fnhum.2013.00108.

メールアドレスを入力してください。