このWebページのCookieについて

このWebサイトでは、Cookieを使用してオンライン体験を向上させています。Cookieの設定を変更せずにこのサイトを引き続き使用することにより、Cookieの使用について承諾したものとみなされます。詳しい情報を確認する、またはCookieの設定を変更するには、 Cookieポリシー をご覧ください。

承認
ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
CogniFitへようこそ! 研究者のためのCogniFitへようこそ!

あなた自身のために評価・トレーニングを利用しますか。個人アカウントを作成しましょう。このタイプのアカウントは、あなたの認知能力を評価・トレーニングするために設計されています。

あなたの患者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。患者の管理アカウントを作成しましょう。このアカウントは、認知障害の検査、診断、および医療介入のために医療専門家(医師、心理学者など)をサポートするように設計されています。

あなたの家族や友人に評価・トレーニングを提供しますか。家族用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、あなたの家族がCogniFitの評価・トレーニングにアクセスできるように設計されています。

研究被験者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。研究用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、研究者が認知領域に関する研究を行うのに役立つように特別設計されています。

あなたの生徒のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。生徒の管理用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、子どもや生徒の認知障害の検査、診断、医療介入をサポートするために設計されています。

loading

ご自身でご使用になる場合(16歳から)。16歳未満のお子様は、CogniFit ファミリープラットフォームをご利用いただけます。

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

認知能力
内部一貫性
再試験の信頼性
認知的柔軟性
0,726
0,842
分割注意力
0,866
0,85
視界
0,806
0,998
視覚と手のバランス調整
0,779
0,876
呼称
0,687
0,782
焦点
1
0,905
視覚探索
0,862
0,922
測定
0,761
0,986
抑制
0,661
0,697
短期音韻記憶
0,915
0,698
文脈記憶力
0,884
0,775
短期視覚記憶力
0,866
0,743
短記憶力
0,853
0,721
作業記憶力
0,85
0,696
非言語記憶力
0,787
0,73
空間認知
0,611
0,907
視覚
0,751
0,882
聴覚認知力
0,652
0,904
計画力
0,765
0,826
識別
0,864
0,771
応答時間
0,873
0,821
処理速度
0,888
0,764
ケモフォッグ研究のための認知評価 (CAB-CF)

評価の信頼性分析(英語のみ)ダウンロード

ケモフォッグ研究のための認知評価 (CAB-CF)

腫瘍進行後に完全な認知症スクリーニングを実施し、認知機能低下のリスク指数を評価することを可能にする最先端のケモフォッグ神経心理学的評価。

どんな人のためですか?

この商品は非売品です。 本製品は研究用です。詳細については、 CogniFit Research Platformを参照してください

マルチデバイス

ケモフォッグ研究のための認知評価 (CAB-CF)

あなた自身のために評価・トレーニングを利用しますか。個人アカウントを作成しましょう。このタイプのアカウントは、あなたの認知能力を評価・トレーニングするために設計されています。

あなたの家族や友人に評価・トレーニングを提供しますか。家族用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、あなたの家族がCogniFitの評価・トレーニングにアクセスできるように設計されています。

あなたの患者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。患者の管理アカウントを作成しましょう。このアカウントは、認知障害の検査、診断、および医療介入のために医療専門家(医師、心理学者など)をサポートするように設計されています。

あなたの生徒のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。生徒の管理用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、子どもや生徒の認知障害の検査、診断、医療介入をサポートするために設計されています。

研究被験者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。研究用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、研究者が認知領域に関する研究を行うのに役立つように特別設計されています。

-
+
評価の数*

* 評価ライセンスは、あらゆる種類の評価で使用することができます。

がん治療後の認知症状を評価し、検出するためのコンピューター化バッテリー

がん治療後の認知症状を評価し、検出するためのコンピューター化バッテリー

  • ケモブレインのリスク指標を評価する
  • 若年成人と高齢者のため
  • テスト時間は約30~40分かかります
  • 評価の信頼性分析 - 英語のみ ダウンロード

CogniFitのケモフォッグ患者のための認知評価(CAB-CF)は、テストとタスクのバッテリーで構成され、がん治療後に影響を受けた認知プロセスにおける症状、特徴および機能不全の存在を迅速かつ正確に検出し、評価することを目的とした最先端の専門ツールです。

この革新的なケモフォッグのオンラインテストは、完全な認知スクリーニングを可能にし、弱みと強みを知り、ケモフォッグ(または、ケモブレイン)の存在のリスク指標を評価することとこの影響を受けているエリアを知ることができるリソースです。このテストはガン治療を受け、関連の認知低下を示す18歳以上の若年成人、高齢者、老齢者が対象です。どの個人やプロのユーザーも、この神経心理学的評価バッテリーを簡単に利用することができます。結果報告は、通常約30~40分かかるテストの実行後、自動的に利用可能になります。

がんは現在において最も深刻な病気の一つであり、その治療は患者にとって非常に激しいものです。治療プロセスは、様々な認知能力の状態を非常に弱体化させ、患者の日常生活に悪影響を与える可能性があります。認知能力の悪化の検出は、できるだけ早急に医療介入を行い、ユーザーの機能と自立を改善するために重要なことです。

面接と病歴、ならびに質問票、評価尺度およびスクリーニング検査はこれらの認知問題を検出するために大変効率的な手段ですが、この病気から生じる影響の度合いを知るには不十分な可能性があります。障害の重症さを知るためには、異なる認知機能の徹底的な評価を行うことが必要です。CogniFitはケモフォッグの医療診断を直接提供するのではなく、異なる認知機能のスクリーニングを行うのに役立つ神経心理学的評価を提供すると踏まえて下さい。専門的な評価に補足的な形でこのケモフォッグまたはケモブレインの完全なテストを使用することをお勧めし、臨床面接の変わりと使用することはお勧めしません。

ケモブレインによる認知影響評価のためのデジタルプロトコル(CAB-CF)

ケモブレインによる認知影響評価のためのデジタルプロトコル(CAB-CF)

ケモフォッグまたはケモブレインを検出するこの完全認知評価は、質問票と神経心理学的検査の完全バッテリーで構成されています。テスト時間は約30〜40分です

化学療法を受けたことのある若年成人や高齢者、老齢者は、 認知障害に関連する症状および兆候を評価するための質問票に回答し、その後、簡単なコンピュータゲームの形で提示されている一連の有効なエクササイズとタスクを実行する必要があります。

質問票の診断基準

主な診断基準や兆候、症状を検出することを目的とした簡単な質問が示されます。質問表は、年齢によってケモブレインを評価する意味も持っています。

神経心理学的要素と認知プロフィール

CAB-CFは、ケモブレインについて科学的文献に基づいて認識された主な神経心理学的な要因を評価するためのタスクバッテリーです。結果は、ユーザーの年齢や性別によって表で比較されます。

完全結果レポート

ケモブレインテスト終了後、障害(低、中、高)のリスク指標、および症状や兆候、認知プロフィール、結果分析、おすすめやガイドラインについて書かれた詳細な完全結果レポートを見ることができます。結果は、専門家が更なる検査を行えたり、ケースについて詳しく研究できたりするようにサポートするためのベースとなる貴重な情報を提供します。

心理測定結果

心理測定結果

ケモブレイン患者のための認知評価(CAB-CF)は特許を取得したアルゴリズムと人工知能(AI)技術を使用して、1000を超える変数を分析し、非常に満足のいく心理測定結果でケモブレインのリスクがあるかどうかを通知します。

神経心理学レポートの認知プロフィールは、高い信頼性と一貫性、安定性があります。このテストは、何度も繰り返された検査と測定プロセスによって検証されています。クロンバックのアルファ係数などの横断的な研究設計を参考にしており、約.9の値に達しました。テスト・再テスト信頼性では、1に近い値が得られ、高い信頼性と精度が得られました。

検証表を確認する

誰のためにつくられていますか?

誰のためにつくられていますか?

ケモフォッグ患者のための認知評価(CAB-CF)は、がん治療中または治療後の若年成人や高齢者、老齢者に適用できます。

すべての個人ユーザーまたはプロのユーザーも、がん治療に起因する認知機能障害のための神経心理学的評価装置を簡単に扱うことができます。このプログラムを使用するのに、神経科学や情報科学に関する知識を持つ必要はありません。このプログラムは特に以下の人を対象にしています:

個人ユーザー

私の脳の状態と強みまたは弱みを知る

ケモフォッグのためのCogniFit認知評価バッテリーを通じて、癌の治療として化学療法のこの結果に苦しむリスクを知ることができます。私たちが気づく認知問題が私たちの年齢にとって普通であるのかどうか、またはこの問題の症状であるかどうかを知ることに大いに役立ちます。

医療専門家

正確に患者を評価し、結果の完全レポートを提供します

CogniFitのケモブレインの神経心理学評価バッテリーは、検出、診断、および医療介入において医療のプロを支援することが可能です。 症状および認知機能障害の検出は、ディスレクシアを認識し、適切な神経心理学治療の診断を導く第一歩となります。 この有望な患者管理ソフトウェアを使用すると、複数の変数を研究し、完全なパーソナライズされたレポートを提供することができます。

家族、介護者、個人

愛する人がケモブレインのリスクを示すかどうかを確認する

ケモフォッグ患者のための認知評価(CAB-CF)は、質問票とオンラインで実践できる簡単なテストで構成されたリソースです。専門知識がなくても、誰でもがん治療後に特定されたさまざまな症状や神経心理学的要因を評価できます。結果の完全システムは、がん治療に関連する認知障害のいずれかに罹患するリスクがあるかどうかを識別し、各症例の細かいガイドラインを示します。

研究者

研究参加者の認知能力を測定する

CogniFitのケモブレイン患者のための認知評価(CAB-CF)により、研究者は、研究参加者のさまざまな認知能力の状態に関する大量の有用なデータを厳密かつ簡単な方法で収集することができます。

メリット

メリット

ケモフォッグによって影響を受ける認知プロセスの症状、弱点、強さ、特徴および機能不全を迅速かつ正確に評価するためにこのコンピューターサポートを使用すると、様々なメリットがあります:

専門ツール

CogniFitのケモフォッグ患者のための認知評価(CAB-CF)は、認知障害専門医によって作成された専門的リソ-スです。認知テストは特許を取得しています。この優れたツールは、世界中の科学界、大学、家庭、協会、財団、医療センターで利用されています。

管理しやすい

すべての個人・プロのユーザー(医療専門家・教師など)もこの神経心理評価バッテリーを問題なく利用できます。 この臨床プログラムを使用するには、神経科学や情報科学に関する知識を持つ必要はありません。このテストと体系のインタラクティブなフォーマットは迅速かつ効果的です。

簡単な使用

すべてのタスクは完全に自動化された方法で表示されます。簡単にアクセスして楽しむために、楽しいインタラクティブなゲームで開発されており、簡単に理解できます。

詳細な結果レポート

ケモフォッグ患者のための認知評価(CAB-CF)は、迅速で正確なフィードバックを提供し、結果分析の完全で有効なシステムの構築を可能にします。症状、弱み、強み、リスク指標を認識できる完全にわかりやすい情報を提供します。

分析と推奨事項

この有望なソフトウェアは、数千もの変数を分析することができ、劣化の種類とそれぞれのニーズに合わせて具体的な推奨事項を提供します。

どんな時にこのケモブレインテストを使うことがおすすめされますか?

どんな時にこのケモブレインテストを使うことがおすすめされますか?

この評価バッテリーでは、若年成人、高齢者または老齢者のケモブレインに関連する症状や認知障害を示すリスクについて高い信頼性を以て検出することが可能です。ケモブレインまたはがん治療に関連する認知機能障害のリスクが疑われる場合は、早めにこの評価を行うことをお勧めします。早期発見により、治療の開始と適切な介入プログラムにより、その人の機能障害を予防することができます。

早期発見と必要なツールを受けていないと、日常生活の機能が非常に困難になり、職場環境、社会的・家族的な交流、感情面での問題につながる可能性があります。ケモブレインは、機能的、職業的、社会的機能の悪化や困難を広範囲に引き起こす可能性があります。主に以下のように区別することができます:

V2_ASSESS_Test-quimioneblina_CASES_SUBTIPOS
最も代表的な症状
説明
V2_ASSESS_Test-quimioneblina_CASES_SINT_1
ケモブレインの症状
精神症状
身体症状

ケモブレインの症状

この用語は、記憶力、注意力、集中力、がんの化学療法やホルモン療法を受けたことに関連する様々なメンタルタスクを行うための様々な能力に変化があるときに使用されます。これらの認知障害では、薬のほかに、年齢、性別、またはがんの種類などの他の要因があります。

精神症状

がんの診断と発症は、患者とその家族にとって大きな精神的苦痛をもたらします。研究によると、がんと診断された患者の25〜50%が高いレベルの精神的苦痛を経験することが示されています。最新の研究では、がん患者のうつ病や不安感、精神的苦痛の症状が顕著にみられ、一般の人よりも多く見られます。

身体症状

抗がん治療や入院の両方が身体症状、消化器系症状、代謝系症状、運動症状、睡眠パターン、またはがん治療を経た患者に多かれ少なかれ影響を及ぼす可能性のある自分自身の姿の変化を伴います。

V2_ASSESS_Test-quimioneblina_CASES_SINT_1_4

V2_ASSESS_Test-quimioneblina_CASES_SINT_1_4_A

V2_ASSESS_Test-quimioneblina_CASES_SINT_1_5

V2_ASSESS_Test-quimioneblina_CASES_SINT_1_5_A

V2_ASSESS_Test-quimioneblina_CASES_SINT_1_6

V2_ASSESS_Test-quimioneblina_CASES_SINT_1_6_A

質問表の診断基準の説明

質問表の診断基準の説明

ケモフォッグは、一連の症状および徴候を特徴とします。これらの指標は、この障害の存在を疑わせることができます。したがって、ケモフォッグ患者のための認知評価(CAB-CF)のためのバッテリーの第一段階は、各年齢層に適したケモフォッグの主要な診断基準、徴候および症状に対するスクリーニング検査を伴う質問票から構成されています。

ここに提示された質問は、診断マニュアル、質問票またはケモフォッグのための尺度に見られるものと同様ですが、実際に誰にでも簡単に理解して回答できるように単純化されています。

若年成人と高齢者におけるケモブレインの診断基準

これは回答しやすい一連の項目で構成されており、評価を担当する専門家、またはケモブレインのテストを実行する人が記入することができます。質問表では、以下のドメインの項目を収集しています。感情症状(不安や抑うつなどの心理的な不快感)、身体症状(セルフイメージの変化、代謝の変化、睡眠...疲労、筋肉痛、睡眠障害など)、ケモブレイン症状(記憶力や注意力などの認知能力の違いによる問題)などがあります。

ケモブレインに関する神経心理学的要因を評価するためのバッテリーについての説明

ケモブレインに関する神経心理学的要因を評価するためのバッテリーについての説明

認知能力の一部に変化があることは、ケモネブリンの指標となり得ます。認知能力の一般的なプロフィールは、この疾患による認知の変化がどれほど強いかを知ることができます。がん治療を経た後に最も変化した認知領域は、つまり、ケモブレインテスト(CAB-CF)が評価するもので、イカのとおりです:

評価された認知能力
認知能力

注意力

注意を妨げるものをフィルタリングし、関連情報に集中する能力。

優れている

8.4%平均以上

焦点

集中的注意とケモブレイン。集中的注意は、注意の持続時間に関係なく、物体の刺激に焦点を当てる能力です。注意力不足や集中力の問題は、がん治療後に認知機能の低下を示す患者に多く見られます。この注意力不足は、本を読んだり、会話をしたり、テレビ番組を見たりするときなど、日々の活動に影響を与えます。

503あなたのスコア

400年齢の平均

記憶力

新しい情報を保持または処理し、過去の思い出を回復する能力。

優れている

8.0%平均以上

短記憶力

短期記憶とケモブレイン。短期記憶は、例えば、段落を理解するのに、文章の最初の部分を記憶するなど、短時間の間に少量の情報を維持する能力です。短期記憶に問題があると、耳まで情報が正しく届かずに、聞いている内容を理解することを妨げる可能性があります。最新の研究結果によると、がんの治療後、患者は短期記憶が悪化していることが確認されています。

607あなたのスコア

400年齢の平均

コーディネート

正確で順序付けられた動きを効率的に実行する能力。

優れている

8.5%平均以上

応答時間

反応時間とケモブレイン。反応時間とは、例えば、具体的な質問にすばやく効率的に答えるなど、何かを知覚してからその刺激に答えるまでの時間を指します。がん治療を経て認知障害を口にした人は、考えるのが遅い、またははっきりとはっきり考えることができないように感じ、「精神的混乱」と言われます。これは、素早く流暢に答えることが更に困難にある可能性があるため、反応時間が遅くなると言われています。

598あなたのスコア

400年齢の平均

知覚

周囲環境の刺激を解釈する能力。

優れている

8.5%平均以上

空間認知

空間的知覚とは、私たちを取り巻く空間の環境と私たち自身との関係を認識する人間の能力です。認知機能の変化は、がんの種類や遺伝的な変数によって異なることは事実ですが、治療中も治療後も一貫してユーザーの空間能力に問題があることがわかっています。

667あなたのスコア

400年齢の平均

論法力

取得された情報を効率的に精緻化(順序づけ、関連付ける)する能力。

優れている

7.5%平均以上

計画力

計画能力とケモブレイン。計画は、例えば、先のことを話すために頭の中で話を組み立てるなど、将来的に目標を達成するために最良の方法を心の中で体系化する能力です。ケモブレインの影響では、計画に変化があると言われています。計画性に困難があると、考えやアイデア、日々の活動を構築したり、先を読んで計画を立てたり、組織をつくったりするのに問題を引き起こします。

710あなたのスコア

400年齢の平均

処理速度

処理速度は、人が精神的なタスクを行うのにかかる時間として定義することができます。つまり、処理速度とは、刺激を受けてから反応が出るまでの時間のことです。検査型治療を受けた人は通常、健康な人よりも情報を処理するのに時間がかかるため、処理速度は化学療法関連の認知機能障害でよく報告されている能力の一つです。

707あなたのスコア

400年齢の平均

含まれる評価タスク

含まれる評価タスク

この多元的科学リソースには、様々な評価タスクがあります。例をいくつかご紹介します。

REST-INH処理テスト

処理テスト REST-INHは、従来の注意変動検査(TOVA)からインスピレーションを受けました。この評価タスクを実行するには、異なる刺激を知覚、処理し、反応する必要があります。

認識テスト WOM-REST

認識テスト WOM-RESTは、CPT(持続処理課題)、TOMM(Memory Malingering Test)、視覚構成検査(VOT)および注意変動検査(TOVA)に基づいています。このタスクは、ユーザーの実行機能を評価し、刺激に応じて組織化し、行動するときの強みを評価するのに役立ちます。

INH-REST同等テスト

INH-REST同等テストは、従来のストループテストに基づいています。このテストは、ユーザーの2つのタスクを同時に識別し、最も重要なタスクに注意を払い、最も無関係なタスクを抑制する能力を評価します。脳が2つの領域を一緒に活性化させ、関与する両方の部分の開発を可能にするタスク。集中力と集中した注意力は、ユーザーが自分に提示されたすべての刺激に正しく対応し、応答が成功するように、タスクで最も重要であると考えられています。

集中力テスト VISMEN-PLAN

この評価タスクは、ウェクスラー記憶検査(WMS)の直接的および間接的数字テスト、従来のMemory Malingeringテスト(TOMM)、およびロンドン塔課題(TOL)からインスピレーションを得ています。計画、視覚記憶 、短期記憶、反応時間、ワーキングメモリ、処理速度などを測定することができます。

脳とケモブレイン

脳とケモブレイン

ケモブレインに関連する認知障害は、ある特定の脳の変化に基づきます。他の障害とは異なり、ケモブレインは目に見える損傷が特定の脳領域は確認されていませんが、その変化は脳全体で起きています。したがって、一般的には、灰白質(神経細胞核)と白質(神経軸索)のレベルでの変化の結果から区別することができます。がん治療で使用される薬が認知能力に及ぼす影響についての研究はほとんどありませんが、いくつかの結論は確固たるものと言えるでしょう。

  • 集中して明確に考えることが難しい
  • マルチタスクの問題(同時に複数のことを行う)
  • 会話中に言葉を覚えられない
  • 新しいことを学ぶときの処理時間が遅い
  • 集中して注意を向けるのが難しい
  • だらしなく感じたり、「精神的に冴えない」と感じる

この症状のために、私たちは、影響を受けた脳の構造のいくつかが次のようになると解釈することができます:

1 前頭葉

行動を計画し、同時に複数の刺激に注意を向け、最近の出来事を思い出して、集中して、考えを構造化する役割を担います。

2 白質

白質は、ニューロンと軸索のあつまりを指します。この軸索は、ニューロンを他のニューロンと伝導し、つなげる役割を果たすため、脳の一部で受け取る情報を脳の別の領域の別のニューロンまたはニューロンの集合体に伝達することができます。化学療法では、1つのニューロンから別のニューロンへの情報を伝達するときに拡散が起こる可能性があります。これにより、処理速度が遅くなり、反応時間が長くなり、日常活動が妨げられる可能性があります。

カスタマーサービス

カスタマーサービス

私達の評価のデータの作業、管理、または解釈についてご質問がある場合は、すぐに当社にご連絡ください。私たちの専門家チームはあなたの質問にお答えし、必要なことすべてをお手伝いします。

今すぐ問い合わせる

科学的参考文献

科学的参考文献

  • Szentmartoni , G., Makkos, Z., & Dank, M. (2018). Chemobrain. Neuropsychopharmacol Hung., 20(3), 112-116.
  • Pearre, D. C., & Bota, D. A. (2018). Chemotherapy-related cognitive dysfunction and effects on quality of life in gynecologic cancer patients. Expert Review of Quality of Life in Cancer Care, 3(1), 19-26.
  • Dutta, V. (2011). Chemotherapy, neurotoxicity, and cognitive changes in breast cancer. Journal of Cancer Research and Therapeutics, 7(3), 264.
  • Ren, X., Boriero, D., Chaiswing, L., Bondada, S., St. Clair, D. K., & Butterfield, D. A. (2019). Plausible biochemical mechanisms of chemotherapy-induced cognitive impairment (“chemobrain”), a condition that significantly impairs the quality of life of many cancer survivors. Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Basis of Disease, 1865(6), 1088-1097.
  • Raffa, R. B. (2010b). Is a picture worth a thousand (forgotten) words?: neuroimaging evidence for the cognitive deficits in «chemo-fog’/’chemo-brain». Journal of Clinical Pharmacy and Therapeutics, 35(1), 1-9.
  • Raffa, R. B., & Tallarida, R. J. (2010). Effects on the visual system might contribute to some of the cognitive deficits of cancer chemotherapy-induced ‘chemo-fog’. Journal of Clinical Pharmacy and Therapeutics, 35(3), 249-255.
  • Argyriou, A. A., Assimakopoulos, K., Iconomou, G., Giannakopoulou, F., & Kalofonos, H. P. (2011). Either Called “Chemobrain” or “Chemofog,” the Long-Term Chemotherapy-Induced Cognitive Decline in Cancer Survivors Is Real. Journal of Pain and Symptom Management, 41(1), 126-139.

メールアドレスを入力してください。