ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
いますぐ、登録してください。
loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

corporativelanding_evaluacion_general_social_picture
  • 神経心理学的評価の完全なバッテリーにアクセス

  • 探検し、総合的に脳機能を測定

  • 認知障害を識別し、変更または存在を評価します。

loading

CogniFitの 認知レベルや認知アセスメントバッテリーを評価するためのコンピュータ化された評価バッテリー(CAB)これは、健康に関わる専門家のためのリソースを提供するように設計された神経認知テストです。バッテリー評価のおかげで、専門家は認知テストから測定精神的試験によって病状の有無にかかわらず、人々の認知欠損領域を検出する事を可能とするツールを利用出来ます。

この神経認知評価ツールは、執行機能に関連する認知能力の広い範囲を評価するのに役立ちます。これは認知テストに基づいて正確に認知レベルを測定し、どのように脳の領域や機能を理解する為に役立ちます。

認知評価のヘルプから得られたデータと結果を特定し、神経発達、特定の脳障害、行動障害、脳損傷または神経変性疾患を理解し、専門家が効果的に診断を特定し、治療のプロセスを支援する為に役立ちます。CogniFit神経心理学的評価は、患者の介入とフォローアップリハビリテーションを特定し、監視するためのベースとなります。

CogniFit神経認知評価はいくつかのブロックで構成されていますそれぞれに異なる領域での神経心理学的性能を評価するいくつかのタスクがあります。それは以下のとおりです。

  • 記憶エリア非言語記憶、聴覚短期記憶、短期記憶、ネーミング、視覚短期記憶、ワーキングメモリ、文脈メモリ。
  • 注意エリア:分割的注意、フォーカス、阻害および更新
  • 知覚エリア: 空間認知、視覚的走査、視覚、推定、認識視
  • コーディネーションエリア手と目のコーディネーションおよび応答時間。
  • 推論エリア処理速度、計画と文脈.

認知評価用バッテリー課題、クイズやテスト

ワーキングメモリを評価するためのタスク

ワーキングメモリを測定するタスクは、CPT [1].と呼ばれる古典的なコナーズ・テストに基づいています。これらのタスクは、活性を達成するために、情報の分析と合成のための単純なタスクを使用します。ワーキングメモリは複雑な認知タスクのために必要な情報を統合することを可能にする為に重要となります、例えば問題解決には最適な推論をしたり、会話が必要とされます。

評価された認知能力は作業記憶、短期記憶、応答時間、視覚スキャンと処理速度

短期記憶を評価するためのタスク

短期記憶を測定する課題は、WMS (Wechsler Memory Scale) [2]による直接および間接的な数字のテストによって開発されました。これらのテストは、集中、執行エリアとワーキングメモリタスクを必要とします。この地域の評価は、ユーザーが新しい知識を学ぶ方法を観察するために専門家に役立つ私たちの周りの環境を理解し、トラブルシューティングプロセスを簡単にします。

評価された認知能力は短期記憶、空間認知、計画、処理速度とワーキングメモリまたは運用。

名称を評価するためのタスク

名称を評価するためのタスクは基準として、NEPSYKorkman, Kirk & Kemp (1998)の古典的なテストを基準にしております。このようなタスクは、同時に他のスキルが必要になります。必要とされる能力は意味表現、視覚的記憶と、最終的に言語関数使用の整合性となります。我々は何かを識別するとき、我々は単語で精神的な画像を再現するために、私たちの脳内の単語を検索する必要があります。

評価された認知能力は名称、視覚、応答時間、文脈メモリと更新。

視覚短期記憶を評価するためのタスク

このバッテリーは1996 年[4]に出版された古典的なテストTOMMに基づいています (Test of Memory Malingering)タスクを構成するセットは、精神的な画像で外部情報を記憶するのに役立ちます。これらのタスクは、精神的な表現の符号化、保存と検索されています。視覚野は、情報を担当することと、我々は表面の領域から見ているオブジェクトを識別します。視覚的記憶は、適切な認知発達のために重要であるので、それを評価するためのいくつかのタスクがあります。

評価された認知能力は短期記憶、応答時間、運用やワーキングメモリ、視覚的走査、空間認知、計画、文脈記憶、更新、ネーミングと視覚短期記憶。

短期記憶を評価するためのタスクをヒアリング

聴覚短期記憶を評価するためには、レイ (1964) [5]のレイ聴覚言語学習テスト(RAVLT) と呼ばれる古典的な試験を基準にしました。聴覚記憶を測定するタスクは、人の環境からの聴覚刺激を解釈する為に能力を調整しようとします。このタスクにはまず、周りの聴覚刺激を解釈する必要があり、次にメッセージを理解する能力が必要となり、最終的に対応するアクションを行います。

評価された認知能力は視覚的記憶、視覚短期記憶、短期記憶、空間認知、応答時間、ワーキングメモリと処理速度は、計画力

メモリを評価するための文脈タスク

文脈的記憶タスクは、古典的な文脈メモリテストテスト、Toglia(1993)[6]を基準としております。記憶障害は文脈前頭葉と関連されており、必ずしも年齢に関連していないことが示されています。タスクは、ユーザーがコンテキスト内で異なる側面を記憶する能力を取得する事を目的としております、つまり、イベントのさまざまな側面を覚え、その後、文脈全体としてそれを覚えています。

評価された認知能力は文脈記憶、更新、名前と応答時間。

分割的注意を評価するためのタスク

このタスクは、ストループテスト (Stroop, 1935) [7]と呼ばれる古典的なテストから作られています。それは、同時に2つの刺激を満たすように段階を使用するタスクであり、新しいタスクを実行するにあたり、制御された正確なプロセスを実行する必要があります。複数の感覚のチャンネルが存在する場合、注意が分割され、このスキルを訓練しない場合、または二つの刺激の受容のために準備されていない場合は、そこに注意資源の過負荷が生じ、複雑なタスクに対して注意を失う事になります。二つの刺激が同時に関与している時、それは同時に両半球に位置するであろう二重の「トリガー」を開始します。

評価された認知能力は分割的注意、更新と目と手の協調。

フォーカスを評価するためのタスク

このタスクは、古典的なコナーズCPT試験 [1].に基づいております[1]一定の成果期間を達成するために、焦点を維持するための手順を作成します。人の社会と労働生活の中での集中やフォーカスのレベル、生産性の向上を致します。

評価された認知能力はフォーカス、文脈および阻害。

阻害を評価するためのタスク

古典的なストループテスト(Stroop, 1935) [7]からインスピレーションを得たタスクです。このテストは、他の中で、計画、阻害および注意に関連した業務執行機能を評価します。一度に多くの注意刺激を持っている場合、脳は、最も重要なタスクに集中し、その他を阻害する傾向があります。人の日常生活は、刺激に満ちています、騒音、声、音や外部から来るが、脳はコンテキスト内に重要と重要度の低い区別タスクに応じて行動することが必要となります。

評価された認知能力は阻害、応答時間、処理速度、文脈、手と目のコーディネーションと更新。

アップデートを評価するためのタスク

更新または認知の柔軟性を測定する元のテストはWisconsin Card Sorting Test (WCST) [8]を基準に致しました。アップデートを評価テストは平均的なユーザーに、より良い適応を達成することを目的とします。イベントに柔軟であることにはいくつかの方法が存在しますが、最も適切な方法でそれを管理するのに役立つ認知プロセスのセットがあります、周囲に変化を起こす為にはこの様なリソースを強調する必要がございます。私たちの行動を更新する学習は、シナプスと呼ばれる新しいニューラルネットワーク接続によって処理され、柔軟性と適応性のおかげで行われます。この能力を持つ人々は、より適切で効果的な方法で新しいスキルを取得し、環境に入ることができます。

評価された認知能力は更新、応答時間、手と目のコーディネーション、文脈および阻害。

評価するための計画タスク

タスクは、いくつかの古典的なテストに基づいていますが最も基準とされているのはTOL, Torre de Londres, Shallice (1982) [9].これらのタスクはイベントを提供し、それを予測するためにユーザを支援する役目があります。意思決定や目標を策定、時間と認知行動を配布し、自己のために努力を支援することを意図しております。計画と意思決定の責任領域は腹外側前頭皮質と呼ばれ、思考の複雑なプロセスを制御する地域です。対象の計画レベルが評価された場合、脳のどの部分の劣化が計画性に影響しているかが分かります。

認知スキルが評価されます計画、空間認知、視覚短期記憶と視覚的なスキャン。

文脈を評価するためのタスク

更新と再文脈を持つ元のテストが測定されます、Wisconsin Card Sorting Test (WCST) [8]と古典的なテストTest Stroop (Stroop, 1935)を基準にしております。 このエリアを評価するタスクはユーザーを集中に導くだけでなく、一つのチャンネルから他により迅速に、かつ無駄な邪魔無く、成功の為に最適なリズムを保ちます。

評価された認知能力は文脈、分割的注意、手と目のコーディネーションと更新。

処理速度を評価するためのタスク

処理の速度を測定する試験は古典的なコナーズ試験(CPT)[1]とウェクスラー、デジタル記憶の直接的および間接的なテスト(WMS)[2]を基準としております。処理速度試験を自動的に情報処理能力を向上させるために開発されました。これは、より高速な処理、より効率的に新しい情報が想定されることを提供します。処理の過程では、情報を受信し、処理した後、答えによって理解することです。この地域が不足している場合は、結果的に意思決定、業務執行機能を作成し、命令を実行する能力が著しく影響を受けることになります。

評価された認知能力は処理速度、ワーキングメモリと視覚短期記憶。

ビジュアルスキャンを評価するためのタスク

タスクはフーパー(1983) [10]・デ・フーパービジュアル機関タスク(VOT)を基準にしております。視覚的なスキャンのタスクは、短期間に効率的に情報を検索し関連する為の段階を作成いたします。眼球運動によって視覚刺激を整理する能力が測定されます。

評価された認知能力は手と目のコーディネーション、応答時間、調整、計画、空間認知とワーキングメモリ。

手と目のコーディネーションの為のタスク

この能力を評価するテストは古典的なテストウィスコンシンカード分類検査(WCST)[8]とストループ試験[7]を基準にしております。手と目のコーディネーションのレベルを評価するタスクは、運動を行う際にユーザーの神経筋機能を評価します。これは、オブジェクトまたは刺激に対して手と視覚的なを動きを結ぶ設定いたします。ユーザーは、速度と適切な強度を指定するために手の動きを生み出す筋肉の動作を同期させる機能を取得します。

評価された認知能力は目と手のコーディネーション、更新、文脈、分割的注意。

応答時間を評価するためのタスク

これらのタスクは、古典的なテストTOVA[11]を基準としております。これらのタスクは一つの刺激に対して反応速度を測定する為の手順を作成いたします。応答時間を評価する作業は、情報処理に関連しています、なぜなら双方のプロセスは学習と集中に影響を及ぼします。この評価機能により、専門家が対象の問題解決能力、決断力、短期間でより多くの情報を処理し、必要となる執行能力の観察を行う事を可能とします。

評価された認知能力は応答時間、ワーキングメモリ、視覚的走査、手と目のコーディネーション、阻害、更新、ネーミング、視覚、コンテキストメモリ。

空間知覚を評価するためのタスク

空間認知を測定する作業は、古典的なロンドン塔 (TOL)とフーパー(1983) [10]のビジュアルタスク機関のテストセット(VOT)を基に致しました。これらのタスクは、被験者の身体図式の開発能力を観察するのに役立ちます。つまりユーザは、配向や状況を分析し、それらを表現することができるように、空間内で移動可能であるべきです。

評価された認知能力は:空間知覚、視覚的なスキャンおよび短期記憶

視知覚を評価するためのタスク

このタスクは、フロスティング (1961) (DTVP) [13]の視覚を評価する方法を基に致しました。 コールクマンテスト、カークとケンプの古典的な視覚と視覚認知に関しての完全な導入がされております。これは、ユーザが外部から来る情報を構築し、理解する為に役立ちます。

評価された認知能力は視覚、ネーミングおよび応答時間。

認識を評価するためのタスク

このタスクは、コナーズテストを基準に致しました。(CPT) [1]古典的なテストTOMM(Test of Memory Malingering) [4]このタスクを実行するには、ユーザが過去からの情報を取得すると、存在していたイベント、場所や物を認識する能力の結果を取得します。

認知能力が評価されます:認識、応答時間、ワーキングメモリ、視覚的なスキャンおよび空間認知。

推定値を評価するためのタスク

未来のアプローチを見つける能力は、マルチタスクから推定値により測定されます。これらはあくまでも目安または近似測定やデータにアプローチする能力を評価しました。関連するタスクのそれぞれは、異なるパラメータに速度、距離や時間を評価するためのユーザの能力を評価します。

認知能力が評価されます: 見積もり

非言語記憶を評価するためのタスク

このタスクはコルクマン、カークとケンプの古典的なテスト1998(NEPSY) [3]Memory Malingering テスト (TOMM) [4]を基準としております。非言語的メモリは、私たちが五感からの精神的な表現を格納および取得するのに役立ちます。非言語的メモリは右半球が損傷したときに影響を受けやすい部分です。タスクは、非言語情報の一時的記憶のと同様に、情報を統合助ける視空間能力を評価します。

評価された認知能力は命名非言語記憶、文脈記憶、更新、応答時間、記憶、更新、視覚的記憶、視覚認識処理速度をワーキング。

視野を評価するためのタスク

このタスクは、ビジョンの試験に有用なフィールドに基づいて作成されました(UFOV)目がタスクは私たちが視点を合わせた時、見ることができる情報の量を測定することを目的としております。つまり、あなたが視線を集中時の周りに見えるものの事です。タスクは、彼が単一のオブジェクト上で彼の目を持っているようにダウンして、横に、最大検出することができるすべてのものを評価しようとします。あなたは刺激を検出するために、ユーザのための視覚的なスピードを観察し、評価することができます。

認知能力が評価されます

評価の過程

  • 持続時間認知アセスメントバッテリーの完了は約40分です。
  • 評価結果: 自動化
  • 対象ユーザー(6歳から)子供と大人
  • 結果個人的な

分析された神経心理学の分野

科学的なドキュメンテーション:バッテリー検証作業。

このツールは、科学的に検証されたタスク [14]多くの認知能力を評価するセットで構成されています。また、コンピュータ化された認知バッテリーは最も厳しい 研究の神経科学に基づいています、クロンバックアルファ統計に信頼性9点の結果でございました。

評価の完了後、CogniFit プログラムはすべてのタスクのセットと、すべての領域から得られた結果の要約を作成します。.これらの結果のおかげで専門家とユーザーの両方が認知テストで評価の各分野における一般的および具体的な認知度を知る事が出来ます。

次のブロックは、さまざまな認知機能を評価し、どのようなスキルは、ユーザーの認知健康状態の完全な結果を評価することの重要性を説明します。

メモリ

それは、人間にとって最も重要な能力の一つであり、それのおかげで、脳内での知識の内部表現を格納し、過去または現在のイベントを保持することを可能とします。メモリの目的は、記憶された情報を取得し、様々な状況で露出することになります、これなくては個人の過去の出来事や経験を失う事になります。

脳の海馬は様々な記憶機能を持っています、これは、メモリからの良好な結果を保存する役割をもっています。CogniFit の認知評価(CAB)各ユーザのメモリ状況の結果を得ることができます。

これらは、メモリを構成する各領域であり、CogniFit認知的評価に評価されます

注意

注意は、すべての認知過程に伴う、外部または内部の刺激から来ると環境の適切な同化を可能にするためにそれらのリソースを割り当てるために情報を処理する責任がある人間の能力です。同時に、注意が直接、メモリや知覚などの他の認知プロセスに影響を与えます。

注意は右半球に主に位置され、両方の皮質と皮質下の神経接続のセットで構成される神経メカニズムです。注意は、このような意識、フィルタリングをフォーカシングや、メモリや知覚などの他の認知機能の行使に加えて、環境からの情報を廃棄するよう、日常生活の多くの機能に人間を助けます。

これらは、注意を構成し、認知評価CogniFitに基づいて計算される認知能力の多数です。

認識

認識は、感覚を通して受け取った感覚刺激を認識し、解釈するための役目を持ちます。私たちは、意味と順序を与え、感覚の意味を理解する認識を使用しています。 認知プロセスを開発するには、認識は私たちの感覚によって受信された最初の情報を私たちの意識によって認識され、理解いたします。処理が適切に行われるために外部で受信された情報の同化および理解の処理が必要となります。

認識は、周りの世界の人間を人のそれぞれにユニークな知覚プロセスにより分析するのに重要な要素です。人間は認識と解釈のプロセスを作るために使用するためには、プロセスに関与する主要な要素として記憶に頼る必要があります。

これらが認識を形成し、CogniFit認知評価に基づいて計算される認知能力となります。

コーディネーション

コーディネートに関しまして、この用語は、共同行動のための要素の数のワーク・アクションを参照しています。コーディネーションは特定の目的のためのプロセスの一部となり、さまざまなタスクのいくつかの結果を生成することを目指しています。

コーディネートを担当する脳の部分は、我々は外部から収集した情報を適切に私たちの体に連絡致します。これは、刺激間の団結と一貫性を維持し、適切な処置を行う役目があります。最初に、目的は、規制が私たちの脳内に存在するためのアクションを自動化し、後で学びます。

これらは、コーディネーションを行い、CogniFit認知評価に基づいて計算される認知能力です。

推論

推論は、人が特定の結論のための彼のアイデアを整理し、構造することにより、認知プロセスです。推論のおかげで、人はスピーチや思想を内部一貫性として表示します。その理由の能力は、ロジックを得、相互に接続させるスレッドに従って文章や結論の集合によって形成されます。換言すれば、特定の被写体の人物を作成する説明です。彼らは、推論ロジックと理解を同行します。

1人のために、推論は、それが私たちの対話を主張するのに役立ちますので、評価することが重要領域と分類の原則を確立し、関連し、ソートや論理的に私たちのアイデアと行動を計画します

これらは、推論を行い、認知評価CogniFitに基づいて計算される各領域です。

これらは、推論を行い、認知評価CogniFitに基づいて計算される認知能力です。

科学的なドキュメンテーション

認知アセスメントバッテリー(CAB)を公開するタスクの各々証拠に基づいた科学的方法 によって検証され、脳と一般的な認知状態の効果的な評価を提供します。

研究はそのプログラムに関して CogniFitは、脳の状態と認知機能の評価で高い有効性を持っています加えて、ユーザの認知領域のそれぞれを検証し、総合的な結果のスコア脳の認知レベルのユーザーから取得するように設計されています.

バッテリーによって提案された目標は、認知評価の結果から、認知評価ツールの専門家とユーザーを提供するであろう、測定された認知能力の各々のいくつかの平均スコアが得られます。評価が最も強い心理的な領域と、各ユーザーのどのような認知弱点を表示致します。

認知テストの測定と実行結果

評価は、上述したように、タスクのセットで構成されています。開始時に各命令が表示されます。ユーザーが正常にそれぞれのタスクを実行するために慎重にそれらを読んでください。

アセスメントバッテリーが完了すると、CogniFitプログラムは、いくつかの一般的および具体的な認知ユーザレベルの結果を得ることができます。また、プログラムは、ユーザの結果の監視を介して高効率を保証し、リアルタイムにタスクを設定します。

それぞれの評価で得られた結果は、各年齢グループに対応するパーセンタイルと比較されます。それは年齢が結果を締結する重要な変数、したがって、認知的ユーザーです。

結果のグラフ表示のおかげで、専門家は、 のグラフや表で表示され、認知レベルのユーザーの完全なの分析を得ることができた経験から許可します結果は結論付け、したがって、特定の診断をされています。

表中のスキルの結果。

結果の最初のイメージでは、<強い>はより多くの開発地域の(緑)、平均のスコアの地域(黄色)との欠けている部分を観察していますもっと注意を払う必要がありますの(赤)、。プロまたは領域のいずれかをユーザーがクリックした場合は、より正確な情報のスコアを取得することができます。

人口の残りの部分に比べてグラフィック結果。
グラフィックスの結果は、同じ年齢の範囲の人々に比べて。

第三及び第4の画像ユーザー結果は、人口の残りの部分に、同じ年齢層の人々のと比較してので観察されています。 のガウス曲線のように提示された場合、スコアはフードの中央に配置され、平均スコアになります。

認知進化の結果

グラフの画像では、専門家はセッションの数により患者の 認知進歩状況 を確認出来ます。最初は、学習課題の効果により第三セッションからどのようにスコアグラフが増加するかを参照してください。結果のこの変更は、ユーザーのスコアの間で共通となります

リファレンス

[1] Conners, C. K. (1989). Manual for Conners’ rating scales. North Tonawanda, NY: Multi-Health Systems.

[2] Wechsler, D. (1945). A standardized memory scale for clinical use. The Journal of Psychology: Interdisciplinary and Applied, 19(1), 87-95

[3] Korkman, M., Kirk, U., & Kemp, S (1998). NEPSY: A developmental neuropsychological assessment. Psychological Corporation. Korkman, M., Kirk, U., & Kemp, S (1998). Manual for the NEPSY. San Antonio, TX: Psychological corporation.

[4] Tombaugh, T. N. (1996). Test of memory malingering: TOMM. North Tonawanda, NY: Multi-Health Systems.

[5] Rey. Schmidt, M. (1994). Rey auditory verbal learning test: a handbook. Los Angeles: Western Psychological Services.

[6] Toglia, J. P. (1993). Contextual memory test. Tucson, AZ: Therapy Skill Builders.

[7] Stroop, J. R (1935). Studies of interference in serial verbal reactions. Journal of experimental psychology, 18(6), 643.

[8] Heaton, R. K. (1981). A manual for the Wisconsin card sorting test. Western Psycological Services.

[9] Shallice, T (1982). Specific impairments of planning. Philosophical Transactions of the Royal Society B: Biological Sciences, 298(1089), 199-209.

[10] Hooper, E. H. (1983). Hooper visual organization test (VOT).

[11] Greenberg, L. M., Kindschi, C. L., & Corman, C. L. (1996). TOVA test of variables of attention: clinical guide. St. Paul, MN: TOVA Research Foundation.

[12] Asato, M. R., Sweeney, J. A., & Luna, B (2006). Cognitive processes in the development of TOL performance. Neuropsychologia, 44(12), 2259-2269.

[13]Goh, D. S., & Swerdlik, M. E. (1985). FROSTIG DEVELOPMENTAL TEST OF VISUAL PERCEPTION. Test critiques, 2, 293.

[14] Peretz C, AD Korczyn, E Shatil, V Aharonson, Birnboim S, N. Giladi - Basado en un Programa Informático, Entrenamiento Cognitivo Personalizado versus Juegos de Ordenador Clásicos: Un Estudio Aleatorizado, Doble Ciego, Prospectivo de la Estimulación Cognitiva - Neuroepidemiología 2011; 36:91-9.

メールアドレスを入力してください。