このWebページのCookieについて

このWebサイトでは、Cookieを使用してオンライン体験を向上させています。Cookieの設定を変更せずにこのサイトを引き続き使用することにより、Cookieの使用について承諾したものとみなされます。詳しい情報を確認する、またはCookieの設定を変更するには、 Cookieポリシー をご覧ください。

承認
ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
CogniFitへようこそ!

あなた自身のために評価・トレーニングを利用しますか。個人アカウントを作成しましょう。このタイプのアカウントは、あなたの認知能力を評価・トレーニングするために設計されています。

あなたの患者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。患者の管理アカウントを作成しましょう。このアカウントは、認知障害の検査、診断、および医療介入のために医療専門家(医師、心理学者など)をサポートするように設計されています。

あなたの家族や友人に評価・トレーニングを提供しますか。家族用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、あなたの家族がCogniFitの評価・トレーニングにアクセスできるように設計されています。

研究被験者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。研究用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、研究者が認知領域に関する研究を行うのに役立つように特別設計されています。

あなたの生徒のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。生徒の管理用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、子どもや生徒の認知障害の検査、診断、医療介入をサポートするために設計されています。

loading

ご自身でご使用になる場合(16歳から)。16歳未満のお子様は、CogniFit ファミリープラットフォームをご利用いただけます。

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

認知能力
内部一貫性
再試験の信頼性
認知的柔軟性
0,726
0,842
分割注意力
0,866
0,85
視界
0,806
0,998
視覚と手のバランス調整
0,779
0,876
呼称
0,687
0,782
焦点
1
0,905
視覚探索
0,862
0,922
測定
0,761
0,986
抑制
0,661
0,697
短期音韻記憶
0,915
0,698
文脈記憶力
0,884
0,775
短期視覚記憶力
0,866
0,743
短記憶力
0,853
0,721
作業記憶力
0,85
0,696
非言語記憶力
0,787
0,73
空間認知
0,611
0,907
視覚
0,751
0,882
聴覚認知力
0,652
0,904
計画力
0,765
0,826
識別
0,864
0,771
応答時間
0,873
0,821
処理速度
0,888
0,764

マルチデバイス

評価の信頼性分析(英語のみ)ダウンロード

オンライン一般認知評価バッテリー(CAB)

最新のオンライン神経心理学的テスト。脳機能を研究し、完全な認知スクリーニングを行います。幅広いスキルを正確に評価し、認知的な幸福度(高・中・低)を検出します。記憶力、注意力-集中力、執行機能、計画性と協調性*の分野における弱点と長所を特定します。

どんな人のためですか?

オンライン一般認知評価バッテリー(CAB)

あなた自身のために評価・トレーニングを利用しますか。個人アカウントを作成しましょう。このタイプのアカウントは、あなたの認知能力を評価・トレーニングするために設計されています。

あなたの家族や友人に評価・トレーニングを提供しますか。家族用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、あなたの家族がCogniFitの評価・トレーニングにアクセスできるように設計されています。

あなたの患者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。患者の管理アカウントを作成しましょう。このアカウントは、認知障害の検査、診断、および医療介入のために医療専門家(医師、心理学者など)をサポートするように設計されています。

あなたの生徒のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。生徒の管理用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、子どもや生徒の認知障害の検査、診断、医療介入をサポートするために設計されています。

研究被験者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。研究用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、研究者が認知領域に関する研究を行うのに役立つように特別設計されています。

-
+
評価の数*

* 評価ライセンスは、あらゆる種類の評価で使用することができます。

脳機能を研究し、認知能力を支援するための認知評価バッテリー

脳機能を研究し、認知能力を支援するための認知評価バッテリー

  • 認知能力の現在の状態を評価する。
  • 7歳以上の子ども、若者、大人、高齢者のため
  • テスト時間は約30~40分です。
  • 評価の信頼性分析 - 英語のみ ダウンロード

CogniFitの一般認知評価バッテリー(CAB)は、デジタル認知タスクを通して、7歳以上の子どもや若者、大人、高齢者の脳機能を深く研究することを可能にする最先端のプロフェッショナルツールです。この神経心理学的検査によって提供される結果は、ユーザーの認知状態、強みと弱みを理解するのに非常に役立ちます。すべての個人ユーザー・プロのユーザーもこの評価バッテリーを問題なく利用できます

この神経心理学的評価は、ユーザーの脳機能や認知、身体的、心理的、社会的幸福度がわかっている場合に、集中力、注意力、記憶力、推論力、計画力、協調性に関連した症状または不満がある場合に推奨されます。この完全な認知テストは、面接の代わりとしてではなく、専門的な診断を補完するものとして使用することをお勧めします。

この神経心理テストは完全にデジタル化されています。テストはオンラインで行われ、所要時間は約30〜40分です。 評価終了後、ユーザーの神経認知プロフィールの完全な結果レポートが自動的に取得できます。このレポートは、さまざまな認知能力の機能に関する十分に理解できる便利な情報を収集します。また、障害や問題のリスクがそんざいするか検出し、その重症度を把握し、各ケースに最も適切なサポートを行う医療介入を判断することができる貴重な情報を提供します。

一般認知評価のためのデジタルプロトコル(CAB)

一般認知評価のためのデジタルプロトコル(CAB)

このオンライン神経認知評価ツールは、質問形式でのスクリーニングと、科学的に検証されたタスクによって構成される臨床試験の一般的バッテリーから構成されています。

これらのテストは、注意力と集中力、知覚力、記憶力、執行機能、調整、ならびにユーザーの身体的、心理的および社会的健康状態など、様々な認知領域の機能を迅速かつ正確に検出および評価することを目的としています。

この完全認知評価の所要時間は約30〜40分です。この時に、健康に関する様々な分野の質問表に回答し、コンピューターゲームの形で表示される検証された神経心理学検査のバッテリーを完成させなければなりません。

評価後の結果から、様々な認知領域における障害を判断でき、例えば、どうしてある特定の活動でパフォーマンスが低下したのか、または、どうしてスキルを身につけたことがないのかについて説明するのに役立ちます。

このオンライン神経認知評価ツールは、質問形式でのスクリーニングと、科学的に検証されたタスクによって構成される試験の一般的バッテリーから構成されています。

これらのテストは、注意力と集中力、知覚力、記憶力、執行機能、協調性、ならびにユーザーの身体的、心理的および社会的健康状態など、様々な認知領域の機能を迅速かつ正確に検出および評価することを目的としています。

この完全認知評価の所要時間は約30〜40分です。この時に、健康の様々な分野に関する質問票に回答し、コンピューターゲームの形で表示される検証された神経心理学検査のバッテリーを完成させなければなりません。

評価後の結果から、様々な認知領域における障害を判断でき、例えば、どうしてある特定の活動でパフォーマンスが低下したのか、または、どうしてスキルを身につけたことがないのかについて説明するのに役立ちます。

質問票の診断基準

簡単な一連の質問が表示され、さまざまな健康面から人々の健康の度合いを知ることを目的としています。

神経心理学的要素と認知プロフィール

基本的な認知能力を評価することを目的としたタスクのバッテリーで続きます。このようにして、私たちは自分の完全な認知プロフィールを知ることができるようになります。それは、ユーザーの年齢のための尺度とテストを使用しています。

完全結果レポート

一般認知テスト終了後に、認知状態、障害に罹患するリスク(低、中、高)、症状および注意すべき兆候、認知プロフィール、分析、推奨事項およびガイドラインを示す詳細な完全結果レポートを受け取ることができます。この結果は、サポートのためのベースとなる貴重な情報を提供します。

心理測定結果

心理測定結果

CogniFitの一般認知テスト(CAB)は特許を取得したアルゴリズムと人工知能(AI)技術を使用して、1000を超える変数を分析し、非常に満足のいく心理測定結果で完全認知プロフィール取得出来ます。 この神経心理学的検査は、驚くべき感度とエコロジーの妥当性を備えた、私たちの日常生活に不可欠な一連の認知能力の測定を担当しています

認知評価バッテリー(CAB)によって公開された各神経心理学的タスクは、科学的手法に従って開発されました 。これは、脳や一般的な認知状態を効果的に評価するために適した精神測定が可能であることを保証します。神経心理学レポートの認知プロフィールは、高い信頼性と一貫性、安定性があります。横断的な研究デザインによって、Cronbachのアルファ係数のような.9に近い値を持つ心理測定統計が得られています。テスト‐再テストでは、1に近い値が得られ、高い信頼性と精度が得られました。

検証表を確認する

誰のためにつくられていますか?

誰のためにつくられていますか?

この認知評価バッテリー(CAB)は、健康、もしくは何らかの病気を持つ7歳以上の子どもや大人または老齢者など幅広い人々に適用できます。

すべての個人ユーザーまたはプロのユーザーも、この神経心理学的評価バッテリーを簡単に利用できます。このプログラムを使用するのに、神経科学や情報科学に関する知識を持つ必要はありません。このプログラムは特に以下の人を対象にしています:

個人ユーザー

強みや弱みといった自分の脳の状態を知る。

CogniFitの一般認知評価バッテリーを通して、すべてのユーザーはすばやく簡単に自分の認知プロフィールを確認することができます。この評価は、自分の認知症状(注意力、記憶力、計画性など)が病気のサインなのか、それとも人口統計学的に正常なのかどうかの疑いを晴らすのに役立ちます。

医療専門家

患者を正確に評価し、完全結果レポートを提供します。

CogniFitの一般神経心理評価バッテリーは、検査や診断、医療介入で医療のプロを支えます。症状および認知機能障害の検出は、この様々な疾患を認識し、適切な神経心理学的治療の診断を導く第一歩となります。この有望な患者管理ソフトウェアを使用することで、複数の変数を研究し、完全なパーソナライズされたレポートを提供することができます。

学校や教育関係者

何らかの病気を患うリスクがある生徒を検出します。学校での留年の防止に役立ちます

この神経心理検査バッテリーは、簡単なテストの形で、多くの障害の知識のない教師や教育関係者でも、客観的に学生を評価し、学生の強みと弱みを確認することができる完全にパーソナライズされたレポートを作成し、補助として利用するために個別に診断する必要のあるような認知リスクがある学生を検出できます。

両親、介護者、個人

愛する人にパーキンソン病に関連する認知障害のリスクがあるかどうかを特定する。

CogniFitの一般認知評価バッテリーは、質問表とオンラインで実践できる簡単なテストで構成された科学的リソースです。専門知識がなくても、家族や親族の様々な神経心理学的要因を評価することができます。結果の完全システムは、様々な領域における健康状態を識別し、各症例のガイドラインを示します。

研究者

被験者の認知能力を測定する。

CogniFitの一般認知評価(CAB)は、正確かつ快適に、多くの認知能力を測定できます。CogniFitの技術は、被験者の認知状態に関する信頼性の高いデータを得るために、評価アクティビティの実行中の何千もの変数を計算します。

メリット

メリット

認知プロセスの症状、強み、弱み、特徴および機能不全を迅速かつ正確に評価するために、科学的方法論に基づくこのコンピューターサポートを使用すると、様々なメリットがあります。

専門ツール

すべての個人ユーザーまたはプロのユーザー(医者、心理学者、教師など)も、神経科学や情報科学に関する知識を持つ必要なく、この神経心理評価バッテリーを利用できます。インタラクティブな形式によって、迅速かつ効率的に管理することができます。しかしながら、質的データを収集し、診断履歴を考慮し、行動を観察し、診断を行うのは、有資格の専門家の仕事です。

管理しやすい

個人またはプロのユーザー(医師、心理学者、教師など)は、神経科学やコンピュータサイエンスの高度な知識を必要とせずに、この神経心理学的評価バッテリーを個人的に使用することができます。インタラクティブなフォーマットで、迅速かつ効率的な管理が可能です。

完全自動化

CogniFitの認知検査のタスクは完全に自動で行わるため、ユーザーは家にいて一人でタスクを行えます。 この認知評価を行うよう医療専門家によって勧められた場合、ユーザーは診断所やインターネットが利用可能なすべての場所で時間を節約して評価を実施することができます。

簡単な使用

すべてのタスクは、インタラクティブな楽しいゲームの形で自動表示され、特に子供の理解を促します。

詳細な結果レポート

一般的な認知評価バッテリー(CAB)は、迅速かつ正確なフィードバックを可能にし、結果を分析するための完全なシステムを構築します。症状、強みや弱み、リスク指標を認識し、理解するのに役立ちます。

分析と推奨事項

この有望なソフトウェアは、数千もの変数を分析し、悪化タイプと個々のニーズに合わせた非常に詳細な推薦事項を提供できます。

どんな時にこの一般認知評価テストを利用することがおすすめされますか?

どんな時にこの一般認知評価テストを利用することがおすすめされますか?

CogniFitの一般認知評価バッテリー(CAB)は、優れた心理学的性質を持ち、簡単なアプリケーションがあるおかげで、非常に多様なケースにおいて役立ちます。 例えば、CogniFitの神経心理学的評価は、私たちの子どもが示す注意力の問題が彼の年齢とって正常であるのか、もしくは病気なのかを判断するのに役立ちます。また、高齢者の記憶障害が障害・病気の指標であるかどうかについても知ることができます。

もし何らかのタイプの障害を患っている可能性があると思われる場合、または単に認知状態を知りたい場合は、できるだけ早くこの評価を行うことをおすすめします。認知プロフィールと健康状態をチェックすることで、さまざまな障害の早期発見が可能となり、症状が慢性的になることを退け、できるだけ早く治療を開始することができます。

CogniFitの神経心理テストは以下のような人に役立ちます。

---
最も代表的な症状
説明
...
脳機能を研究し、7歳以上の子どもや大人、高齢者の認知状態を診断する。
すべての人の認知プロフィールを得る。
認知力の強みと弱みを認識する
認知状態の変化が正常であるか、もしくは神経障害を反映するものかどうか判断するのに役立つ。
脳障害を引き起こす変化度合いを知る。
診断を完了し、深める

脳機能を研究し、7歳以上の子どもや大人、高齢者の認知状態を診断する。

この神経心理評価バッテリーは、「知のアーキテクチャ」を構成する要素に関する詳細な情報を提供します。これらの認知要素の分析は、人間の行動や精神機能を支配する要素を知るのに役立ちます。その検査や研究は、各患者やユーザーのそれぞれの状況を理解するのにも役立ちます。

すべての人の認知プロフィールを得る。

神経心理学的プロファイルは、評価が完了すると自動的に取得されます。注意力・集中力、知覚、記憶、推論(実行機能)、協調性、身体的、心理的、社会的な幸福度など、さまざまな分野に分けられた主な認知能力の機能についての詳細な情報を提供します。

認知力の強みと弱みを認識する

どのように脳のさまざまな領域が機能するかについて理解することで、認知状態を判断し、強みと弱みを認識することができます。このバッテリーは、何が原因で障害が起きているのか理解するのに役立ちます。

認知状態の変化が正常であるか、もしくは神経障害を反映するものかどうか判断するのに役立つ。

これらの検査や精神に関する研究は、その人が示す症状が、その人の年齢にとって正常なのか、それとも以下のような障害の指標であるかどうかを判断するのに役立ちます。:脳障害、神経発達障害、神経変性疾患、脳損傷、行動障害、精神病など。このバッテリーは、個人のパフォーマンスの低下を説明する情報を収集するのに役立ちます。

脳障害を引き起こす変化度合いを知る。

認知機能障害に由来する認知効果を理解する。検査した機能の正常性や異常性、影響の程度を判断すること。

診断を完了し、深める

この神経心理学的検査は、既に脳の損傷を受けた人や脳機能障害がある可能性が疑われる様々な患者の両方を対象にしています。

健康に関する質問表の説明

健康に関する質問表の説明

健康状態が良いと考えるには、以下の3つの健康のいずれにも変化がないことが必要です。したがって、CogniFitの一般認知評価バッテリー(CAB)の第一歩は、3つの健康領域にある障害を検出するのに役立つ、各年齢に合った質問で構成されたスクリーニング検査です。

身体的健康:最新の研究では、身体の状態と精神状態には密接な関係があるという貴重な情報を得ています。睡眠や食事、運動は、私たちの身体的健康をつくり、良好な認知機能を決定する要因となります。

認知的健康・心理的健康:心理的健康は、人間のさまざまな領域において認知的、感情的および情緒的側面を併せ持ちます。精神的健康または心理的健康は、人々の健康に重要な役割を果たし、身体的および社会的健康においても変化を生み出すことがあります。

社会的健康:豊かで、適して、安定した社会環境を持つことは、良い認知的健康と精神的健康につながります。 他者が私たちを変化に適応させるため、感情の移り変わり、余暇、楽しみ、仲間の変化があります。

7~17歳の子どもの診断基準

教育関係者でも、または評価を担う専門家でも、簡単に回答できる項目で構成されています。質問表には、以下の領域に関する質問が含まれています:身体的健康(適した健康状態)、心理的健康(認知・感情プロセスの良好な状態)、社会的健康(周囲の人々と健全で豊かな関係を維持している)。各領域における質問は、幼児や思春期の子どもの日常生活に適応しています。

大人や高齢者の診断基準

評価担当の専門家でも、または検査を実施する人でも、簡単に回答できる項目で構成されています。質問表には、以下の領域に関する質問が含まれています:身体的健康(健康で、体の不調がない)、心理的健康(認知・感情プロセスの良好な状態)、社会的健康(周囲の人々と健全で豊かな関係を維持している)。各領域における質問は、大人や高齢者の日常生活に適応しています。

評価される神経心理学的側面:タスクバッテリー

評価される神経心理学的側面:タスクバッテリー

認知能力の悪化や健康障害は、人々の健康や日常生活に問題を引き起こす可能性が十分にあります。 CogniFitの一般認知評価バッテリー(CAB)は、認知能力の向上が重要であると考えており、次の領域や認知能力の測定を重視しています。:

評価された認知能力
認知能力

注意力

不注意をフィルターにかけ、関連情報に集中する能力です。注意は、すべての認知プロセスを伴い、内・外部刺激の関連性に基づいて認知リソースを割り当てます。注意力が良好であることは、記憶や計画性といった高次レベルの他のプロセスに必要です。 注意は、脳幹や頭頂葉から前頭前野まで、脳のさまざまな領域に必要不可欠なプロセスです。しかし、右半球は注意制御において中心的役割を果たすと言われています。この認知領域は、不注意になる中でさまざまな活動の最中に注意を切り替えたり、同時に発生する出来事に注意を分散し、長時間集中し、私たちの関心の刺激に注意を払い、警戒することができます。これらは注意を払う認知能力であり、CogniFitの一般認知評価で計算されるものです。

優れている

7.6%平均以上

分割注意力

分割的注意は、同時に異なる刺激や活動に注意を払う能力です。分割的注意を評価するタスク:

この神経心理学評価タスクは、1935年のストループテストと呼ばれる従来のテストから構想を得ました。 同時に2つの活動を行うには、同時に両方の活動に反応するために注意を分散する必要があります。

710あなたのスコア

400年齢の平均

焦点

集中的注意は、注意の持続時間に関係なく、物体の刺激に焦点を当てる能力です。集中的注意を評価するタスク:

神経心理学的評価タスクは、コナーズの持続処理課題(CPT)、注意変動検査(TOVA)、フーパーの視覚構成検査(VOT)に基づいています。正しくタスクを実行するには、刺激に反応するために、物体の刺激を検知することが必要です。

668あなたのスコア

400年齢の平均

抑制

抑制とは、衝動的(または自動的)反応を抑制または制御し、注意および推論による反応を生成する能力です。抑制力を評価するためのタスク:

CogniFitの抑制に対する評価タスクは、ストループテスト、注意変動検査(TOVA)、持続処理課題(CPT)から開発されました。 これらのアクティビティを行う間、刺激は、私たちがタイミング良く停止させ、抑制する必要があるような反応を生み出します。

571あなたのスコア

400年齢の平均

更新

モニタリング力は、今行っている行動を監視し、予め準備した行動計画を達成しているか確認する能力です。 モニタリング力を評価するタスク:

モニタリング力を測定するCogniFitのタスクは、様々な従来の神経心理学的検査に基づいています。:ストループテスト、NEPSY、TOMM、注意変動検査(TOVA)、ウィスコンシンカード分類検査(WCST)。 CogniFitのこの検査を行うには、私たちの反応がタスクの必要性に合っているか常に確認し、合っていなければ、調整する必要があります。

459あなたのスコア

400年齢の平均

記憶力

新しい情報を保持・処理し、過去の思い出を回復する能力です。記憶は、私たちの脳内に知識の内部表現を保存し、過去の出来事を将来的に使用するために持っておくことを可能にします。学習は、新しい情報を組み込んだり、精神内に既に存在する情報を修正することを可能にする、記憶の鍵となるプロセスです。符号化および記憶後、情報や思い出、学習は将来的に回復するように準備している必要があります。海馬は、記憶の過程において重要な脳構造であり、睡眠中に積極的に働き、その日に取得した情報を強化します。 これらは記憶に関わる領域であり、CogniFitの認知評価で評価されるものです。:

優れている

8.2%平均以上

短期音韻記憶

聴覚短期記憶は、短期間に周囲から受け取ったすべての聴覚情報を保持する能力です。聴覚短期記憶を評価するタスク:

聴覚短期記憶を評価するため、ウェクスラー記憶検査(WMS)、持続処理課題(CPT)、レイ聴覚性言語学習検査(RAVLT)からインスピレーションを受けました。このテストでは、短時間の間、聴覚情報を保持する必要があります。

600あなたのスコア

400年齢の平均

文脈記憶力

文脈記憶は、ある特定の記憶の元となった情報を記憶して区別する能力です。文脈記憶を評価するタスク:

文脈記憶のタスクは、1993年のトグリアの文脈記憶検査やTOMM、NEPSY、注意変動検査(TOVA)からインスピレーションを受けました。このテストでは、ユーザーは記憶を取り戻すため、または視覚で見たことや聴覚で聞いて学習したことが記憶の中で回復したことと一致するかどうか確認するために、記憶の中に元の情報を保持している必要があります。

631あなたのスコア

400年齢の平均

短記憶力

短期記憶は、短時間の間に少量の情報を維持する能力です。短期記憶を評価するタスク:

短期記憶を測定する神経心理学的タスクは、ウェクスラー記憶検査(WMS)の数字検査、TOMM、ロンドン塔課題(TOL)、持続処理課題(CPT)からインスピレーションを受けています。このタスクを行うには、ユーザーは多くの情報量を短時間で記憶する必要があります。

607あなたのスコア

400年齢の平均

非言語記憶力

非言語性記憶は、顔、図形やイメージ、メロディー、音、騒音、匂い、味覚、感覚などの記憶を符号化、蓄積、検索する機能です。 非言語性記憶を評価するタスク:

この神経心理学的タスクは、持続処理課題(CPT)、TOMM、視覚構成検査(VOT)、NEPSY、ロンドン塔課題、ウェクスラー記憶検査(WMS)のコルシブロック課題に基づいています。後で情報を再生するために、最小限の言語、もしくは非言語で視覚情報を記憶する必要があります。

468あなたのスコア

400年齢の平均

短期視覚記憶力

短期視覚記憶は、短時間に、文字、単語などの少量の視覚情報を保持する能力です。短期視覚記憶を評価するタスク:

この認知テストは、ウェクスラー記憶検査(WMS)のコルシブロック課題、TOMM、ロンドン塔課題に基づいてつくられました。タスクを行う間、後で回答するために、視覚情報を心に留めておく必要があります。

568あなたのスコア

400年齢の平均

作業記憶力

ワーキングメモリは、言語理解、学習および推定のような複雑な認知課題に必要な情報を保存し、処理する能力です。ワーキングメモリを評価するタスク:

CogniFitの神経心理学的タスクは、持続処理課題(CPT)、ウェクスラー記憶検査(WMS)の数字検査、TOMM、視覚構成検査(VOT)に基づいて開発されました。このアクティビティを発展させるには、表示された情報の一部を保持し、処理する必要があります。

473あなたのスコア

400年齢の平均

呼称

呼称は、ある概念に名前を付けるために語彙の単語にアクセスする能力です。呼称を評価するタスク。

呼称を評価する神経心理学的タスクは、NEPSY・Test of Memory Malingering(TOMM)・注意変動検査(TOVA)を参考にします。聞いたことがあると感じるには、画面に示されたモノや単語を名付ける能力が必要になります。

527あなたのスコア

400年齢の平均

コーディネート

正確に順序正しい動きを効率的に行う能力です。調整力は、私たちの動きをすばやく正確に、調和のとれた形で行うことを可能にします。 小脳は、歩く、グラスを持つ、バレエを踊るなど、運動調整を行う脳構造であり、私たちの運動や感覚から得るフィードバックとの結合・一貫性を維持するのに役立ちます。これらは調整に関わる認知能力であり、CogniFitの認知評価で計算されるものです。:

優れている

8.4%平均以上

視覚と手のバランス調整

目と手の協調性は、視覚的反応を必要とする手の運動をするのに効率的に動かす能力です。目と手の協調性を評価するタスク:

評価のための神経心理学的検査は、ウィスコンシンカード分類検査(WCST)、ストループテスト、注意変動検査(TOVA)、視覚構成検査(VOT)からインスピレーションを受けています。多くのタスクは、目と手の協調性が要求されるため、画面上の刺激にカーソルをあてることが必要になります。

466あなたのスコア

400年齢の平均

応答時間

反応時間は、特定の質問に対して迅速かつ効率的に反応するといった、単純な刺激を知覚し、処理し、反応する能力です。 反応時間を評価するタスク:

CogniFitの様々な認知検査を通して、反応時間を正確に測定することができます。反応するのにかかった時間を測るテストは、NEPSY、注意変動検査(TOVA)、持続処理課題(CPT)、TOMM、視覚構成検査(VOT)、ウィスコンシンカード分類検査(WCST)、ウェクスラー記憶検査(WMS)、ロンドン塔課題(TOL)、ストループテストに基づいています。

507あなたのスコア

400年齢の平均

知覚

私たちの周囲の刺激を解釈する能力です。知覚は、感覚器官から受け取った情報を、世界に関して既に持っている知識に基づいて識別し、理解する役割を果たします。知覚は、異なる感覚(視覚、聴覚、触覚など)によって与えられるプロセスであり、私たちの脳はそれらを統合し、全体的な感覚を与えます。関連する脳領域は、感覚器官の刺激に関わらず、外部刺激と効果的に相互作用できるように、様々な感覚器官によって知覚される情報を結びつけます。 知覚プロセスを適切に実行するためには、受け取った情報の吸収・理解のプロセスが必要です。 これらは知覚を形成する認知能力であり、CogniFitの認知評価で計算されるものです。

優れている

7.5%平均以上

聴覚認知力

聴覚は、空気やその他の方法で伝達される可聴周波数を通じて耳に届く情報を受け取り、解釈する能力です。聴覚を評価するタスク:

CogniFitによって用いられたユーザーの聴覚を評価する神経心理学的検査は、NEPSY、TOMM、注意変動検査(TOVA)に基づいています。 この全タスクでは、目的を達成するために、関連した聴覚情報を聞く必要があります。

463あなたのスコア

400年齢の平均

測定

推定力は、可能な解決策がないときに、予知したり、答えを生み出す能力です。推定力を評価するタスク:

このアクティビティでは、事実に近く、正しいと思われる反応をする必要があります。タスクに応じて、速度やルート、距離、かかる時間といった刺激の様々な属性を推測する必要があります。

666あなたのスコア

400年齢の平均

識別

認識能力は、私たちが以前に知覚した(状況、人、物など)刺激を識別する能力です。認識能力を評価するタスク:

この神経心理学的タスクは、持続処理課題(CPT)、TOMM、注意変動検査(TOVA)、NEYPSYからインスピレーションを受けています。この検査を良い評価を得るには、表示された刺激が前もって現れたかどうか分かる必要があります。

508あなたのスコア

400年齢の平均

空間認知

空間認識能力は、私たちを取り巻く環境との関係性を認識する能力です。空間認識能力を評価するタスク:

空間認識能力を測定する神経心理学的評価タスクは、ロンドン塔課題(TOL)、1983年のフーパー視覚構成検査(VOT)、ウェクスラー記憶検査(WMS)の数字検査、コナーズの持続処理課題(CPT)からインスピレーションを受けています。この検査で良い評価を取るためには、刺激の位置や距離を正しく認識する必要があります。

642あなたのスコア

400年齢の平均

視覚

視覚は、可視光線によって私たちの目に届く情報を解釈する能力です。視覚を評価するタスク:

この神経心理学的タスクは、コークマン・カーク・ケンプの評価検査(NEPSY)を補完する視覚検査を行う1961年のフロスティッグ視知覚発達検査(DTVP)からインスピレーションを受けています。また、ストループテストやウィスコンシンカード分類検査(WCST)、TOMM、注意変動検査(TOVA)の性質も持っています。適切に反応するために画面上に現れる画像を正しく認識する能力が必要です。

519あなたのスコア

400年齢の平均

視覚探索

視覚走査は、視覚を通して私たちの周りの刺激を能動的かつ効率的に探す能力です。視覚走査を評価するタスク:

CogniFitが用いる神経心理学的検査は、注意変動検査(TOVA)、視覚構成検査(VOT)、ロンドン塔課題(TOL)、持続処理課題(CPT)、TOMMの基礎を置いています。それぞれのタスクでは、他に障害がある中で物体の刺激の位置を把握する必要があります。

617あなたのスコア

400年齢の平均

論法力

取得された情報を効率的に処理する(順序づける、関連付けるなど)能力です。実行機能を通して、複雑な目標を達成するために取得した情報にアクセスして処理することができます。この優秀なプロセスは、現在または将来におけるニーズに応じて、私たちの考えや行動を関連付け、分類し、順序だて、計画することを可能にします。これにより、私たちは柔軟に環境に適応することができます。 実行機能は、元々の計画に変更があったとしても、私たちが日々効果を発揮し、問題を解決し、目標を達成することを可能にします。 これらは実行機能に関わる認知能力であり、CogniFitの認知評価で計算されるものです。:

優れている

8.2%平均以上

計画力

計画性は、例えば、もっと先の話をするために頭の中で物語を組み立てるときに使うような、将来的に目標を達成するために最良の方法を心の中で体系化する能力です。計画性を評価するタスク:

神経心理学的評価タスクは、様々な従来のテストに基づいており、その中には、ロンドン塔課題(TOL)、注意変動検査(TOVA)、TOMM、ウェクスラー記憶検査(WMS)のコルシブロック課題があります。刺激に対する動きを予測し、どう反応するかを立ち止まって考えることは、エラーの数を減らし、計画性を測るCogniFitのタスクに正しく答えるには重要です。

628あなたのスコア

400年齢の平均

処理速度

処理速度は、すばやく、自動的に情報を処理する能力です。 処理速度を評価するタスク:

CogniFitは、持続処理課題(CPT)、ウェクスラー記憶検査(WMS)内のいくつかの検査、注意変動検査(TOVA)、視覚構成検査(VOT)、TOMM、ロンドン塔課題(TOL)、NEPSY、ストループテスト、ウィスコンシンカード分類検査(WCST)に基づいた、様々なテストにおいて処理速度を測定します。

592あなたのスコア

400年齢の平均

認知的柔軟性

認知柔軟性または精神柔軟性は、私たちの行動と思考を新しい、変化する、または予期しない状況に適応させるための脳の能力として定義できます。 認知柔軟性を評価するためのタスク:

認知柔軟性を測定するCogniFitのタスクは、さまざまな古典的な神経心理学テストに基づいています:ストループテスト、Continous Performance Test(CPT)およびWisconsin Card Sorting Test(WCST)。これらは、環境および環境の変化に適応するユーザーの能力を正確に評価することを可能にします。

566あなたのスコア

400年齢の平均

含まれる評価タスク

含まれる評価タスク

この多元的科学リソースには、様々な評価タスクがあります。例をいくつかご紹介します。

EST-II推定テスト

この評価タスクは、タスクを成功させるために、音刺激のおおよその持続時間を決定する必要があるため、聴覚的な推定値を測定することを担います。

プログラミングテスト VIPER-PLAN

このタスクは、従来のロンドン塔課題(TOL)とフーパー視覚構成検査(VOT)テスト(1983年)にインスピレーションを受けました。これは、被験者がどのように組み立て、行動を計画するかを観察することを可能にします。そのために、ユーザーは適応性、柔軟性、予測を示す必要があります。目標を達成するための行動計画では、ユーザーの成果指標を評価することができます。

認識テスト WOM-REST

認識テスト WOM-RESTは、CPT(持続処理課題)、TOMM(Memory Malingering Test)、視覚構成検査(VOT)および注意変動検査(TOVA)に基づいています。このタスクは、ユーザーの実行機能を評価し、刺激に応じて組織化し、行動するときの強みを評価するのに役立ちます。

調整力テスト HECOOR

この評価テストは、従来のウィスコンシンカード分類検査(WCST)に基づいています。この運動を正しく行うためには、知覚能力と運動能力を調整する必要があり、ユーザーの視力運動能力の制御と管理を測定するように設計されています。

脳と認知能力

脳と認知能力

認知能力は、日々の活動で効果を発揮できるように、脳の様々な部分が連携して働いていることと密接に関係しています。現在のところ、認知機能を特定の部位に局在させたり、位置を特定したりすることは避けられていますが、それは、ほとんどの認知プロセスが、特定の活性化パターンでの脳の様々な領域の共同・協調的な活動を必要とするからです。しかし、神経心理学の科学的文献から提供される病変研究は、いくつかの脳領域が非常に関与し、特定の認知能力に関連していることを証明しています。

1 注意力

脳様体の構造は注意と密接な関係があるため、脳幹脳様体に影響を与える障害は患者を昏睡状態にさせる可能性があります。 外因的注意は右頭頂葉と関連があり、損傷した場合は半側空間無視が生じることがあります。 最後に、前頭前皮質は、注意制御と集中において重要な役割を果たします。この構造に問題がある場合は、注意を払う能力が悪化したと言えます。

2 知覚

多くの研究では、視覚および聴覚に焦点を当てています。視覚には後頭葉と頭頂葉が必要であり、聴覚情報には側頭葉を使います。 触覚、嗅覚、味覚などの他の感覚についての科学文献の数は少ないですが、頭頂葉が触覚情報にも関与し、嗅覚が嗅球や梨状皮質で情報処理され、 味覚は頭頂葉、島皮質、眼窩前頭皮質、帯状皮質と関連していることが分かっています。

3 記憶力

記憶に最も関係がある脳領域は海馬であり、てんかん患者のケースに最も研究された構造の1つです。 最も有名な症例の1つであり、記憶や海馬の研究に多く情報があるのは、H.M.氏による貢献のためです。 いずれにしても、海馬は記憶に関する唯一の脳領域ではなく、脳の他の多くの部分、例えば前頭前皮質も記憶と関連があります。

4 実行機能

実行機能は前頭前野(特に背側部)と非常に密接な関係があります。実際、実行能力は「前頭前野機能」として知られています。 また、全ての認知機能を正しく実行するために前帯状皮質といった構造が必要となります。

5 調整力

調整力には、前頭前皮質および大脳基底核など運動活動に関する大脳領域や小脳のような運動の正確性や調整を直接担う構造が含まれます。これらの構造が損傷を受けると、身体の一部を動かすことができなくなったり、動きが不規則でぎこちなくなる傾向があります。

カスタマーサービス

カスタマーサービス

私達の評価のデータの作業、管理、または解釈についてご質問がある場合は、すぐに当社にご連絡ください。私たちの専門家チームはあなたの質問にお答えし、必要なことすべてをお手伝いします。

今すぐ問い合わせる

科学的参考文献

科学的参考文献

[1] Lubrini, G., Periáñez, J.A., & Ríos-Lago, M. (2009). Introducción a la estimulación cognitiva y la rehabilitación neuropsicológica. En Estimulación cognitiva y rehabilitación neuropsicológica (p.13). Rambla del Poblenou 156, 08018 Barcelona: Editorial UOC. Shatil E (2013). ¿El entrenamiento cognitivo y la actividad física combinados mejoran las capacidades cognitivas más que cada uno por separado? Un ensayo controlado de cuatro condiciones aleatorias entre adultos sanos. Front. Aging Neurosci. 5:8. doi: 10.3389/fnagi.2013.00008. Korczyn dC, Peretz C, Aharonson V, et al. - El programa informático de entrenamiento cognitivo CogniFit produce una mejora mayor en el rendimiento cognitivo que los clásicos juegos de ordenador: Estudio prospectivo, aleatorizado, doble ciego de intervención en los ancianos. Alzheimer y Demencia: El diario de la Asociación de Alzheimer de 2007, tres (3): S171. Shatil E, Korczyn dC, Peretzc C, et al. - Mejorar el rendimiento cognitivo en pacientes ancianos con entrenamiento cognitivo computarizado - El Alzheimer y a Demencia: El diario de la Asociación de Alzheimer de 2008, cuatro (4): T492. Verghese J, J Mahoney, Ambrosio AF, Wang C, Holtzer R. - Efecto de la rehabilitación cognitiva en la marcha en personas mayores sedentarias - J Gerontol A Biol Sci Med Sci. 2010 Dec;65(12):1338-43. Evelyn Shatil, Jaroslava Mikulecká, Francesco Bellotti, Vladimír Burěs - Novel Television-Based Cognitive Training Improves Working Memory and Executive Function - PLoS ONE July 03, 2014. 10.1371/journal.pone.0101472. Gard T, Hölzel BK, Lazar SW. The potential effects of meditation on age-related cognitive decline: a systematic review. Ann N Y Acad Sci. 2014 Jan; 1307:89-103. doi: 10.1111/nyas.12348. 2. Voss MW et al. Plasticity of brain networks in a randomized intervention trial of exercise training in older adults. Front Aging Neurosci. 2010 Aug 26;2. pii: 32. doi: 10.3389/fnagi.2010.00032.

メールアドレスを入力してください。