このWebページのCookieについて

このWebサイトでは、Cookieを使用してオンライン体験を向上させています。Cookieの設定を変更せずにこのサイトを引き続き使用することにより、Cookieの使用について承諾したものとみなされます。詳しい情報を確認する、またはCookieの設定を変更するには、%1$s Cookieポリシー%2$sをご覧ください。

承認
ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
いますぐ、登録してください。

あなた自身のために評価・トレーニングを利用しますか。個人アカウントを作成しましょう。このタイプのアカウントは、あなたの認知能力を評価・トレーニングするために設計されています。

あなたの患者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。患者の管理アカウントを作成しましょう。このアカウントは、認知障害の検査、診断、および医療介入のために医療専門家(医師、心理学者など)をサポートするように設計されています。

あなたの家族や友人に評価・トレーニングを提供しますか。家族用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、あなたの家族がCogniFitの評価・トレーニングにアクセスできるように設計されています。

研究被験者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。研究用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、研究者が認知領域に関する研究を行うのに役立つように特別設計されています。

あなたの生徒のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。生徒の管理用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、子どもや生徒の認知障害の検査、診断、医療介入をサポートするために設計されています。

あなた自身のために利用(16歳以上)

loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

corporativelanding_Test_depresion_social_picture
  • うつ病のための認知アセスメントテスト。

  • うつ病によって影響を受ける可能性があるすべての脳領域を検査しましょう

  • 可能性のあるユーザーの認知障害を評価・分析しましょう

今始める
loading

うつ病のリスク指標を検出・評価するコンピューター化バッテリー

CogniFitのうつ病の神経心理評価コンピューターバッテリーと認知アセスメントバッテリー(CAB-DP)は、臨床検査および科学的に検証されたタスクで構成された最先端のツールであり、気分障害の代表的な症状である、うつ病によって影響を受けた認知プロセスの症状、特性および機能不全についての迅速な検出と評価を目的としています。

この最先端で信頼性の高いオンラインうつ病検査は、完全な認知スクリーニングで弱みと強みを把握可能にする科学的な資料で、うつ病の存在のリスク指数を評価し、どの分野がこの障害の影響を受けているかを知ることが出来ます。うつ病のこの心理検査は、何らかのリスク要因を提示する16歳以上の青年、青少年、高齢者または老人を対象としています。個人または専門のユーザーなら誰でも、この一連の神経心理学的評価バッテリーを困難なく扱うことができます。

結果レポートは、30~40分程度かかるうつ病テスト終了後に自動的に表示されます。

うつ病の診断には、他の気分障害や病気、その他の病状によって不適応または機能不全の症候が説明される可能性を除外するため、総合的な評価と包括的な診断が必要です。

うつ病の診断には、質問表や評価測定といった問診や臨床検査が最も効果的ですが、この障害の認知悪化度合を知るには不十分です。障害の重症さを知るためには、徹底した臨床および神経心理学評価を行うことが必要です。CogniFitはうつ病の医療診断を直接提供していないことにご注意ください。このうつ病検査は、臨床検査の代替ではありませんので、専門的な診断の補助として使用することをおすすめします。

うつ病の評価のためのデジタルプロトコル(CAB-DP):

うつ病検出のためのこの完全な認知評価は、質問表と神経心理学的検査の完全バッテリーからなります。テスト時間は約30〜40分です。

うつ病のリスクがある思春期の子どもや若年成人、高齢者は、うつ病に関連した症状および兆候を評価する質問表に回答し、その後、単純なパソコンゲームのトレーニングやタスクを行う必要があります。

  • 質問表と診断基準:主な診断基準(DSM-5)を検出することを目的とした簡単な質問に答えると、うつ病の兆候や症状が示されます。質問表は、選別テストの意味も持っています。
  • 神経心理学的要因と認知プロフィールうつ病について科学的文献に基づいて認識された主な神経心理学的な要因を評価するためのタスクバッテリーです。結果は、ユーザーの年齢や性別によって表で比較されます。
  • 完全結果レポート:うつ病テスト終了後、Cognifitは、詳細な完全結果レポートを作成し、障害(低、中、高)のリスク指標、および症状や兆候、認知プロフィール、結果分析、おすすめやガイドラインを見ることができます。結果は、サポートするためのベースとなる貴重な情報を提供します。

心理測定結果

CogniFitのうつ病の神経心理学テスト(CAB-DP)は特許を取得したアルゴリズムと人工知能(AI)技術を使用して、1000を超える変数を分析し、非常に満足のいく心理測定結果で不眠症のリスクがあるかどうかを通知します。

神経心理学レポートの認知プロフィールは、高い信頼性と一貫性、安定性があります。CogniFitのうつ病テスト(CAB-DP) は、何度も繰り返された検査と測定プロセスによって検証されています。クロンバックのアルファ係数などの横断的な研究設計を参考にしており、9の値ほどに達しました。再テスト信頼性では、1に近い値が得られ、高い信頼性と精度が得られました。

検証表を見る

誰のためにつくられていますか?

うつ病用評価バッテリー(CAB-DP) は、うつ病に関連する何らかのリスク要因に苦しんでいる疑いのある16歳からの青年、青少年、高齢者および老人に適用することが出来ます。

すべての個人ユーザー・プロのユーザーも、この神経心理評価バッテリーを問題なく利用できます。この臨床プログラムを使用するのに、神経科学や情報科学に関する知識を持つ必要はありません。このプログラムは特に以下の人を対象にしています:

  • 医療専門家 ー患者を正確に評価し、完全結果レポートを提供しますー: CogniFitのうつ病のための神経心理評価バッテリーは、検査や診断、医療介入で医療のプロを支えます。症状および認知機能障害の検出は、この神経変性疾患を認識し、適切な神経心理学的治療の診断を導く第一歩となります。この有望な患者管理ソフトウェアを使用すると、複数の変数を研究し、完全なパーソナライズされたレポートを提供することができます。
  • 家族、介護者、個人: ー 愛する人にうつ病に関連する認知障害のリスクがあるかどうかを特定できますー:うつ病に対する認知評価バッテリーは、質問表とオンラインで実践できる簡単なテストで構成された科学的リソースです。うつ病で特定された様々な神経心理学的要因を専門知識がなくても評価することができます。結果の完全システムは、疾患に関連する認知障害のいずれかに罹患するリスクがあるかどうかを識別し、各症例のガイドラインを示します。

メリット

うつ病によって影響を受けた認知プロセスの症状、弱点、強さ、特徴および機能不全を迅速かつ正確に評価する科学的方法論に基づくこのコンピューターサポートを使用すると、様々なメリットがあります。:

  • 最先端のツール:CogniFitのうつ病の認知評価バッテリー(CAB-DP)は、神経変性疾患の専門家によって作成された専門的リソースです。認知テストは臨床的に特許を取得し、検証されています。この最先端のツールは、世界中の科学界、大学、家庭、協会、財団、医療センターで利用されています。
  • 簡単に管理できます:神経科学や情報科学に関する知識がなくても、すべての個人、プロのユーザー(医療従事者、家族など)がこの神経心理評価バッテリーを利用できます。この検査と測定のインタラクティブなフォーマットは、迅速で効果的に管理できます。
  • 非常に魅力的です:すべての臨床タスクは完全に自動化された方法で行われます。アクセスしやすく、楽しいものとするために、簡単に理解できるようにしつつ、楽しくインタラクティブなゲーム形式で開発されました。
  • 詳細な結果レポート:うつ病の認知評価バッテリー(CAB-DP)を使用することで、結果分析のために有効な完全システムを構築しているので、 迅速かつ正確なフィードバックを可能にします。症状、強みや弱み、リスク指標を確認し、簡単に理解しやすいような情報を提供します。
  • 分析と推奨事項:この有望なソフトウェアは、数千もの変数を分析し、悪化タイプと個々のニーズに合わせた非常に詳細な推薦事項を提供することが可能です。

どんな時にこのうつ病テストを利用することがおすすめされますか?

この一連の気分状態の評価バッテリーを用いて、16歳からの青年、青少年、高齢者または老人におけるうつ病に関連する症状および認知機能低下を示すリスクを確実に検出することが可能です。

うつ病またはそれに関連する認知障害のリスクがあると思われる場合は、できるだけ早くこの評価を行うことをおすすめします。早期発見することで、機能する段階でうつ病に影響を受けた認知能力を保つことができる認知刺激の治療および適切なプログラムを始めることができます。

早期発見されておらず、ニーズに合ったツールを使っていないために、日常の機能が困難になり、職場、社会環境または家族、感情領域で問題を引き起こす可能性があります。

うつ病は、学業や仕事、社会的および個人的な機能の悪化および困難を引き起こす可能性があります。 主な違いは、以下の通りです。:

精神症状:

うつ病では、悲しみや興味の欠如、罪悪感、絶望感が主な心理症状です。ドーパミンとセロトニンは、精神状態を調節する主な神経伝達物質です。様々な研究では、ドーパミン作動性およびセロトニン作動性の低下がうつ病に関係し、悲しみまたは無感情などのうつ症状を引き起こすことが示唆されています。

身体症状:

うつ病は、神経伝達物質の化学的不均衡に関係します。 疲労、頭痛、筋肉痛、食欲不振、睡眠障害など、うつ病の過程で現れることがある身体症状があります。このようなタイプの症状が見つかった場合は、 CogniFitのうつ病テスト(CAB-DP)を行うことをおすすめします。

認知症状:

うつ病は、日常生活に悪影響を与えることに加えて、この気分障害の病状期間を延長します。 科学文献によれば、うつ病の人は、他の能力の中でも注意力や認知力の柔軟性に一定の困難を示していることが一貫して示されています。

関連症状:

抑うつ障害では、過敏性、涙もろさ、薬物使用、体重変化などの関連症状が付随して現れます。このような関連症状は、うつ病を発見するためには非常に重要であり、関連がある症状です。

質問表の診断基準の説明

うつ病は、一連の臨床徴候および症状によって特徴付けられます。これらの指標は、うつ病を疑うものでもあります。 したがって、うつ病の認知評価(CAB-DP)バッテリーの第一段階は、各年齢層ごとのうつ病の主要な診断基準、徴候および症状に適応したスクリーニング検査を行う質問表からなります。

ここで提示された質問は、診断マニュアル、臨床用の質問表またはうつ病の測定に見られるものと同様ですが、実際に誰でも簡単に理解して回答できるように単純化されています。

  • 若者と高齢者のうつ病の診断基準:評価の担当者またはうつ病テストを行う人が簡単に回答できる一連の項目で構成されています。質問表では、精神症状(悲しみ、罪悪感、絶望など)、身体症状(疲労、筋肉痛、睡眠の問題など)および関連症状(過敏性、体重変化、薬物使用など)についての項目からなります。

うつ病に関する神経心理学的要因を評価するためのバッテリーについての説明

いくつかの認知能力の変化はうつ病の指標となり得ます。認知能力の一般的なプロフィールは、この疾患による認知の変化がどれほど強いかを示すことができます。

いくつかの精神症状や身体症状、関連症状は、様々な認知能力の欠損に起因する可能性があります。これは、うつ病テスト(CAB-DP)で評価される領域および認知能力です。

注意力:注意を払い、関連情報に集中する能力。

  • 集中的注意: 集中的注意とうつ病。集中的注意は、注意の持続時間に関係なく、物体の刺激に焦点を当てる能力です。しばしば、うつ病を患う人は、よりネガティブな出来事や考えに集中し、それぞれの状況に合った刺激や出来事に注意を払うことが困難です。
  • 抑制:抑制とうつ病。抑制とは、衝動的(または自動的)反応を抑制または制御し、注意および推論による反応を生成する能力です。うつ病の人は、否定的な考えを抑えることが困難であり、同時に、行動の妨げにつながる過剰な抑制を示すことがあります。
  • モニタリング力:モニタリング力とうつ病。モニタリング力は、実行している行動を監視し、元々の行動計画に従っているかどうかを確認する能力です。うつ病の人は、自分の行動を監視し、特に、実際よりも自分が悪いことをしていると考える傾向があり、認知問題を抱えている可能性があります。

知覚:周囲の環境の刺激を解釈する能力。

  • 視覚:視覚とうつ病。 視覚は、目が周囲の環境について知らせる情報を解釈する能力です。うつ病の人には、視覚の変化があると指摘されています。極端な場合、白黒のコントラストの違いを検出するのが困難になります。視覚とうつ病。 視覚は、目が周囲の環境について知らせる情報を解釈する能力です。うつ病の人には、視覚の変化があると指摘されています。極端な場合、白黒のコントラストの違いを検出するのが困難になります。
  • 空間認識能力:空間認識能力とうつ病。空間認識能力は、地球での自分自身の位置を把握し、私たちを取り巻く物体を空間的に解釈する能力です。うつ病の人にとって、時空間の混乱が生じることは珍しいことではありません。

記憶力:新しい情報を保存・操作し、過去の思い出を回復する能力。

  • ワーキングメモリ:ワーキングメモリとうつ病。ワーキングメモリは、言語理解、学習および推定のような複雑な認知課題に必要な情報を保存し、操作する能力です。うつ病患者の記憶に関する研究では、ワーキングメモリを効果的に使うが困難であることを一貫して示しています。
  • 短期記憶:短期記憶とうつ病。短期記憶は、短時間の間に少量の情報を維持する能力です。海馬容積が減少するなどの神経伝達物質および神経機能変化の不均衡は、うつ病の人が短期記憶に問題を示す原因となる可能性があります。

実行機能と推理力:効率的に取得した情報を推敲する能力。(順序立てる、関係づける)

  • 認知の柔軟性:認知の柔軟性とうつ病。 認知の柔軟性は、脳が私たちの行動や思考を新しく変化した状況、あるいは予想外の状況に適応させる能力です。うつ病では、否定的な思考や罪悪感、無能といった悪循環に陥り、抜け出すことは非常に困難です。
  • 計画性:計画能力とうつ病。 計画性は、将来的に目標を達成するために最良の方法を心の中で体系化する能力です。うつ病を患っている人は、通常、計画力に変化があり、日常的に思考や計画を構成するのに問題がある可能性があります。
  • 処理速度:処理速度とうつ病。処理速度は、人がメンタルタスクを実行するのに必要な時間です。 抑うつ障害の患者の身体は、精神的にも肉体的にも遅くなり、思考の流れが遅くなります。

調整力:正確で順序通りの動きを効率的に行う能力。

  • 反応時間:反応時間とうつ病。反応時間とは、何かを知覚してからその刺激に答えるまでの時間を指します。うつ病を患う人は、通常、応答時間が遅くなります。
  • 目と手の協調性: 目と手の協調性とうつ病。目と手の協調性は、視覚的反応を必要とする手の運動をするのに効率的に動かす能力です。この能力が、うつ病によって変化を受けたとき、手の器用さや正確さの問題だけでなく、運動機能の鈍さが見られることがあります。いくつかの研究では、うつ病患者では、運動機能の遅さやドーパミンの不足のために目と手の協調性が変化する可能性があると示されています。

含まれる評価タスク

この多角的な科学リソースには、様々な評価タスクがあります。 ここではいくつか例をご紹介します:

  • 認識テスト WOM-REST:認識テストWOM-RESTはTOMM(Test of Memory Malingering)、視覚構成検査(VOT)、注意変動検査(TOVA)に基づいています。このタスクは、ユーザーの実行機能を評価し、刺激に応じて管理、行動するときの実行機能の強さを評価するのに役立ちます。
  • 速度テスト REST-HECOOR:このトレーニングは、従来の注意変動検査(TOVA)とフーパーの視覚構成検査(VOT)からインスピレーションを受けています。速度テストのREST-HECOORは、処理速度と反応時間の能力を検査するために設計された専門ツールです。
  • 逐次検定 WOM-ASM:これは、従来のコナーの持続処理課題(CPT)とウェクスラー記憶検査(WMS)の直接的および間接的な数値テストに基づいています。これにより、一時的な記憶域の容量や言語理解、推論のような複雑な認知タスクを実行を要する情報を操作する能力を評価することができます。
  • 識別テスト COM-NAM:識別テスト COM-NAMは、従来のNEPSYおよびTOMMテストに基づいています。この検査では、記憶におけるチャネリングおよび刺激の分類レベルが観察されます。さらに、ユーザーが認識動作をできるだけ速く実行する能力も観察することができます。

脳とうつ病

うつ病に関する心理的、行動的および認知的問題は、特定の脳の変化に基づいています。うつ病で変化する主な脳領域は、大脳辺縁系と前頭前野であり、互いに密接な関係があります。

大脳辺縁系:大脳辺縁系は、私たちの感情を識別し管理する脳構造の集まりによって形成されています。うつ病で変化すると思われる大脳辺縁系の構造は、主に海馬、扁桃体、大脳基底核、前帯状皮質、視床下部です。いくつかの研究では、うつ病の人の海馬量の減少が示めされており、うつ病に関するいくつかの認知障害を説明することができます。

前頭前皮質:前頭前皮質は脳の最も前側に位置し、計画性や他の実行機能などの高次脳機能を担います。うつ病の人の前頭前野と前頭前皮質には特別な関係性が見られました。背側皮質視覚路は、説教性、流暢さ、抑制、認知力の柔軟性、自己制御、計画性と意思決定など、通常うつ病で変化を受ける能力に関係しています。主に社会的行動や人格に関連する眼窩前頭皮質もまた、うつ病を患う人の体重減少を示します。

カスタマーサービス

うつ病の評価レポートの解釈、管理、機能についてご質問がある場合は、すぐに当社にご連絡ください。私たちの神気分障害専門チームがあなたの質問にお答えし、お手伝いさせていただきます。

科学的参考文献

参考文献: Peretz C, AD Korczyn, E Shatil, V Aharonson, Birnboim S, N. Giladi - Basado en un Programa Informático, Entrenamiento Cognitivo Personalizado versus Juegos de Ordenador Clásicos: Un Estudio Aleatorizado, Doble Ciego, Prospectivo de la Estimulación Cognitiva - Neuroepidemiología 2011; 36:91-9. [2] Horowitz-T Kraus, Breznitz Z. - ¿Puede el mecanismo de detección de errores beneficiarse del entrenamiento de la memoria de trabajo? Una comparación entre los disléxicos y los sujetos de control - un estudio de ERP - PLoS ONE 2009; 4:7141. [3] Evelyn Shatil, Jaroslava Mikulecká, Francesco Bellotti, Vladimír Burěs - Novel Television-Based Cognitive Training Improves Working Memory and Executive Function - PLoS ONE July 03, 2014. 10.1371/journal.pone.0101472 [4] Conners, C. K. (1989). Manual for Conners’ rating scales. North Tonawanda, NY: Multi-Health Systems. [5] Wechsler, D. (1945). A standardized memory scale for clinical use. The Journal of Psychology: Interdisciplinary and Applied, 19(1), 87-95 [7] Tombaugh, T. N. (1996). Test of memory malingering: TOMM. North Tonawanda, NY: Multi-Health Systems. [8] Stroop, J. R (1935). Studies of interference in serial verbal reactions. Journal of experimental psychology, 18(6), 643. [9] Hooper, E. H. (1983). Hooper visual organization test (VOT).

メールアドレスを入力してください。