このWebページのCookieについて

このWebサイトでは、Cookieを使用してオンライン体験を向上させています。Cookieの設定を変更せずにこのサイトを引き続き使用することにより、Cookieの使用について承諾したものとみなされます。詳しい情報を確認する、またはCookieの設定を変更するには、%1$s Cookieポリシー%2$sをご覧ください。

承認
ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
いますぐ、登録してください。

あなた自身のために評価・トレーニングを利用しますか。個人アカウントを作成しましょう。このタイプのアカウントは、あなたの認知能力を評価・トレーニングするために設計されています。

あなたの患者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。患者の管理アカウントを作成しましょう。このアカウントは、認知障害の検査、診断、および医療介入のために医療専門家(医師、心理学者など)をサポートするように設計されています。

あなたの家族や友人に評価・トレーニングを提供しますか。家族用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、あなたの家族がCogniFitの評価・トレーニングにアクセスできるように設計されています。

研究被験者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。研究用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、研究者が認知領域に関する研究を行うのに役立つように特別設計されています。

あなたの生徒のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。生徒の管理用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、子どもや生徒の認知障害の検査、診断、医療介入をサポートするために設計されています。

あなた自身のために利用(16歳以上)

loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

corporativelanding_test-parkinson_social_picture
  • パーキンソン病のオンライン神経心理学的評価テスト

  • 完全な認知スクリーニングを行いましょう

  • パーキンソン病の存在のリスク指標を評価する

今始める
loading

パーキンソン病のリスク指標を評価・検出するコンピュータバッテリーの説明

CogniFitのパーキンソン病のコンピューター化神経心理学評価バッテリー・Cognitive Assessment Battery for Parkinson(CAB-PK)は、 パーキンソン病に罹患している認知プロセスの症状、特徴および機能不全を迅速かつ正確に検出および評価することを目的とした一連の臨床試験および検証されたタスクからなる最先端の専門ツールです。

この最先端のオンラインパーキンソン病検査は、完全な認知スクリーニング、強みと弱みの把握、パーキンソン病のリスク指標評価、パーキンソン病の影響を受けた領域の把握を可能にする科学的リソースです。このテストは、いくつかのリスク要因を持つ若年成人、高齢者を対象としています。どの個人ユーザーもプロのユーザーも、この神経心理評価バッテリーを簡単に利用できます。

結果レポートは、30~40分程度かかるテスト終了後に自動的に表示されます。

パーキンソン病(AD)の診断には、気分障害、他の変性疾患、または他の病状による不適応症状・機能不全症状の可能性を除外するために、総合的な評価および徹底的な診断が必要です。

パーキンソン病の診断には、臨床歴、身体および神経検査、検査室の分析、スケール、神経画像検査および神経生理学的検査が最も効果的ですが、病気から生じる認知低下の度合いを知るには不十分です。障害の重症度を知るためには、徹底した臨床・神経心理学的評価を行うことが必要です。CogniFitはEPの医療診断を直接提供していないことに留意して下さい。このパーキンソン病の完全検査は、臨床検査の代替ではありませんので、専門的な診断の補助として使用することをおすすめします。

パーキンソン病評価のためのデジタルプロトコル(CAB-PK):

パーキンソン病検出のためのこの完全な認知評価は、質問表と神経心理学的検査の完全なバッテリーからなります。テストの所要時間は約30〜40分です。

パーキンソン病のリスクがある若年成人や高齢者は、パーキンソン病に関連する症状および兆候を評価する質問表に回答し、その後、単純なパソコンゲームのトレーニングやタスクを行う必要があります。

  • 質問表と診断基準:主な診断基準(DSM-5)を検出することを目的とした簡単な質問に答えると、パーキンソンの兆候や症状が示されます。質問表は、選別テストの意味も持っています。
  • 神経心理学的要因と認知プロフィールCAB-PKは、パーキンソン病について科学的文献に基づいて認識された主な神経心理学的な要因を評価するためのタスクバッテリーです。結果は、ユーザーの年齢や性別によって表で比較されます。
  • 完全結果レポート:パーキンソン病テスト終了後、Cognifitは、詳細な完全結果レポートを作成し、障害のリスク指標(低、中、高)および症状や兆候、認知プロフィール、結果分析、推奨事項やガイドラインを見ることができます。結果は、サポートのためのベースとなる貴重な情報を提供します。

心理測定結果

CogniFitのパーキンソン病認知テスト(CAB-PK)は特許を取得したアルゴリズムと人工知能(AI)技術を使用して、1000を超える変数を分析し、非常に満足のいく心理測定結果でパーキンソン病のリスクがあるかどうかを通知します。

神経心理学レポートの認知プロフィールは、高い信頼性と一貫性、安定性があります。このテストは、何度も繰り返された検査と測定プロセスによって検証されています。クロンバックのアルファ係数などの横断的な研究設計を参考にしています。再テスト信頼性では、1に近い値が得られ、高い信頼性と精度が得られました。

検証表を参照する

誰のためにつくられていますか?

パーキンソン病の評価用バッテリー(CAB-PK)は、次のようなパーキンソン病のリスク要因が疑われる若年成人、高齢者に適用できます。

すべての個人ユーザー・プロのユーザーも、この神経心理評価バッテリーを簡単に利用できます。この臨床プログラムを使用するのに、神経科学や情報科学に関する知識を持つ必要はありません。このプログラムは特に以下の人を対象にしています:

  • 医療専門家 ー患者を正確に評価し、完全結果レポートを提供します ー: CogniFitのパーキンソン病のための神経心理評価バッテリーは、検査や 診断、医療介入で医療のプロを支えます。症状および認知機能障害の検出は、この神経変性疾患を認識し、適切な神経心理学的治療の診断を導く第一歩となります。この有望な患者管理ソフトによって、様々な変数を研究し、パーソナライズされたレポートを作成することが可能です。
  • 家族、介護者、個人: ー 愛する人にパーキンソン病に関連する認知障害のリスクがあるかどうかを特定できますー:パーキンソン病に対する認知評価バッテリーは、質問表とオンラインで実践できる簡単なテストで構成された科学的リソースです。パーキンソン病で特定された様々な神経心理学的要因を専門知識がなくても評価することができます。結果の完全システムは、病気に関連する何らかの認知障害に罹患するリスクがあるかどうかを識別し、各症例の行動指針を示します。

メリット

パーキンソン病によって影響を受ける認知過程の症状、強み、弱み、特徴、機能不全を迅速かつ正確に評価するために科学的方法論に基づくこのコンピューターサポートを使用すると、様々なメリットがあります。

  • プロフェッショナルのツール:CogniFitのパーキンソン病の認知評価バッテリー(CAB-PK)は、神経変性疾患の専門家によって作成された専門的リソースです。認知テストは臨床的に特許を取得し、検証されています。 この最先端のツールは、世界中の科学界、大学、家庭、協会、財団、医療センターで利用されています。
  • 簡単に管理できます:神経科学や情報科学に関する知識がなくても、すべての個人、プロのユーザー(医療従事者、家族など)がこの神経心理評価バッテリーを利用できます。この検査と基準のインタラクティブなフォーマットは、迅速で効率的に管理できます。
  • 簡単に使えます:すべての臨床タスクは完全に自動化された方法で行われます。アクセシブルで楽しいものにするために、楽しいインタラクティブゲームの形で開発されており、理解しやすくなっています。
  • 詳細な結果レポート:パーキンソン病の認知評価バッテリー(CAB-PK)を使用することで、結果分析のために有効な完全システムを構築しているので、 迅速かつ正確なフィードバックを可能にします。臨床症状、弱み、強み、リスク指標を認識できる完全にわかりやすい情報を提供します。
  • 分析と推奨事項:この強力なソフトウェアは、数千もの変数を分析し、悪化タイプと個々のニーズに合わせた非常に詳細な推奨事項を提供できます。

どんな時にこのパーキンソン病テストを利用することがおすすめされますか?

この評価バッテリーでは、若年成人や高齢者におけるパーキンソン病に関連する症状や認知力の低下を示すリスクを信頼性を以て検査することが可能です。

高齢者がパーキンソン病またはパーキンソン病に関連する認知障害のリスクがあると疑われる場合は、できるだけ早くこの評価を行うことをおすすめします。早期発見することで、機能する段階でパーキンソン病の影響を受けた認知能力を維持できる認知刺激の治療および適切なプログラムを開始できます。

この神経心理評価バッテリーは、早期発症のパーキンソン病および若者における認知機能低下のリスクを認識することもできます。早期発症のパーキンソン病(49歳より前に診断を受けた)は、全パーキンソン病患者の10%に過ぎないと推定されていますが、何千人もの若者が罹患していることにも留意しなければなりません。この年齢では、機能および認知力の低下はまだ明らかに見られない可能性はありますが、理想的なのは、低下を最小限に抑えるためにできるだけ早く認知能力を刺激することです。

早期発見されておらず、ニーズに合ったツールを使っていないために、日常活動が困難になり、職場、社会環境または家族、感情領域で問題を引き起こす可能性があります。

したがって、パーキンソン病は、安静時の振戦を引き起こすだけでなく、注意力と記憶力の問題、視空間認識の変化、処理速度の遅れ、実行機能と言語機能不全など、さまざまな認知的側面にも影響します。パーキンソン病は、機能、労働および社会的機能の遅れや障害に関連しています。主な症状は以下の通りです。

運動機能障害:

最もよく知られている明らかな症状は、パーキンソン病で見られる運動機能の変化です。 振戦、固縮、無動および姿勢反射障害は、患者の日々の生活を大きく妨げる可能性があります。例えば、無動は、料理しているときに患者が時間内に反応するのを妨げ、水が沸騰して溢れたり、部屋から部屋に移動するという単純な行為が大変になったりする可能性があります。

言語力障害:

パーキンソン病を患う多くの人は、話す力と声に変化を経験します。さらに、病気の進行とともに問題が現れていきます。身体の他の部分に現れる症状(振戦、固縮、無動)は、発語や嚥下を行う筋肉でも起こり得ます。このようにして、パーキンソン病の人が質問に答える時間が長くなったり、構成を練るときに口ごもったりする可能性があります。

睡眠障害:

パーキンソン病患者の33%は不眠症を患っています。なぜなら、パーキンソン病では睡眠障害が一般的であるからです。パーキンソン病に共通する他のタイプの睡眠障害は、幻覚や日中の眠気、睡眠覚醒サイクルの変化です。これは、パーキンソン病患者が日中疲れていて、夜寝るのに苦労しているように感じることがあります。

心理状態の問題:

うつ病、不安、無関心など、パーキンソン病患者には、非運動症状があります。幻覚、妄想、衝動制御の喪失を経験し、不適切な行動を起こす可能性があります。そのため、パーキンソン病患者は悲しくなったり、以前好きだったことに興味がなくなったりすることは珍しいことではありません。

診断基準質問表の説明

パーキンソン病は、一連の症状および臨床的兆候を特徴とします。これらの指標は、パーキンソン病を疑う指標となり得ます。したがって、パーキンソン病の認知評価バッテリー(CAB-PK)の第一段階は、主要な診断基準や各年齢に合ったパーキンソン病の兆候および症状に適応するスクリーニング検査を行う質問表で構成されています。

ここに示された質問は、診断マニュアル、臨床質問表または評価尺度に見られるものと同様ですが、実際に、誰もが理解し回答できるように単純化されています。

  • 大人と高齢者の診断基準:評価対象者またはパーキンソン病検査対象者が簡単に回答できる項目で構成されています。:心理状態(うつ病、不安、無関心など)、睡眠(不眠症、日中の眠気、現実感の強い夢、 睡眠覚醒サイクル変化)、言語(発語、声、嚥下の変化など)。

パーキンソン病に関する神経心理学的要因を評価するためのバッテリーについての説明

いくつかの認知能力の変化はパーキンソン病の指標となり得ます。認知能力の一般的なプロフィールは、パーキンソン病による認知の変化の重度を示すことができます。

心理的状態、睡眠、言語および運動能力の問題は、様々な認知能力の欠損に起因する可能性があります。これらは、パーキンソン病検査(CAB-PK)で評価される認知領域および認知能力です。

注意力:注意を払い、関連情報に集中する能力。

  • 集中的注意:集中的注意とパーキンソン病。集中的注意は、注意の持続時間に関係なく、物体の刺激に焦点を当てる能力です。多くの場合、パーキンソン病患者は、適切な状況に合わせて刺激に集中するのに苦労します。これは、例えば、パーキンソン病患者が会話や出来事の最中に情報を失う原因となります。
  • 分割的注意:分割的注意とパーキンソン病。分割的注意は、異なる刺激やタスクに同時に対応する能力です。パーキンソン病の人は、タスクの需要が高いときに、注意力のエネルギーを管理するのに問題があります。このため、パーキンソン病の人は、運転する際に、すべてのニーズに対応することができず、問題を引き起こす可能性があります。
  • モニタリング力:モニタリング力とパーキンソン病。モニタリング力は、実行している行動を監視し、それが元々の行動計画に従っているかどうかを確認する能力です。パーキンソン病患者は、自分の行動を監視するときに、特にタスクのフィードバックがあまり明確でないとき、例えば、車の追い越しを正しく行っているか確認することが困難になる可能性があります。

知覚:周囲の環境の刺激を解釈する能力。

  • 視覚:視覚とパーキンソン病。 視覚は、目が周囲の環境について知らせる情報を解釈する能力です。パーキンソン病で影響を受ける皮質構造も視覚に関与しています。これにより、パーキンソン病の人は、この視覚情報を解釈することが困難になります。
  • 推定力:推定力とパーキンソン病。推定力は、解決不可能な場合に応答を予測したり生成したりする能力です。パーキンソン病の人はこの能力に変化があり、環境との相互作用の時(距離の推定)、または監視する(時間の推定)の際に問題を生じる可能性があります。

記憶力:新しい情報を保存・処理し、過去の思い出を回復する能力。

  • ワーキングメモリ:ワーキングメモリとパーキンソン病。ワーキングメモリは、言語理解、学習および推定のような複雑な認知課題に必要な情報を保存し、操作する能力です。パーキンソン病に関連するワーキングメモリの欠損は、書き言葉や話し言葉、受け取った情報を理解することが困難である可能性があります。
  • 短期記憶:短期記憶とパーキンソン病。短期記憶は、短時間の間に少量の情報を維持する能力です。パーキンソン病では、例えば、読み取られた情報の理解を妨げる可能性があります。
  • 文脈記憶:文脈記憶とパーキンソン病。文脈記憶は、特定の記憶の実際の情報源を記憶して区別する機能です。パーキンソン病の人は、特定のフレーズを言った人やニュース記事を読んだ場所などを覚えるのが困難になる可能性があります。

実行機能と推理力:効率的に取得した情報を推敲する能力。(順序立てる、関係づける)

  • 計画:計画能力とパーキンソン病。 計画は、将来的に目標を達成するために最良の方法を心の中で体系化する能力です。パーキンソン病の人は通常、計画に変化が見られ、例えば、レシピ通りに作るためにどのような食材が必要か計画するなど、続けて行動するのに問題を引き起こす可能性があります。
  • 処理速度:処理速度とパーキンソン病。処理速度は、メンタルタスクを実行するときに必要となる時間です。パーキンソン病では、動きの速度が減速するだけでなく、精神的な処理の速度も低下します。これは、パーキンソン病の人が情報を覚えたり、問題を解決するためにより多くの時間を必要とすることを意味します。

調整力:正確で順序通りの動きを効率的に行う能力。

  • 反応時間:反応時間とパーキンソン病。反応時間とは、何かを知覚してからその刺激に答えるまでの時間を指します。パーキンソン病に現れる主な運動障害の1つは、運動緩慢または運動減速です。したがって、パーキンソン病患者の反応時間は、食べたり、服を着たりする時など、身体活動を行うのにより長い時間が必要になることがあります。(つまり、動きがより遅くなる)

含まれる評価タスク

この多角的な科学リソースには、様々な評価タスクがあります。 ここではいくつか例をご紹介します:

  • 速度テスト REST-HECOOR :このトレーニングは、注意変動検査(TOVA)とフーパーによるフーパー視覚構成検査(VOT)のテストからインスピレーションを受けています。
  • 連続テスト WOM-ASM :このトレーニングは、コーナーのテスト(CPT)と、Wechsler Memory Scale(WMS)の直接的および間接的な数値テストを基に作られています。これにより、一時的な記憶量と、言語理解・推論のような複雑な認知タスクを要する情報を処理する能力を評価できます。
  • 識別テスト(COM-NAM):COM-NAMの識別テストは、NEPSYおよびTOMMテストに基づいています。このテストでは、記憶のチャネリングおよび刺激の分類のレベルが観察されます。
  • 復号化テスト VIPER-NAM:この評価タスクでは、コークマン、カーク、1998年のkempテスト(NEPSY)を統合させて作られました。ユーザーが効率的に解読、認識、理解するために使う認知エネルギーの量を測定し、呼称、反応時間および処理速度を測定することを可能にします。

脳とパーキンソン病

パーキンソン病の人々は、振戦や運動障害だけでなく、病気によって認知レベルで脳の変化にネガティブな結果をもたらします。主にパーキンソン病によって変化する大脳領域は黒質、つまり大脳基底核です。

黒色物質:黒質は、神経伝達物質「ドーパミン」を生成するドーパミン作動性ニューロン群であり、「ニューロメラニン」と呼ばれる要素によって着色され、黒色になります。これらのドーパミン作動性ニューロンの軸索は、大脳基底核の他の核とつながっています。パーキンソン病では、黒質と大脳基底核の間のドーパミンの結合を切断、または妨げたり、黒質のニューロンが破壊されたりします。

大脳基底核:大脳基底核とは、脳の基底に位置する皮質下構造です。大脳基底核の主な機能は、随意運動の制御と運動能力の学習です。ドーパミンは、大脳基底核の正確な機能における基本的な神経伝達物質です。黒質のドーパミン作動性ニューロンが死滅すると、基底核が不規則に作用し、パーキンソンの症状、パーキンソン病の特徴である固縮や無動、ならびにある程度の認知症が生じます。

カスタマーサービス

パーキンソン病のレポート内容の解釈、管理、機能についてご質問がある場合は、すぐに当社にご連絡ください。私たちの神経変性疾患専門チームがあなたの質問にお答えし、お手伝いさせていただきます。

科学的参考文献

参考文献: • Peretz C, AD Korczyn, E Shatil, V Aharonson, Birnboim S, N. Giladi - Basado en un Programa Informático, Entrenamiento Cognitivo Personalizado versus Juegos de Ordenador Clásicos: Un Estudio Aleatorizado, Doble Ciego, Prospectivo de la Estimulación Cognitiva - Neuroepidemiología 2011; 36:91-9. • Evelyn Shatil, Jaroslava Mikulecká, Francesco Bellotti, Vladimír Burěs - Novel Television-Based Cognitive Training Improves Working Memory and Executive Function - PLoS ONE July 03, 2014. 10.1371/journal.pone.0101472. • Korczyn dC, Peretz C, Aharonson V, et al. - El programa informático de entrenamiento cognitivo CogniFit produce una mejora mayor en el rendimiento cognitivo que los clásicos juegos de ordenador: Estudio prospectivo, aleatorizado, doble ciego de intervención en los ancianos. Alzheimer y Demencia: El diario de la Asociación de Alzheimer de 2007, tres (3): S171. • Shatil E, Korczyn dC, Peretzc C, et al. - Mejorar el rendimiento cognitivo en pacientes ancianos con entrenamiento cognitivo computarizado - El Alzheimer y a Demencia: El diario de la Asociación de Alzheimer de 2008, cuatro (4): T492. • Haimov I, E Hanuka, Y. Horowitz - El insomnio crónico y el funcionamiento cognitivo entre los ancianos - Medicina del comportamiento del sueño 2008; 6:32-54. • Thompson HJ, Demiris G, Rue T, Shatil E, Wilamowska K, Zaslavsky O, Reeder B. - Telemedicine Journal and E-health Date and Volume: 2011 Dec;17(10):794-800. Epub 2011 Oct 19. corporativelanding_test-parkinson_130

メールアドレスを入力してください。