ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
ご使用のプラットフォームを選択してください
いますぐ、登録してください。
loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

うつ病と脳うつ病と脳

うつ病と脳

時には、私たちは、寂しさ、不幸、落胆、情けなさを感じたりすることがあります。重度なうつ病(MDD)は、これらの感情が激しくなり、数週間もしくは、もっと長い時間続く事があります。それらは、空虚感、不満や怒り等の深い感情からきているものです。 Pubmed Health によると、うつ病の症状は次の通りです。:"動揺、落ち着きのなさ、神経過敏、食欲の極端な変化、頻繁な体重増加、集中力の問題、疲労、エネルギー不足、絶望感、無力感、無価値、嫌悪、自己嫌悪、罪悪感、孤立する傾向、以前楽しんでいた活動への興味の喪失、死や自殺への思考、不眠、もしくは、過度な眠気" 重度なうつ病は、様々な症状により、日常生活、個人的な人間関係、職場、学校、家族において妨げになります。

構造の変化は、常に重度なうつ病と関連付けられています。3年間にわたる研究で対象者を比較すると、うつ病のある患者は、海馬、前部帯状束、左扁桃体、右背内側前頭前皮質のたんぱく質の密度の減少がみられました。その上、3年の期間を通じて、うつ病が治まってきた患者たちは、うつ病が続いた患者たちより、海馬の左部、前部帯状束の左部、背内側前頭前皮質の両部のたんぱく質の減少が少なかったのです。

脳構造の劣化が認知機能の低下を伴っています。このようなケースは、監視性、柔軟性、注意を持続したり、分割したりする機能の減退のように、頻繁に認知的低下にみられます。また、うつ病と認知劣化の重症度は、心理社会的機能に関連付けられていると見受けられます。個々の神経認知のプロフィールは、認知障害の性質や、程度によってそれぞれ異なっています。言語学習、記憶力と同様に実行機能は、注意力機能よりも、保持されます。

うつ病が引き起こす重度の症状によっては、心理療法と、薬物投与が必要になります。うつ病によって引き起こされる神経認知と神経心理の劣化と、日常機能、心理社会的機能において、どちらもが認知機能に関係しています。認知機能を維持するための方法を模索する事をお勧めします。このように、チェコ共和国プラハ精神医学センター[3]において行われた認知トレーニングコンセプトの最近の実験の結果は、初めてオンライン認知トレーニングはうつ病を減少させ、うつ病の人における認知能力 を向上させるということを示しました。この研究では、単極性うつ病と、双極性うつ病の外来患者のグループの結果です。一週間に3回を8週間続けて、科学的に検証されたCogniFitオンライン認知トレーニングで訓練している患者と、スタンダードな治療を受けていて、認知トレーニングをしていない患者とを比較をしました。結果は、CogniFitでトレーニングしたグループにおいては、そうでないグループと比べてうつ病のレベルがはっきりと下がったことを示しています。また、CogniFitのグループの患者は生活の質の向上を報告しました。コントロール機能(推論と計画力)において、失敗の数がすくなく、および、日常的活動の記憶の衰えの数も少ないという数字の結果を示しました。

参照

[1] フロル・TS、N・コウツソェリス、N・ボトレンダー、C・ボーン、M・ジャガー、3年間における脳形態におけるうつ病関連の変化:ストレスの影響とは?一般精神医学のアーカイブ。2008年65(10):1156-1165

[2] ゴダー・J、グロンディン・S、バルーク・P、ラフルール・MF、スクピン・I、ライザー・M、メラー・H、メイセンザー・EM 大うつ病性障害と双極性障害のうつ病患者の心理社会的および神経認知プロファイル、精神医学研;アヘッド電子出版2011年7月

[3]プレイス・M、 Čermáková R、 シメマノヴァ・D. オンラインの認知機能によるリハビリ:CogniFitのプロ不ラムの可能性。イスタンブール、心理学ヨーロッパ議会、第12回で発表されました。2011年7月

メールアドレスを入力してください。