このWebページのCookieについて

このWebサイトでは、Cookieを使用してオンライン体験を向上させています。Cookieの設定を変更せずにこのサイトを引き続き使用することにより、Cookieの使用について承諾したものとみなされます。詳しい情報を確認する、またはCookieの設定を変更するには、 Cookieポリシー をご覧ください。

承認
ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
CogniFitへようこそ! 研究者のためのCogniFitへようこそ!

あなた自身のために評価・トレーニングを利用しますか。個人アカウントを作成しましょう。このタイプのアカウントは、あなたの認知能力を評価・トレーニングするために設計されています。

あなたの患者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。患者の管理アカウントを作成しましょう。このアカウントは、認知障害の検査、診断、および医療介入のために医療専門家(医師、心理学者など)をサポートするように設計されています。

あなたの家族や友人に評価・トレーニングを提供しますか。家族用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、あなたの家族がCogniFitの評価・トレーニングにアクセスできるように設計されています。

研究被験者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。研究用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、研究者が認知領域に関する研究を行うのに役立つように特別設計されています。

あなたの生徒のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。生徒の管理用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、子どもや生徒の認知障害の検査、診断、医療介入をサポートするために設計されています。

loading

ご自身でご使用になる場合(16歳から)。16歳未満のお子様は、CogniFit ファミリープラットフォームをご利用いただけます。

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

科学的確証

科学的確証

デジタル・セラピー

科学出版

CogniFitを特定の疾患に使用することを検証し、将来的にデジタルセラピーを提供できるよう、外部機関による厳密な科学的研究が行われています。

以下では、査読付き科学雑誌ですでに発表された障害に関する研究を見ることができます。

このページは、純粋に情報を提供するものです。CogniFit社が臨床研究に参加する目的は、認知障害に影響される一般的な認知能力を改善するための、将来のデジタル治療製品を検証することにあります。CogniFitは、FDAが承認した障害を治療する製品を販売しません。CogniFitの症状を治療する製品は、現在、検証中です。ご興味のある方は、 CogniFit社の研究プラットホームをご覧ください。CogniFitはいずれの研究にも出資していません。Evelyn Shatil氏はCogniFitの科学的ディレクターであり、サポート役としていくつかの研究を共同執筆しています。CogniFit社の製品を使用することで生じる既知のリスクや安全性の問題はありません。しかし、製品はコンピュータを介して提供されるため、場合によっては、不良姿勢症候群、眼精疲労や目のかすみ、頭痛、その他のコンピュータ関連の問題を引き起こす可能性があります。

認知機能トレーニングは、不眠症の高齢者の睡眠の質と認知機能を改善します

この研究は、その永続的なパーソナルトレーニングを示し、同時に大人の認知力向上と不眠症問題を解決するには最適と認証しました。

Haimov I, Shatil E (2013) 認知トレーニングは不眠症成人睡眠の質と認知機能を向上させます。. PLoS ONE 8(4): e61390. doi:10.1371/journal.pone.0061390

PubMedでもっと記事を読む。

多発性硬化症患者の自宅での個別化された認知トレーニング:順守と認知能力に関する研究

調査結果は、認知訓練が大幅に多発性硬化症患者で幅広いスキルを向上させることができることを示す明らかな証拠である。

Shatil E, A Metzer, Horvitz O, Miller R. (2010) Home-based personalized cognitive training in MS patients: a study of adherence and cognitive performance. Neurorehabilitación; 26:143-53.

PubMedでもっと記事を読む。

高齢者の慢性不眠症と認知機能

認知スキルの採点の利用を通して、この件きゅでは、不眠症は健康な高齢者のいくつかの認知機能に有害な影響を持つ恐れがある。

Haimov I, E Hanuka, Y. Horowitz - 高齢者の慢性的な不眠症と認知機能 - 行動睡眠医学 2008年; 6:32-54.

PubMedでもっと記事を読む。

座りがちな高齢者の歩行に対する認知機能改善の効果

CogniFitの個人トレーニングプログラムにより、座りがちや、ゆっくりとした歩き方や、事故のリスクのある方などの運動能力のリハビリに役立ちます。

Verghese J, J Mahoney, Ambrosio AF, Wang C, Holtzer R. - 歩行障害のため座っている時間が多い高齢者の歩行において認知リハビリテーションの効果がみられた。- J Gerontol A Biol Sci Med Sci. 2010年12月;65(12):1338-43.

PubMedでもっと記事を読む。

エラー検出メカニズムは、ワーキングメモリのトレーニングから恩恵を受けることができますか?ディスレクシアと対照の比較:ERPの研究

ディスレクシアの大学生がCogniFit個人ーニングプログラムでトレーニングすると、脳活動、ワーキングメモリー、読解力が大幅に向上して、トレーニングの後6か月まで結果が続きます。

Horowitz-T Kraus, Breznitz Z. - ディレクシアにおいて、実験体験者と、被験者の間で記憶トレーニングはエラーメカニズムに改善がみられるか?- ERP研究 - PLoS ONE 2009年; 4:7141.

PubMedでもっと記事を読む。

単極性および双極性障害におけるパーソナライズされた認知トレーニング: 認知機能に関する研究

CogniFitの個人トレーニングプログラムは認知力を向上し、うつ病も著しく減少させ、変化への対応、集中力散漫、双極性感情障害、単極性障害者の管理ポイントを向上させました。

Preiss M, Shatil E, Cermakova R, Cimermannova D, Flesher I (2013), Personalized cognitive training in unipolar and bipolar disorder: a study of cognitive functioning. Frontiers in Human Neuroscience doi: 10.3389/fnhum.2013.00108.

PubMedでもっと記事を読む。

知的発達障害者のためのコンピュータを用いた認知トレーニング:パイロットスタディ

この研究は知的発達障害に希望的な結果を生み出しています。まず、CogniFit の個人脳トレーニングを行った参加者は著しい脳の向上を発表しております。第二に参加者の100%はプログラムを完了いたしました。

ジェームス・シベルスキー、エヴェリン・シャティル、カロル・シベルスキー、マギー・ブッチャー、オウブレイ・フレンチ、サラ・ホルトン、レイチェル・F.・ロエフラット、フィリップ・ローズ。精神障害者用のコンピューターに基ずいた認知トレーニング。アルツハイマーとその他の精神障害、アメリカンプレス。doi: 10.1177/1533317514539376

PubMedでもっと記事を読む。

ADHDの子供および読解障害を併発したADHDの子供における執行機能および読解力に対する認知トレーニングの効果の違い

CogniFitのパーソナライズされたトレーニングは、ADHDや読解力に問題のある青年の読解速度と正確さを改善し、処理速度、空間知覚、記憶測定を強化しました。

Horowitz-Kraus, T. (2013). Differential Effect of Cognitive Training on Executive Functions and Reading Abilities in Children With ADHD and in Children With ADHD Comorbid With Reading Difficulties. Journal of Attention Disorders, 19(6), 515–526. https://doi.org/10.1177/1087054713502079

PubMedで記事全文を見る

糖尿病により認知症のリスクが高まった高齢者に対するコンピュータベースの認知トレーニング:ランダム対照試験の結果

CogniFitのパーソナルトレーニングは、糖尿病により認知症のリスクが高い高齢者において、記憶と非記憶の両方を含む総合的な認知状態の改善に成功しています。

Bahar-Fuchs, A., Barendse, M. E. A., Bloom, R., Ravona-Springer, R., Heymann, A., Dabush, H., Bar, L., Slater-Barkan, S., Rassovsky, Y., & Schnaider Beeri, M. (2019). Computerized Cognitive Training for Older Adults at Higher Dementia Risk due to Diabetes: Findings From a Randomized Controlled Trial. The Journals of Gerontology: Series A, 75(4), 747–754. https://doi.org/10.1093/gerona/glz073

PubMedで記事全文を見る

メールアドレスを入力してください。