ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
ご使用のプラットフォームを選択してください
いますぐ、登録してください。
loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

真剣にあなたもメンタルトレーニングしてください。

私たちの脳は、絶え間なく活動し続け、常に耳を傾け、学んでおり、私たちの指示に従い、問題を解決し感情や欲望に対応し喜びも悲しみも思い出したりしています。私たちの脳は、私たちの一番の親友です。しかし、ストレス増加、うつ病、薬物乱用などの環境条件などが、多発性硬化症、アルツハイマー病などの神経障害や、老化プロセスを引き起こし、これらは全て対応能力や、判断力や、学習能力、記憶能力機能に影響を及ぼします。科学の発達、教育レベルの上昇にも関わらず、あらゆる年齢においての認知障害 もしくは、認知機能レベルにおいての低下が益々みられるようになりました。これは、神経や発達の問題だけではなく、薬物摂取や、薬物乱用、肥満、運動不足に原因があるかもしれません。認知障害者が家庭、学校、職場での毎日の生活の行動に影響するために、研究者たちは、学習体験を向上させる特殊な技術を用いて、認知機能の維持または改善をしようとしています。これらの研究は、神経認知の脳の柔軟性を示す多くの科学的証拠にサポートされています。改善の一つの方法は、脳トレーニング、もしくは、認知トレーニングとも呼ばれるものです。認知機能の体系的脳トレーニングは、肉体的トレーニングが筋力や柔軟性を発達させるように、脳健康を維持し、向上し、記憶力、処理コントロール、バランス調整といったような認知機能の発達を目的としております。状況に応じて、脳トレーニングは、単独、もしくは、処方される薬物と組み合わせて適用することができます。

認知トレーニングについての文献にて、もっとも効果的である条件の一つには、トレーニングは、科学的根拠に基づく基礎理論に恵まれていないといけないということを薦めています。したがって、トレーニングプロセスは、一生を通じての人間の認知発達の科学理論に基づいている必要があります。例えば、高齢者を対象とする脳トレーニングプログラムにおいては、年齢によるプロセス速度の低下、処理コントロールの理論、注意力、阻害力、複数の作業実行力、作業記憶のような機能においての能力低下が考えられます。

真剣にあなたもメンタルトレーニングしてください。

研究者たちによって確定された第二の必要条件では、認知トレーニングプログラムは、それぞれ一人一人が訓練システムに適応するため個別化した学習に焦点をあてる必要があります。トレーニングシステムに置ける研究は、トレーニングで、動作適応フィードバック・メカニズムを実行したとき、認知機能を著しく向上させることができる事を示しました。研究結果は、トレーニングを通して学習を最大限にし、能力を改善させるために、フィードバックは学習者に適切で、課題の練習において容易に理解し、適合しやすいものでなければならいと指示しています。

認知トレーニングの主な目的は、運転技術、個人財政管理、薬の服用の制御、社会適合力等の実際の生活における作業を容易にできるようにする事です。日常的な作業を実行する際に、多数の認知プロセスが同時に動作するので、研究者たちは、第三の条件を求めました。すなわち、それは複数の認知プロセスを(例えば、記憶力や、処理速度)統合し、活動を強化する、マルチド認知トレーニングです。

これらの三つの重要な必要条件が科学的に検証された脳トレーニングプログラムにおいて厳格に実行されたとき、広い範囲の多くの人に効果を表しました。この脳トレーニングプログラムは、健康な高齢者の認知能力を向上させました。多発性硬化症の人々においては、記憶力、注意力、処理速度が向上しました。読み書きに障害をもつ (ディスレクシア) 人々においては、理解力、読解力が向上し、歩行困難な転倒のリスクのある人々においては、歩行と動きに改善が見られました。

脳トレーニングの科学は、濃密であり、ディベートにつながる発見のエキサイティングな旅です。益々、高度なテクノロジーと、改良された学際的知識のお陰で、わたしたちは、健康な脳を維持するための最良の条件や状況が何であるかを探ることができます。この探求において、私たちは、細胞および、集団細胞レベルで脳の活動に関連するトレーニングを観察して、認知トレーニング後に、神経新生(新しい脳細胞の作成)について研究しています。私たちは、トレーニング後、神経メカニズムがどのように作成されるのかを研究しています。損傷していない脳の領域が他の脳領域によって支えられている機能を果たすために新しく学習し、そしてその知識は、更に増加するということが発見されています。今日、私たちは、認知トレーニングは、予備認知の容量を増大し、蓄積された知識と活発な脳の経験と一緒に認知障害に対して強力なプロテクションになるということを知っています。今後は、この知識を広げ、さらに具体的に、脳と神経疾患の領域に入って行くことができるでしょう。

しかし、脳トレーニングの今後の研究において人類にとって他の重要な問題に取り組まれるでしょう。例えば、認知機能を維持し、向上させるだけでなく、感情的、社会的回復のために人間の脳が鍛えられるかどうかを分析しなければいけないでしょう。同様に、物の善悪、平和、暴力、正義、不正義を区別するために、脳を鍛えることができるかどうかも調査しなければいけません。また、好き嫌いや、同意、異議についても訓練することができるかについてもです。教育、哲学、倫理学における討論は、脳研究が、教育制度に介入していくにつれて盛んになり、そして目的は既に前向きな健康で知的な脳だけではなく、道徳、社会価値の受容も目的になるでしょう。

メールアドレスを入力してください。