ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
いますぐ、登録してください。
loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

軽度認識障害

軽度認識障害

マーク・スペンサー、72歳、デトロイト。重要なことを忘れ始めました。決定したり、毎日の家事や用事を計画するのに苦労します。時々、良く知っている近所の道さえも分からなくなってしまいます。他の例では、会話を続けることが難しくなり、問題について落ち着いて合理的に対処することができなくなってしまいました。かれの親友であるジムとその妻ミラはこれらの変化にきづきました。マークは、日に日に悪化していたが、まだ生活を送ることができました。しかしながら、日に日に メンタルヘルスを心配するようになり、最後にはうつ病に陥ってしまいました。

マークは、認知障害の一つである軽度認知障害(MCI)、が発症している可能性があります。たとえ、自立した生活を維持する能力に影響しないかもしれませんが、普通の老化の特徴の認知機能の低下よりは深刻です。MCIは、何年もの間何も変化がなく安定する可能性があります。しかし、軽度の認知障害を持つ10パーセントほどの人がアルツハイマー病Alzheimerを発症します。他の例ではMCIは、時間と共に改善することが示されています。その原因は良くわかっていないのですが、検死分析は、軽度認知障害を持つ人の脳は、プラークや、神経原繊維変化、レビー小体型、海馬の損失の形成などのように、アルツハイマー病で観察されたものと類似の生物学的変化を起こしていた。これらの研究では、軽度認知障害と軽度の脳卒中、血流減少、フルコース利用の減少との間に関係性があることを示しました。高コレステロール、糖尿病、高血圧、喫煙、運動と社会的相互作用の欠如などの疾患もMCIとつながっています。。MCIの主要な危険因子は、年齢が進んでいるということです。次の危険な要因はAPOE-e4と呼ばれる遺伝子の存在です。MCIの治療のための食品医薬品局(FDA)によって承認されている薬は一つもありません。しかし、時には、医師や専門家は、アルツハイマー病に使用する薬を処方することができます。

幸いなことに、MCIの予防、安定化についての研究では重要な結果が得られました。雑誌Natureの最近の記事では、運動、脳のトレーニング、社交する事、健康的な食事、は、認知機能障害、軽度認知障害MCIや認知症へのリスクが低くさせるということが証明されたと説明があります。特に、著者は、脳の科学的研究結果を分析しています。:

"脳トレーニング: カナダの研究者たちは、軽度認知障害MCIをもっている15人の脳の活動を分析するためにMRIを用いました。被験者15人に新しい記憶方法を教えるように設計したプログラムから1週間後、その間に付け加えられたいくつかの脳領域において活性化があり、脳の無傷領域が、傷ついた領域の責任を引き受けることができたことを示唆しています。また、被験者たちは、テストにおいて優れた結果を発揮しました。認知的刺激や、認知症の多くの研究では、メンタル的な能力を高めるために設計されたコンピューターゲームを利用しています。このような脳のトレーニングの利用は、アルツハイマー病、および、関連疾患を持つ人々に前向きな結果を出します。"[1]

可能な限り、その劣化を遅らせるために脳の健康を維持すること、トレーニングすることは、非常に重要です。軽度の認知障害を持つ人々は認知症やアルツハイマー病に信仰する可能性がとても高いので、健康な脳を維持するための措置を採ることが重要です。

[1] デウィールド・S、活動することが最良の薬。運動や、社会的相互作用、地中海流食事療法は、実際、アルツハイマー病の認知機能の低下を食い止めることができるか?| 雑誌ネイチャー、S17、474号、2011年7月14日発行

メールアドレスを入力してください。