ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
いますぐ、登録してください。
loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

科学的確証

科学的確証

ここから全てが始まります。

科学的出版物

CogniFitは科学界において認められ、数々の科学系出版物以外においても発表され、確証されました。私たちは科学です。

CogniFit の個人トレーニングプログラムは精神患者の進歩を向上させます

この研究は知的発達障害に希望的な結果を生み出しています。まず、CogniFit の個人脳トレーニングを行った参加者は著しい脳の向上を発表しております。第二に参加者の100%はプログラムを完了いたしました。

ジェームス・シベルスキー、エヴェリン・シャティル、カロル・シベルスキー、マギー・ブッチャー、オウブレイ・フレンチ、サラ・ホルトン、レイチェル・F.・ロエフラット、フィリップ・ローズ。精神障害者用のコンピューターに基ずいた認知トレーニング。アルツハイマーとその他の精神障害、アメリカンプレス。doi: 10.1177/1533317514539376

PubMedでもっと記事を読む。

CogniFitの個人トレーニングプログラムは認知力を向上し、うつ病も減少します

CogniFitの個人トレーニングプログラムは認知力を向上し、うつ病も著しく減少させ、変化への対応、集中力散漫、双極性感情障害、単極性障害者の管理ポイントを向上させました。

Preiss M, Shatil E, Cermakova R, Cimermannova D, Flesher I (2013) うつ病と躁うつ病の個人トレーニング、認知力の研究。Frontiers in Human Neuroscience doi: 10.3389/fnhum.2013.00108.

PubMedでもっと記事を読む。

CogniFit 個人的認知トレーニングは成人の不眠症睡眠の質を向上させます。

この研究は、その永続的なパーソナルトレーニングを示し、同時に大人の認知力向上と不眠症問題を解決するには最適と認証しました。

Haimov I, Shatil E (2013) 認知トレーニングは不眠症成人睡眠の質と認知機能を向上させます。. PLoS ONE 8(4): e61390. doi:10.1371/journal.pone.0061390

PubMedでもっと記事を読む。

脳トレーニング 対 身体活動

身体活動およびエアロビクス・エクササイズによって知覚の認知的な向上はもたらされない一方で、CogniFitの脳トレーニングは健康な80歳以上の成人の認知機能を高めます。

Shatil E (2013). 認知トレーニングと身体運動を組み合わせた方が、どちらか一方だけを行うよりも認知能力を高めるでしょうか?健康な成人間で行ったコントロールされた4つの無作為条件下の比較試験。Front. Aging Neurosci. 5:8. doi: 10.3389/fnagi.2013.00008

Frontiersでもっと記事を読む。

CogniFit の個人認知トレーニングVSビデオゲーム

高齢者の認知機能を改善する為には従来のコンピュータゲームの使用よりもCogniFitトレーニングのほうが効果的である。

Peretz C, AD Korczyn, E Shatil, V Aharonson, Birnboim S, N. Giladi - コンピュータープログラムに基づいて、個人別認知トレーニング対、従来のコンピューターゲーム。無作為化、二重盲検法、認知刺激の未来学- ニューロエピデミオロジー 2011年; 36:91-9.

PubMedでもっと記事を読む。

多発性硬化症患者用のCogniFit個人トレーニングプログラム

調査結果は、認知訓練が大幅に多発性硬化症患者で幅広いスキルを向上させることができることを示す明らかな証拠である。

Shatil E, A Metzer, Horvitz O, Miller R. - 多発性硬化症患者の自宅で認知個人別トレーニングに基づいたもの。: アドヒアランスと認知能力に関する研究-神経リハビリテーション 2010年; 26:143-53.

PubMedでもっと記事を読む。

CogniFit の個人トレーニングプログラムは仕事での記憶力や対応の向上に役立ちます。

この研究はCogniFit個人トレーニングプログラムを使用した高齢者達の仕事での記憶力や対応速度を飛躍的に向上する事を証明しております

エヴェリン・シャティル、ハロスラバ・ミクレッカ、フランシスコ・ベロッティ、ブラディミール・ブレス- ノーベルテレビジョン- 認知トレーニングに基づいき仕事での記憶力や対応能力の向上- PLoS ONE July 03, 2014. 10.1371/journal.pone.0101472

PubMedでもっと記事を読む。

CogniFitの個人トレーニングプログラムは高齢者の間での認知能力の向上をいたします

コンピュータゲームをプレイした人はCogniFiの個人トレーニングプログラムを用いたものよりも著しく低い向上率を立証いたしました。第10回国際香港/スプリングフィールド・パン・アジアシンポジウムでアルツハイマー病治療の進歩について発表 2008年2月28、29日、3月1日。.

Korczyn dC, Peretz C, Aharonson V, et al. - CogniFit認知トレーニングソフトウェアは、認識能力において従来のコンピュータープログラムゲームよりも大きな改善をさせる。:高齢者を対象とした無作為化、二重盲目検介入における前向きな研究。アルツハイマーと認知症:アルツハイマー病協会のジャーナル 2007年,(3): S171.

プレゼンテーションの概要をダウンロードする。

CogniFit の個人トレーニングプログラムは高齢者の認知力向上いたします。

研究結果は、体系的かつ、パーソナライズされたトレーニングはいくつかの重要な機能を改善できることを示し、これはアルツハイマー病に関するアルツハイマーICAD国際協会のコンファレンスにて発表された。2008年7月26日から31日 マコーミックプレイス、 シカゴ

Shatil E, Korczyn dC, Peretzc C, et al. - コンピュータ化された認知機能の訓練を受けた高齢患者の認知能力を向上させる- アルツハイマー病や認知症: アルツハイマー協会のジャーナルにて2008年, (4): T492.

プレゼンテーションの概要をダウンロードする。

CogniFit の個人トレーニングプログラムは座りがちな高齢者の運動能力の向上いたします。

CogniFitの個人トレーニングプログラムにより、座りがちや、ゆっくりとした歩き方や、事故のリスクのある方などの運動能力のリハビリに役立ちます。

Verghese J, J Mahoney, Ambrosio AF, Wang C, Holtzer R. - 歩行障害のため座っている時間が多い高齢者の歩行において認知リハビリテーションの効果がみられた。- J Gerontol A Biol Sci Med Sci. 2010年12月;65(12):1338-43.

PubMedでもっと記事を読む。

CogniFitの認知トレーニングはディスレクシアの学生においてを能力を向上いたします。

ディスレクシアの大学生がCongFitの個人認知トレーニングを使用後、彼らの脳の活動、記憶力、読書における集中力は大幅に改善され、6ヵ月間トレーニングの功績が確認されました。

Horowitz-T Kraus, Breznitz Z. - ディレクシアにおいて、実験体験者と、被験者の間で記憶トレーニングはエラーメカニズムに改善がみられるか?- ERP研究 - PLoS ONE 2009年; 4:7141.

PubMedでもっと記事を読む。

高齢者の慢性的な不眠症と認知機能

認知スキルの採点の利用を通して、この件きゅでは、不眠症は健康な高齢者のいくつかの認知機能に有害な影響を持つ恐れがある。

Haimov I, E Hanuka, Y. Horowitz - 高齢者の慢性的な不眠症と認知機能 - 行動睡眠医学 2008年; 6:32-54.

PubMedでもっと記事を読む。

オンライン技術を使用して、高齢者の認知機能の健康のアセスメント

CogniFitの神経心理学的評価システムは、高齢者における健康オンラインホリスティック査定のモデルとして検証されています。

Thompson HJ, Demiris G, Rue T, Shatil E, Wilamowska K, Zaslavsky O, Reeder B. - 遠隔医療ジャーナルとEヘルス Date and Volume: 2011年12月;17(10):794-800. Epub 2011年10月19日

PubMedでもっと記事を読む。

CogniFit の認知評価はアメリカの海軍の飛行士をより安全にする為に役立ちます。

パイロットの疲労は軍と民間輸送の安全性と有効性の主要な問題や脅威の一つであります。米海軍は、パイロットの認知疲労を予測し、安全性への悪影響を減らすためにCogniFit認知評価を使用しております。

ジョセフF.チャンドラー、リチャード·D·アーノルド、ジェフリー·B·フィリップス、アシュリーE. ターンマイル -睡眠不足に対応して個人差を予測:現在の技術の適用- 航空、宇宙、そして環境医学- 九月2013; 84(9):927-37

PubMedでもっと記事を読む。

メールアドレスを入力してください。