このWebページのCookieについて

このWebサイトでは、Cookieを使用してオンライン体験を向上させています。Cookieの設定を変更せずにこのサイトを引き続き使用することにより、Cookieの使用について承諾したものとみなされます。詳しい情報を確認する、またはCookieの設定を変更するには、 Cookieポリシー をご覧ください。

承認
ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
いますぐ、登録してください。

あなた自身のために評価・トレーニングを利用しますか。個人アカウントを作成しましょう。このタイプのアカウントは、あなたの認知能力を評価・トレーニングするために設計されています。

あなたの患者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。患者の管理アカウントを作成しましょう。このアカウントは、認知障害の検査、診断、および医療介入のために医療専門家(医師、心理学者など)をサポートするように設計されています。

あなたの家族や友人に評価・トレーニングを提供しますか。家族用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、あなたの家族がCogniFitの評価・トレーニングにアクセスできるように設計されています。

研究被験者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。研究用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、研究者が認知領域に関する研究を行うのに役立つように特別設計されています。

あなたの生徒のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。生徒の管理用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、子どもや生徒の認知障害の検査、診断、医療介入をサポートするために設計されています。

ご自身でご使用になる場合(16歳から)。16歳未満のお子様は、CogniFit ファミリープラットフォームをご利用いただけます。

loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

corporativelanding_FuncionesCerebrales_social_picture
このページは情報提供のみを目的としています。病気を治療する商品は販売しておりません。病気を治療するためのCogniFit製品は現在検証実施中です。ご興味がある場合は、 CogniFit研究プラットフォームにアクセスしてください。
  • 臨床診療へのアクセス。基本的な脳機能を探ります

  • 刺激し、あなたの脳の機能を高めるのに役立ちます

  • あなたの日常の認知活力を向上しましょう。無料でお試しください!

今始める
loading

脳の機能とは何ですか?

我々 は中枢神経系 (SNC) の一環として、脳の機能は、体と心の機能の大部分を規制することを言うことができます。呼吸や心拍数、睡眠、空腹または性的本能など基本的な機能を通過として重要な機能が含まれていますこの思考、記憶、またはトーク機能としては高い。

脳の部分で、最も基本的な生命機能が最も古い脳の構造によって、どのように測定されるのかを分析します。つまり、後脳(延髄、隆起、小脳)と中脳にあるものです。対照的に、推論、記憶、注意などの優れた脳機能は、皮質の一部である大脳半球と脳葉によって制御されます。

認知機能は何ですか?

認知機能は、私たちは、受信選択、格納、処理、プロセスおよび環境から情報を取得することを可能にする精神的なプロセスです。これにより私たちは理解し、私たちの周りの世界に関係することができます。

一日の間で、私達は継続的に脳の機能を使用しています。あなたはおいしい朝食を準備したいですか?あなたは本を読みたいですか?運転しますか?友達と刺激的な話をしますか?

認知機能とは?

多くの場合、我々が上級認知機能と呼ぶのはつまり、世界を理解し溶け込む為の認知能力の事です。時には別々として研究致しますが、認知機能は相互に関係し、時には重なります。主な認知機能はどれなのかを見てみましょう。

注意注意は、単純な定義、具体的な解剖学的構造に還元することはできず、それがいくつかの異なるプロセスを含むため、単一のテストでは評価することができない非常に複雑で精神的なプロセスです。簡単に言うと、注意は脳に同時に到達する刺激、外部(匂い、音、画像など)と内部(思考、感情など)の両方から選択する認知機能であると言えます。それらは運動や精神活動をするのに有益で適切です。基本的に、それらは一連のプロセス全体であり、複雑性は異なり、残りの認知機能を適切に行うことができます。ソールバーグやマティーア の階層モデル(Sohlberg & Mateer, 1987; Sohlberg & Mateer, 1989),によると、複雑性が多いか少ないかによっては、様々な種類の注意が存在します。

注意集中力 注意している事です。刺激に対して反応する能力。

継続集中力 なくとも3分の期間、集中力を維持する能力であります。通常これを集中力と呼ばれます。本を読む時、我々は集中しております。

選択集中力 雑音などの周囲の必要とされない刺激を無視し、作業に対して集中力を失わない能力となります。先ほどの例ですと、洗濯機が急に音をし始めたり、音楽を聴きながら本を読む事を可能と致します。

交互の集中力 それは私たちが流動的に別のタスクから我々の集中力を変更する事を可能とする精神的な柔軟性です。例えば本を読んでいて、自分の好きな曲が流れた時、少々読む事をやめ、その曲を歌ったり聞いたりするかもしれません、しかし、読んでいた時点で再開する事が出来ます。

分散集中力 同時に異なった作業を行う為の能力の事です。例えば、友達と喫茶店で話しながら、ラインでメッセージを送ったり、料理しながら同時に電話したり、テレビを見たり、音楽を聴いたり。。

注意を払うための単一の解剖学的構造はありませんが、これらのプロセスに関与する回路はいくつかあります。ポズナーとピーターセンのモデル(Posner&Petersen、1990)によると、3つの注意システムが区別されています:

網状システムや覚醒:、状態、または大脳皮質に達する感覚刺激の処理を最適化する意識の基本レベル。それは網様体系、視床、大脳辺縁系、大脳基底核および前頭葉によって形成されます。

後方注意システムこれは刺激の方向と位置を可能にするものであり、主に視覚的となります。これは、知覚、注意視空間、新たな情報処理などに関与しています。主な構造は、後部頭頂皮質、横視床枕、海馬と前帯状に関連しています。

前方注意システムそれは行動に注意を直接することができます。それは調節し、複雑な認知タスクを有効にする領域を制御します。彼らは、このシステムの前方の一部、背外側前頭前野、眼窩、線条、補足運動野、腹側被蓋野を形成します。

記憶力記憶力とは情報の符号化、保存と検索などを含む複雑なプロセスでございます。我々は、これらすべてのことを行う為、注意システムが正常に動作する事が必要です。注意が何かに支払われていない場合、我々は情報の符号化、保存と検索することはできません。メモリを理解するために、我々は2の基準に従って分類することができます。

1-定期的基準

短期記憶:

- 即時記憶

- 運用またはワーキングメモリ:私たちは情報を処理することを可能にするパッシブストレージシステムの短期。たとえば、あなたが紙の上にそれを書き留め前に電話番号を覚えしようとします。

長期記憶

2 -メモリ上で処理されるエリア

宣言的記憶力(明示的な) それは意識的に呼び出すことができます思い出を指します。

エピソード式:自伝的記憶であります、それは、私たちの過去から物事を思い出す為に役立ちます。例えば、昨年休日にどこに行きましたか?私はいつ学校を卒業したのでしょう?いつ結婚したのでしょう?

意味論: それは我々が学んだことを指し、世界の私たちの一般的な知識となります。フランスの首都はどこですか?平方根は何ですか?

このタイプのメモリでは構造体を内側側頭葉と間脳を関与しています

否定陳述記憶または黙示それは無意識の思い出を指し、サイクリングやスケートなどのいくつかのスキルの事を指します。

すべてのこのような複雑十分ではなかったかのように、我々は認識しなければならない、例えば、記憶領域は、側頭葉に存在するが、ほとんどの戦略的なコンポーネントは、前頭葉に、より関連している事。

執行エグゼクティブの機能は、より高い認知機能です。実行機能のいくつかの定義がありますが、ほぼすべての認知を制御する為や、思考の規制などの関連されたプロセスと説明されております。注意の方向、意図的な行動の計画、プログラミング、規制と検証など複雑なスキルを必要と致します。これらは、脳の前頭葉に位置しています。レザックによれば、これらの機能は、構成要素の数に分類することができます

1- 目的の作成:

- モチベーション

- 自己認識

- 世界との関係を知覚します

2 -目標を達成するためのステージと戦略の計画:

- 抽象化能力

- 認知の柔軟性、すなわち、代替思考を持っている能力

- 別の可能性を評価する能力や直接行動にそれらのいずれかを選択します。

3- 実行動作に関わるスキル:

- 開始、整然としたと一体的に維持し、シーケンシング動作する機能。

4-効果的な行動や活動を実行するための態度

- タイムコントロール

- フィードバックを使用しました

- 行動の自主規制。

私たちの日常生活の中で我々は常に使用し、例えば、我々は休暇に行くと、私たちが旅行を計画する必要がある場合:バケーションスポットの選択を、私たちはどのような時間を持っていないと我々はその時に何ができるのでしょうか?ほとんどの利益私たちはどのルートですか?どのような輸送我々は、ある場所から別の場所に移動するために使用しますか?我々はまた、調理するとき、我々はに得るために私達の幹部のスキルを起動します。私たちは、一度に複数の鍋やフライパンを収容する調理時間を計算、ために、適切にレシピの手順に従うことを持っていることに、食品を作るために使用する食品や調理器具の選択から...例えば、私たちは、卵を破っ皮とジャガイモをカットする必要がある前に、我々は、オムレツを作る場合。

言語:言語が現れるシンボリック通信システムであります、ヒトの場合で、舌を介して。言語は我々の思考他の人と通信することが重要なだけでなく、内部構造だけではありません。異なる脳領域における言語処理は、特に左半球が関与する様々な機能のシステムを介して統合的に作用関与しました。私たちは、主に左大脳半球に、音声言語の受信を担当している2皮質領域を話すことができました:

1- 式言語の面積::これは、大脳皮質の異なる領域を含みます

- 前頭前野:言語に関わる動機づけのプロセス。通信が始まるそれは、口頭および書面の両方であります(執行に関連します)

- ブロカエリアそれは音声生成と音声言語の処理に関連している左前頭葉にあります。

- 一次運動野: 言葉を発する時の口の動きと書く為の動きを開始します。

2- レセプションエリア言語::導入

-後頭葉:これは、言語的イメージの同定を可能にします。

-頭頂葉:視覚と聴覚刺激を統合するための責任

-左の側頭葉:合成プロセス言語音と理解を担当します。それはヘルチエリア(主に聴覚エリア、マルチモーダルエリアでサウンドをエンコードする)そしてウェニッケエリア(言語理解に関連しています。これらの音に意味を与えます)構成されています。)

皮質領域にのみ必要ではありませんしかし、言語が適切に機能するために、このようなウェルニッケとブローカ野をつなぐ弓状束(このような他の皮質下構造を有するこれらの領域の相互接続が必要とされています)タラム(言語の調節に重要と表現総合的な地域との接続)視床枕と膝状、大脳基底核と小脳(言語の流暢さとリズムに関与しており、音声の音色)など。。

機能と視空間視覚認知機能は、私たちは刺激を認識し、区別することを可能にするものです。これらの機能の適切な動作は、私たちに、例えば、家族や友人の顔を認識することができ、またはオブジェクトが櫛、キーや帽子であるかどうかを理解する為に役立ちます。

視空間機能は、私たちが生活する空間を、分析し理解し、管理するために使用されています(二または三次元)これらの機能は、ナビゲーション、距離と深さの知覚、視界による空間構築、考えの回転などの精神的なプロセスが含まれます。地図を読んだり、町で方向を定めたり、それだけで無く信号が赤でも車の距離を計算し、渡る判断をとるや、歩く途中の物体にぶつかる事無く歩いたりするのに役立ちます。

言語の為に優位なのが左半球がある場合、知覚を必要する行動の為には優位なのは左半球となります。空間解析、顔認識、マップやオブジェクト、音楽の処理、体の感覚とパントマイムや顔の表情、そして口頭制御を必要としないモーターの活動は後頭葉によって主に規制されています、頭頂右半球と脳の残りの部分とを接続しております。

認知機能とは何ですか?

私たちは、脳の機能を使用していますか?

1 日間我々 は継続的に私たちの脳の機能を使用して、何百万もの様々 な複雑な精神的な計算を必要とする物理的なタスクのたくさんがあります。脳の部分。ここで我々 はどのようにあなたの日常生活は、さまざまな方法で結合のいくつかの例を表示、認知能力 と脳の機能。

  • 脳のための良い運動は、食事の準備? ながらゲストについて考えるし、レシピを覚えておくにいくつかの鍋および鍋を出席しなければならない調理しているとき。
  • 実施成功する脳で脳機能をアクティブにする必要があります会議? 正しく作業会議を直接または家族の再会は、非常に複雑なタスクあなたの脳神経接続、注意、集中力、速度応答等、積極的に耳を傾ける能力に関連する脳機能の特定のネットワークを有効にする必要があります.
  • カイトを飛行? リラクゼーションは、自然なものが、いくつかの基本的な認知能力のないリラックスできるないほとんどの人と仮定します。
  • 車を運転できますか? スキル、濃度と認知能力の広い範囲があなたの行先に得るに必要とする場合でも経験豊富なドライバーなら
  • 友人に会うだろうか? の人生は私たちを取り巻く人々 を出迎えさせて認知スキルがなくても非常に孤独になります。

リファレンス:< i style="color:gray;"> フィニスゲーラ, A. ボルガッティ, R., ウルゲシ, C. (2019)。神経発達障害を有する小児および青年のリハビリテーションのための非侵襲的脳刺激: システマティックレビュー。心理学のフロンティア. vol. 10 (135)。 • ポズナー, M. I. と ピータ-セン, S. E. (1990)。人間の脳の注意システム。神経科学の年次レビュー, 13, 25-42。• ソールバーグ, M. M. とマティーア, C. A.。 (1987) 注意力訓練プログラムの有効性。臨床・実験神経心理学ジャーナル, 9 (2), 117-130。•ソールバーグ, M. M. とマティーア, C.A. (1989) 認知リハビリテーション入門。ニューヨーク:ギルフォード。

メールアドレスを入力してください。