ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
いますぐ、登録してください。

あなた自身のために利用(13歳以上)

loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

corporativelanding_Memoria-auditiva_social_picture
  • 完全な評価バッテリー聴覚メモリおよび他の認知能力にアクセス

  • 障害の存在を識別し、評価します

  • 刺激し、臨床的な演習であなたの聴覚記憶と他の機能を向上させます

loading

反響メモリやメモリとは何ですか?

聴覚記憶反響メモリとして知られている感覚メモリ感覚メモリのこのタイプは、非常に短いです、だけでなく、脳の損傷に非常に耐性。重度の記憶喪失を持つ人々は感覚記憶の容量をそのまま維持します。

聴覚メモリまたは反響メモリは、私たちの感覚メモリの構成要素であり短期的には私たちが環境から受ける全ての聴覚情報を保持するための責任があります研究では、このシステムは、情報のより多くの量を格納することが出来、視覚的記憶より長い期間(3-4秒の平均)。

聴覚メモリは、オーディオ情報を記録する情報の宝庫であります、大容量の限られた持続性。処理される前に、聴覚記憶を保持し、文字通り、情報入力や音刺激です。

音の刺激は中枢聴覚処理に自動的に送信され、電気信号音を精神的な概念へと変更し、音像の種類を形成します、短い時間のために脳内に保持することができます。音像は、聴覚刺激の後のその短い期間の間だけ再生致します。

感覚メモリは 一次聴覚野反対側の耳の提示に」記録されています。聴覚メモリストアは、いくつか脳領域各種処理を実施する際に関与する為。関連する脳領域のほとんどは、前頭前皮質に位置しています、実行制御が行われる場所である、と注意制御が監視されているからです。

聴覚記憶や反響メモリの例

  • 紹介された誰かの名前を覚える
  • 今教えてもらった電話番号を繰り返します
  • デートの食事をとる場所を思い出す。
  • あなたはラジオを聞いている番組の質問の回答を知っているとき、景品が出るので素早く電話番号を回します
  • 家族の声を覚えておいてください

聴覚または聴覚処理中の障害または病理に関連する記憶障害

聴覚処理と聴覚記憶における困難や問題発達言語障害の可能性を関連することが出来ます。これらの障害に加えて、それは、通常、読み取りの取得の困難に関連しております。 ADHD 取得失読症そしてa href="https://www.cognifit.com/es/patologias/discalculia" target="_blank">計算力障害メモリの欠損や聴覚記憶の反響を持っている子供は注意を払って経口受信した情報を記憶.

  • 聴覚記憶障害を持つ子どもたちは、複数の工程を含む指示を行うことが困難です。
  • 認識に時間がかかり、プロセス情報は、聴覚知覚します
  • 貧しい学業成績も悪い聴覚処理に関連することができます
  • 多くの場合、行動上の問題が生じます。または聴覚記憶の欠損はイライラし無能感に陥る事があります。
  • ワーキングメモリの欠損を持つ子供は、言語の困難を持っている傾向があります(例えば、それらは...新しい言語を学ぶ、言語を理解、彼らの語彙を開発する問題が発生する場合があります)
  • 単語のスペルする難しさ、読解、等...

成人の聴覚メモリの問題を抱えている多くの人達は能損傷を体験し、背外側前頭前皮質と側頭頭頂皮質における頭部外傷損傷。

どのように聴覚記憶の問題を評価しましたか?

総合的な神経心理学的評価を通じて、効率的に評価することができ、誰の確実反響メモリや短期聴覚記憶。

CogniFitはコンピュータ化された神経心理学的評価のバッテリー認知レベルを評価するかCognitive Assesment Battery (CAB),により正確に、一般的な認知レベルを測定する事が出来ます。すなわち、我々は反響メモリを評価しますための認知テストの数多く持っています

聴覚記憶を評価するために使用されるタスクのバッテリー(または反響メモリ)古典的な試験 Rey Auditory Verbal Learning Test (RAVLT) of Rey (1964)に基づいております。聴覚記憶を測定するタスク環境からの聴覚刺激を解釈する人の能力を調整してみてください。この情報の意味の抽出を関与され、後に最終的に対応するアクションを実行するためのメッセージが関与さえれます。

順序検定WOM-ASM非常に完全であり、反響メモリ視覚的記憶、短期記憶、空間認知、応答時間、ワーキングメモリと処理速度、の評価を行います。

聴覚記憶を向上させることができますか?

もちろん、聴覚記憶を改善するための鍵は保持及び記憶容量を向上させますしたがって、それをより効果的にすることができます。

CogniFit は反響メモリを刺激し、訓練する臨床演習(聴覚メモリ)神経科学と脳の可塑性が教えてくれる事は、ほとんどは強力な神経回路で形成て、使用し、これは、反響メモリのプロセスに関与する回路に適用されます。

CogniFit の(面白いゲームに基づいた)神経心理学的評価プログラムを通じて 聴覚記憶を評価します得られた結果に基づいて、我々は完全に自動化された聴覚記憶を改善するために、カスタム認知演習システムを提供しています。

CogniFit 神経心理学的評価プログラムは、シナプス可塑性と神経発生の過程を研究する神経科学と認知心理学者の完全なチームによって設計されています。 毎日15分(週2〜3日)のみで聴覚記憶に関わる機能と認知プロセスを刺激します。

このプログラムは、オンラインにてアクセス可能です。別のインタラクティブな演習は、コンピュータを介して行うことができます心のゲームを楽しまとして提示されています。各セッションの後、Cognifitは認知状態チャートの詳細な進化を提示します。

CogniFit のオンラインバッテリー臨床演習は聴覚記憶を含む障害のある認知領域の機能を再編成し、回復することができ、新たなシナプスと神経回路の作成をする事を証明されました。

メールアドレスを入力してください。