ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
いますぐ、登録してください。
loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

corporativelanding_Estimacion_social_picture
  • 推定能力を評価するための一式の認知テストに挑戦してください

  • 劣化、もしくは欠如を認識、評価してください

  • 推定能力やその他の認識機能をリハビリ、改善するために開発され、その効果が検証されたツール

loading

推定能力とは何か?

「推定」は神経心理学において重要な機能です。私たちの多くの日常生活動作は、私たちの推定能力に依存しています。「推定」とは、「物事の帰結を前もって予測すること、もしくは、一見、解決策のない困難な状況に陥った場合でも、解決策を生成することを可能とする精神的プロセス」、と定義することができます。

私たちは、推定能力を用いることで、ある移動する物体が一瞬後どこに位置するだろうか、ということを、その物体の移動速度、現在地に基づいて前もって予測することができます。その際、考慮されるべき要素は、距離、動き、速度、時間です。私たちの脳は、私たちがこれから知覚するであろう現象を、その一瞬前に予測しています。この脳による「予測」のおかげで、私たちはすみやかに反応し、状況を制御することができるのです。

推定は、知覚を担う思考プロセスに関与します。私たちは、周囲に存在するどの情報を処理するかを選択し、そこから得られるデータを評価し、推定を行います。この工程の中で生じた刺激を分析、過去に得た情報と参照しつつ、ターゲットやプロセスを鑑定しているのです。

この推定とよばれる能力は、学習プロセスのマクロステラテジーの一部を成すミクロステラテジーとして認識されます。従って、認知において重要な役割を果していると言えます。

  • 距離の推定: 距離の推定は、ある物体の将来の位置を、現在の距離を考慮した上で、推測する能力です。この機能を用いることで、あなたは、空間を人や物体などの障害物を避けながら移動することができるのです。
  • 速度の推定: 速度の推定とは、移動するある物体の将来の位置を、現在の移動速度を基に、推定する能力です。この機能を用いることで、あなたは、動く障害物を避けながら空間を移動する事ができるのです。
  • 動きの推定: それは、物体の将来の動きを予測する能力、もしくは、その欠如、不備です。
  • 時間の推測: つの出来事の間に経過した時間をおおまかに把握します。
.

推定能力の例

  • どのような運転手でも、前方を走る車を安全に追い越すには、自他の車両の走行スピードを把握する必要があります。時として危険を伴う決断を迫られる車の運転には、推測能力は欠かせません。
  • 規模を定量的に測定する: 袋に入った米の重さを目分量で測る。
  • 他者が投じた球をキャッチするには、球の速度、距離、軌道、重さなどを推測する必要があります。
  • ごったがえす道を通過する時、周囲の人とぶつからずに目的地にたどり着くためには自分と他者の距離を把握する必要があります。

推定能力の欠乏に関連する疾患もしくは病気

複数の精神疾患や神経疾患は、推定能力の悪化や機能不全といった症状を示すという特徴を有しています。低い推定能力は、前頭葉の損傷が関連している可能性があります。頭部外傷を負ったり、脳腫瘍、動脈瘤、多発性硬化症、認知症、脳炎、コルサコフ症候群、不安、抑うつなどの病気に罹ったりした患者のケースがこれにあたります。

アルコール、大麻、その他のドラッグの摂取は、認知のレベルに悪影響を与えます。これらの化学物質は、私たちの推定プロセスを不正に操ります。これらの消費は、私たちが速度、時間や距離などの情報を処理する際、ここから導かれる推定が全く現実に沿わないものにさせてしまうのです。正しく物事の推定ができなければ、危険な状況に陥る可能性さえありえます。

推定能力を測定、評価するには?

医療活動や業務活動など様々な分野において、推定能力を評価することは実用的でありえます。特定の職業に就く就労者(運送に従事する人、航空管制官、運転手、アスリートなど)の仕事のパフォーマンスを評価するのに役立つからです。

神経心理学に則ってデザインされた一連のテストを受けることで、推定能力などの様々な認知能力を、効果的かつ正確に診断することができます。

実際、私たちは、推定能力を測定するための有効なテストを提供しています。これらのテストは、被験者のスピード、距離、時間などのパラメーターを予測する能力を正確に測定するために考案されました。

  • 推定テスト1 テスト中に生じる刺激について予測します。被験者の予測能力、ある物体の未来の状況を、その物体の運動速度、進路、距離に基づいて推測する能力の有無、善し悪しをプロが診断します。被験者は、刺激のスタート時点に集中しなければなりません。集中できるか否かが、このエクササイズのスコアを左右するからです。
  • 推定テスト2 推定値を測定する他の方法を予測してください。このテストでは、音についての予想、推定能力を検討します。耳から入ってくる情報に集中できるか否かと、短期記憶の善し悪しがテストの得点を左右します。ですので、このテストは、テストが発する音を正確に聞くことができ、予測、推測に集中できる雑音のない環境で挑戦してください。
  • 推測テスト3 テストの中に複数の物体が現れます。被験者はある未来の時点においての、これらの物体間の距離、位置、状況を推定しなければなりません。このテストでは、被験者の空間を把握する能力、3次元空間において、物体の大きさ、物体間の距離を予見する能力を検討します。

推定能力をリハビリ、または、改善するには?

推定能力は、他の認知能力と同様に、訓練、学習をすることで改善することができます。CogniFitでは、プロがそのお手伝いをしています。

CogniFitは、推定能力を発達させるために特別にデザインされた一連の臨床的エクササイズをを提供しています。このエクササイズを行うことで、脳機能、推定能力を訓練することができるのです。

CogniFitの認知刺激プログラムは、シナプシスの柔軟性、神経新生プロセスについて研究する科学者、神経科学者、認知心理学者が構成するチームによって開発されました。CogniFitの提供する認知刺激プログラムは特許を取得しています。このプログラムは、はじめに、推定能力、その他の重要な認知機能を正確に診断します。そして、診断で得られた結果に応じ、各自のニーズに合ったトレーニングプログラムを被験者に提供します。このトレーニングプログラムは、推定能力やその他の認知能力を改善することを意図として組まれた包括的なものです。

推定能力に関与する認知プロセスを刺激、改善するには、適切で一定のトレーニングが不可欠です。CogniFitは世界中の科学者や医者に使用されているツールです。適切に能力の改善を促すには、1日15分程度のトレーニングが必要です。(週2、3日)

このプログラムはオンライン。パソコンを介しての実践となります。このプログラムでは、様々な対話型のエクササイズが、頭を使う楽しいゲームの形で提供されます。各セッションが終了する度に、CogniFit はユーザーの認知水準がどのように発展しているのか詳細に表したチャートを表示します。

メールアドレスを入力してください。