ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
いますぐ、登録してください。
loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

corporativelanding_Neuronas_social_picture

ニューロン

私たちの脳神経細胞がより良く、より長く生きる事が重要な理由

  • あなたの認知能力を訓練することができる神経認知プログラム。

  • あなたのスキルを訓練し、弱まった能力を強化するためのオンラインプラットフォーム。

  • いくつかのセッションの後にあなたの結果を見てください。サインアップし無料で試してみてください!

loading

ニューロンは何ですか?それは神経系に関連する機能に関与する小さな細胞私たちの脳では、ニューロンの数百万人があり、少なくとも出生時には、約80万持っていると推定されています。私たちは成長するにつれ、神経細胞の数が減少し始めます80年後には、私たちのニューロンの30%が失われます。一日を通して、私たちは、ニューロンを失い、常に再生成しています。ニューロンの再生処理により、新しい接続を生成します、これは神経新生と呼ばれ、それは人の一生を通じて新しいニューロンの誕生を与えています。

人々は、毎日神経損傷を引き起こす数々の行動を実行します。このような飲酒、喫煙は、食事不足、睡眠不足、緊張やストレスなどは、神経細胞の減少を早める原因となります。CogniFit からは神経細胞を再生に役立つ為、新しい接続を作成し、あなたの認知能力を訓練します

恐らくほとんどの人は使用するか、失うかを聞いた事があると思います、物理的な運動に適用されますが私たちの脳の神経細胞の場合も同様です。アクティブな脳細胞を維持する必要がある理由は、次のとおりです。

  • アクティブな脳細胞は、より多くの血液を受け取ります。

科学者は脳の活発な地域がより多くのエネルギーを使用することを知っている、ため、酸素とブドウ糖の大きい電源が必要があります。この方法では、活発に神経細胞の需要を満たすためにこれらの地域により多くの血液をされます。あなたの脳を有効にすると、作業はそれで貴重な酸素を取って、脳細胞に血液が流れます。磁気共鳴画像は、脳の血流を研究に使用されます。これらのイメージは、私達の脳細胞、ニューロンとしても知られている酸素供給に大きく依存して示されています。は運動するようにより多くの脳のニューロンがアクティブ化されより多くの血液供給を受けます。その一方で、アクティブではない脳細胞はますます少ない血液と最後に死にます。

  • アクティブな脳細胞は、他の脳細胞と複数の接続を持っています。

それぞれの脳細胞は、素早く発射される電気インパルスを介して脳の環境に接続されています。アクティブな脳細胞は、樹状突起を生成する傾向があり、それは他の細胞との接続に延長小型武器のようなものです。一つの細胞には、最大30,000の接続を持つことができます。その結果、高活性ニューラルネットワークの一部となります。これは、ネットワーク内のニューロンの活性化時にインパルスにより他の脳細胞を活性化し、ネットワーク全体を通過します。細胞が属するニューラルネットワークが大きければ大きいほど活性化する可能性が高く、よって生き残る事が出来ます。

  • アクティブな脳細胞はメンテナンス物質をより多く生産します。

神経成長因子(NGF)はあなたの体でタンパク質を産生致します。このタンパク質は細胞と結合し、アクティブ、選別、受容としてマークします。だから、より頻繁に脳が挑戦され、運動し、有効となればより(NGF)は発生されます。

  • アクティブな脳細胞は細胞脳幹の有益な細胞の移動を刺激します

最近の研究では、新たな海馬と呼ばれる脳細胞が脳の特定の領域で生成されることを示しています。これらの脳細胞は、それらが必要とされる脳の領域に移行する事が出来ます。例えば脳損傷など。これらの移動細胞は、周囲の細胞の作用を模倣する事が出来き、これにより損傷領域における活動の部分的な回復を可能にします。負傷から回復への重要な鍵か認知活動では、この驚くべきプロセスから利益を得ることができる脳の領域を刺激することです。

ニューロンの構造

ニューロンは、その主要部品のコアと細胞体と樹状突起で構成されております。ニューロン間の軸索を介して多数の接続があります。軸索は、ニューロンからニューロンへメッセージを送信することでネットワークを作成するのに役立ちます。このプロセスはシナプスと知られており、これは、一秒間に500回行われる秒速0.001ので電力によって結成される軸索の集合体であります。

ニューロンの構造

1.コア

それは細胞体に配置され、ニューロンの中央部であります、そしてニューロンの動作のためのエネルギーを生産するための責任を負います。

2.樹状突起

樹状突起はニューロン歯であり、さまざまなニューロンの核の部分つまり細胞体、から出る長い形の小さな分岐。樹状突起は通常多くの枝を持ち、これらの大きさは、ニューロンの機能と、それが位置する場所に依存して変化します。

3.細胞体

これは、コアを含む部分であります。このエリアは、分子が作られる場所です、そして、ニューロンの生活を維持する為の最も重要な活動が行われています。

4.シュワン細胞

シュワン細胞は末梢神経系における細胞そして、細胞の成長期間、付随する責任があります。枝や神経細胞の軸索の周りに位置しております。

5.ミエリン

ミエリンはタンパク質および脂質によって構成されております。神経系の神経細胞に位置しており、ニューロンの軸索によって覆われており、神経インパルスを送信することができます。この物質は、シュワン細胞によって産生されます。

6.軸索ターミナル

軸索ターミナルか端末ボタンはニューロンの終わりに位置しており、その機能は他のニューロンとの集合し、シナプスを形成します。神経伝達物質が保存されている端末のボタンでは、小胞と呼ばれる部分に保存されます。

7.ランヴィノード

ランヴィノードは各ミエリン鞘と軸索延長の隙間または空間となります。各ミエリン鞘はインパルス伝送を最適化し、失われない様に適しております。ランヴィノードの主な機能は、簡単に駆動し、エネルギー消費を最適化します。

8.軸索

軸索は、ニューロンのもう一つの主要な部分です。軸索は、細い神経線維であり、ニューロン間の電気信号を伝達するための責任を負います。前回述べた様に軸索は、シナプスの軸索末端またはボタンで終わる神経終末を持っています。同時に、中枢神経系の軸索は、ミエリンによって囲まれています。

参照

James Siberski, Evelyn Shatil, Carol Siberski, Margie Eckroth-Bucher, Aubrey French, Sara Horton, Rachel F. Loefflad, Phillip Rouse. Computer-Based Cognitive Training for Individuals With Intellectual and Developmental Disabilities: Pilot Study - The American Journal of Alzheimer’s Disease & Other Dementias 2014; doi: 10.1177/1533317514539376

Preiss M, Shatil E, Cermakova R, Cimermannova D, Flesher I (2013), el Entrenamiento Cognitivo Personalizado en el Trastorno Unipolar y Bipolar: un estudio del funcionamiento cognitivo. Frontiers in Human Neuroscience doi: 10.3389/fnhum.2013.00108.

Shatil E (2013). ¿El entrenamiento cognitivo y la actividad física combinados mejoran las capacidades cognitivas más que cada uno por separado? Un ensayo controlado de cuatro condiciones aleatorias entre adultos sanos. Front. Aging Neurosci. 5:8. doi: 10.3389/fnagi.2013.00008

Peretz C, AD Korczyn, E Shatil, V Aharonson, Birnboim S, N. Giladi - Basado en un Programa Informático, Entrenamiento Cognitivo Personalizado versus Juegos de Ordenador Clásicos: Un Estudio Aleatorizado, Doble Ciego, Prospectivo de la Estimulación Cognitiva - Neuroepidemiología 2011; 36:91-9.

Evelyn Shatil, Jaroslava Mikulecká, Francesco Bellotti, Vladimír Burěs - Novel Television-Based Cognitive Training Improves Working Memory and Executive Function - PLoS ONE July 03, 2014. 10.1371/journal.pone.0101472

Korczyn dC, Peretz C, Aharonson V, et al. - El programa informático de entrenamiento cognitivo CogniFit produce una mejora mayor en el rendimiento cognitivo que los clásicos juegos de ordenador: Estudio prospectivo, aleatorizado, doble ciego de intervención en los ancianos. Alzheimer y Demencia: El diario de la Asociación de Alzheimer de 2007, tres (3): S171.

Shatil E, Korczyn dC, Peretzc C, et al. - Mejorar el rendimiento cognitivo en pacientes ancianos con entrenamiento cognitivo computarizado - El Alzheimer y a Demencia: El diario de la Asociación de Alzheimer de 2008, cuatro (4): T492.

メールアドレスを入力してください。