このWebページのCookieについて

このWebサイトでは、Cookieを使用してオンライン体験を向上させています。Cookieの設定を変更せずにこのサイトを引き続き使用することにより、Cookieの使用について承諾したものとみなされます。詳しい情報を確認する、またはCookieの設定を変更するには、 Cookieポリシー をご覧ください。

承認
ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
いますぐ、登録してください。

あなた自身のために評価・トレーニングを利用しますか。個人アカウントを作成しましょう。このタイプのアカウントは、あなたの認知能力を評価・トレーニングするために設計されています。

あなたの患者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。患者の管理アカウントを作成しましょう。このアカウントは、認知障害の検査、診断、および医療介入のために医療専門家(医師、心理学者など)をサポートするように設計されています。

あなたの家族や友人に評価・トレーニングを提供しますか。家族用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、あなたの家族がCogniFitの評価・トレーニングにアクセスできるように設計されています。

研究被験者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。研究用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、研究者が認知領域に関する研究を行うのに役立つように特別設計されています。

あなたの生徒のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。生徒の管理用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、子どもや生徒の認知障害の検査、診断、医療介入をサポートするために設計されています。

ご自身でご使用になる場合(16歳から)。16歳未満のお子様は、CogniFit ファミリープラットフォームをご利用いただけます。

loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

corporativelanding_Neuronas_social_picture

ニューロン

私たちの脳神経細胞がより良く、より長く生きる事が重要な理由

このページは情報提供のみを目的としています。病気を治療する商品は販売しておりません。病気を治療するためのCogniFit製品は現在検証実施中です。ご興味がある場合は、 CogniFit研究プラットフォームにアクセスしてください。
  • あなたの認知能力を訓練することができる神経認知プログラム。

  • あなたのスキルを訓練し、弱まった能力を強化するためのオンラインプラットフォーム。

  • いくつかのセッションの後にあなたの結果を見てください。サインアップし無料で試してみてください!

今始める
loading

ニューロンとは?それらは神経系に関連する機能に関与する小さな細胞です。私たちの脳には何百万ものニュ-ロンがありますが、少なくとも出生時には約8000万あると推定されています。成長するにつれて、ニューロンの数は減少し始め、 80年後には、これらの30%が失われます。一日を通して、常にニューロンを失い、再生します。ニューロンによって運ばれる再生プロセスを通じて、新しい接続が生成され、これがニューロン新生と呼ばれるプロセスを引き起こし、その結果、一生を通じて新しいニュ-ロンが誕生します。

人々は毎日神経障害、従って、認知障害を引き起こす多数の行動を行います。飲酒、喫煙、きちんと食べない、または睡眠不足、緊張やストレスなどのこれらの行いは、早くにこれらを減少させます。CogniFitからは、ニューロンの再生、新しい接続の作成、認知能力のトレーニングをサポートしたいと考えています。

恐らくほとんどの人は使用するか、失うかを聞いた事があると思います、物理的な運動に適用されますが私たちの脳の神経細胞の場合も同様です。アクティブな脳細胞を維持する必要がある理由は、次のとおりです。

  • アクティブな脳細胞は、より多くの血液を受け取ります。

科学者は脳の活発な地域がより多くのエネルギーを使用することを知っている、ため、酸素とブドウ糖の大きい電源が必要があります。この方法では、活発に神経細胞の需要を満たすためにこれらの地域により多くの血液をされます。あなたの脳を有効にすると、作業はそれで貴重な酸素を取って、脳細胞に血液が流れます。磁気共鳴画像は、脳の血流を研究に使用されます。これらのイメージは、私達の脳細胞、ニューロンとしても知られている酸素供給に大きく依存して示されています。は運動するようにより多くの脳のニューロンがアクティブ化されより多くの血液供給を受けます。その一方で、アクティブではない脳細胞はますます少ない血液と最後に死にます。

  • アクティブな脳細胞は、他の脳細胞と複数の接続を持っています。

それぞれの脳細胞は、素早く発射される電気インパルスを介して脳の環境に接続されています。アクティブな脳細胞は、樹状突起を生成する傾向があり、それは他の細胞との接続に延長小型武器のようなものです。一つの細胞には、最大30,000の接続を持つことができます。その結果、高活性ニューラルネットワークの一部となります。これは、ネットワーク内のニューロンの活性化時にインパルスにより他の脳細胞を活性化し、ネットワーク全体を通過します。細胞が属するニューラルネットワークが大きければ大きいほど活性化する可能性が高く、よって生き残る事が出来ます。

  • アクティブな脳細胞はメンテナンス物質をより多く生産します。

神経成長因子(NGF)はあなたの体でタンパク質を産生致します。このタンパク質は細胞と結合し、アクティブ、選別、受容としてマークします。だから、より頻繁に脳が挑戦され、運動し、有効となればより(NGF)は発生されます。

  • アクティブな脳細胞は細胞脳幹の有益な細胞の移動を刺激します

最近の研究では、新たな海馬と呼ばれる脳細胞が脳の特定の領域で生成されることを示しています。これらの脳細胞は、それらが必要とされる脳の領域に移行する事が出来ます。例えば脳損傷など。これらの移動細胞は、周囲の細胞の作用を模倣する事が出来き、これにより損傷領域における活動の部分的な回復を可能にします。負傷から回復への重要な鍵か認知活動では、この驚くべきプロセスから利益を得ることができる脳の領域を刺激することです。

ニューロンの構造

ニューロンは、主な部分が核、細胞体、および樹状突起で構成されています。 これらの中には、軸索、つまり小さな束のために多数の接続があります。軸索は、ニューロンの中でニューロンのメッセージを送信する機能を持つネットワークを作るのに役立ちます。このプロセスはシナプスと呼ばれ、秒速0.001での電荷による軸索の集合体です。これは1秒間に約500回発生する可能性があります。

ニューロンの構造

1.コア

それは細胞体に配置され、ニューロンの中央部であります、そしてニューロンの動作のためのエネルギーを生産するための責任を負います。

2.樹状突起

樹状突起は「ニューロンの腕」で、ニューロンの細胞体、つまり細胞体の異なる部分から突き出た小さな分岐延長部分を形成します。通常、樹状突起には多くの枝があり、これらの大きさはニューロンの機能とその位置する場所によって異なります。その主な機能は、他のニューロンから刺激を受けます。

3.細胞体

これは、細胞核を含むニューロンの一部です。この空間は、ほとんどのニューロン分子が統合または生成され、生命を維持し、神経細胞の機能を管理するために最も重要な活動が行われる場所です。

4. 神経膠細胞

ニューロンは非常に特殊な細胞であるため、それ自体では、生存のために必要な栄養やサポートのすべてが機能することができません。このため、ニューロンは次の機能を実行する他の細胞に囲まれています: 星状細胞 (主にニューロンの栄養補給、クリーニング、サポートを担当)、希突起膠細胞(主に、中枢神経系の軸索のミエリンを覆う役割を果たしますが、サポートおよび結合としても機能します)、ミクログリア(主に免疫応答、廃棄物処理、およびニューロンの恒常性の維持を担当します)、シュワン細胞(画像に見られるように、主に末梢神経系の軸索のミエリンを覆う役割を担います)、上衣細胞(主に脳室と脊髄の一部を覆う役割を担います)。

5.ミエリン

ミエリンは、タンパク質と脂質で構成されるものです。ニューロンの軸索の周りに鞘を形成しているため、ニューロンの軸索を保護、隔離し、活動電位の伝達を最大100倍効率的に行うことができます。中枢神経系では、ミエリンは希突起膠細胞によって作りだされますが、末梢神経系では、ミエリンはシュワン細胞によって生産されます。

6.軸索ターミナル

軸索またはシナプスボタンの末端は、ニューロンの軸索の端にあり、その機能が他のニューロンとの結合となり、シナプスを形成できる端子に分かれています。ターミナルボタンは、神経伝達物質が保存される場所で、小胞と呼ばれる小さな貯蔵庫にあります。ニューロンの末端ボタンから別のニューロンの樹状突起へのこれらの小胞の伝達は、シナプスとして知られているものです。

7.ランヴィノード

ランビエ絞輪は、軸索の各ミエリン鞘の間に存在する隙間または空間です。各鞘の間のスペースは、インパルスの伝達を最適化し、失われないようにするために必要です。これは、神経インパルスの跳躍伝導として知られているものです。ランビエ絞輪の主な機能は、伝導を促進し、エネルギー消費を最適化することです。

8.軸索

軸索はニューロンのもう一つの主要な部分です。軸索は、ミエリン鞘に包まれた細長い神経線維で、ニューロンの細胞体から末端ボタンへの電気信号の伝達を担います。

参照

James Siberski, Evelyn Shatil, Carol Siberski, Margie Eckroth-Bucher, Aubrey French, Sara Horton, Rachel F. Loefflad, Phillip Rouse. Computer-Based Cognitive Training for Individuals With Intellectual and Developmental Disabilities: Pilot Study - The American Journal of Alzheimer’s Disease & Other Dementias 2014; doi: 10.1177/1533317514539376

Preiss M, Shatil E, Cermakova R, Cimermannova D, Flesher I (2013), el Entrenamiento Cognitivo Personalizado en el Trastorno Unipolar y Bipolar: un estudio del funcionamiento cognitivo. Frontiers in Human Neuroscience doi: 10.3389/fnhum.2013.00108.

Shatil E (2013). ¿El entrenamiento cognitivo y la actividad física combinados mejoran las capacidades cognitivas más que cada uno por separado? Un ensayo controlado de cuatro condiciones aleatorias entre adultos sanos. Front. Aging Neurosci. 5:8. doi: 10.3389/fnagi.2013.00008

Peretz C, AD Korczyn, E Shatil, V Aharonson, Birnboim S, N. Giladi - Basado en un Programa Informático, Entrenamiento Cognitivo Personalizado versus Juegos de Ordenador Clásicos: Un Estudio Aleatorizado, Doble Ciego, Prospectivo de la Estimulación Cognitiva - Neuroepidemiología 2011; 36:91-9.

Evelyn Shatil, Jaroslava Mikulecká, Francesco Bellotti, Vladimír Burěs - Novel Television-Based Cognitive Training Improves Working Memory and Executive Function - PLoS ONE July 03, 2014. 10.1371/journal.pone.0101472

Korczyn dC, Peretz C, Aharonson V, et al. - El programa informático de entrenamiento cognitivo CogniFit produce una mejora mayor en el rendimiento cognitivo que los clásicos juegos de ordenador: Estudio prospectivo, aleatorizado, doble ciego de intervención en los ancianos. Alzheimer y Demencia: El diario de la Asociación de Alzheimer de 2007, tres (3): S171.

Shatil E, Korczyn dC, Peretzc C, et al. - Mejorar el rendimiento cognitivo en pacientes ancianos con entrenamiento cognitivo computarizado - El Alzheimer y a Demencia: El diario de la Asociación de Alzheimer de 2008, cuatro (4): T492.

メールアドレスを入力してください。