ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
いますぐ、登録してください。
loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

ケモフォッグとケモブレイン

ケモフォッグとケモブレイン

ガン化学療法を受けている人は、化学療法を受けたことがない人と比べて、人生を通して認知障害的な症状を発症する危険にさらされていることよく知られています。同様に、高容量の化学療法による治療を受けた患者は、標準容量で治療を受けた患者よりも、もっと高い危険にさらされています。化学療法を受けた期間にによっても認知機能の低下に影響を与える可能性があります。より長い期間治療を受けた患者は、認知症状に影響を与えています。

ケモフォッグもしくは、ケモブレイン(化学療法)として知られている病気は、何が実際に原因になっているかまだ知られていません。化学療法は、特定された治療法ではないので、発見された腫瘍そのものよりも体の他の部分に影響をあたえます。脳を含み中枢神経系は、その影響を特に受けやすいです。

認知能力に対する化学療法の影響は、特定の脳領域に限定されている変わりに全体的な範囲のようです。化学療法によって影響された認知能力の範囲は、注意力、精神的な柔軟性、反応速度、情報処理の速度、視覚空間記憶、運動機能や言語機能がふくまれています。化学療法は脳全体のたんぱく質の減少、ならびに結合組織の領域の減少を引き起こす可能性がある事がしられています。

メールアドレスを入力してください。