ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
いますぐ、登録してください。
loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

  • それぞれの子の必要とする脳細胞ネットワークを強化します。

  • 毎日訓練したスキルを転送します。

  • 進行状況や結果にいつでもアクセスできます。

loading

失読症によって弱体化された脳細胞のネットワークをトレーニングし、脳の活性化プログラム。

脳の子失読症のCogniFitトレーニングはディスレクシアの子供たちの精神的な敏捷性を読み書きする能力を向上させる、濃度、敏捷性、学習と学業成績を向上る事により、強化を可能とする神経科学プログラムです 13歳未満の子供のために推奨されます。

プログラムは、簡単なゲームの形で精神的な演習と脳に関する最新の発見を適用する神経科学者や心理学者のチームによって作成されました。子供たちは大好きですし、オンラインでプレイすることを楽しみます

これらのゲームは、言語処理に関与する脳細胞のネットワークの接続性を強化するように設計されています。これは子供達が楽しみながら神経可塑性を強化するのに新しく効果的なシステムであります。子供達が気が付かない内にCogniFit が自動的に認知ヘルスを評価し一番適合されたプログラムを提供致します。

課題は年齢やそれぞれの個性に適合し失読症のタイプにより脆弱されている神経回路網を強化致します。彼らが楽しんでいるうちに、我々は彼らの学習能力、性能および精神敏捷性を高めています。完全な開発スキルには欠かせません。

失読症の子供のためのCogniFitの脳トレーニングの有効性が科学的に検証され、世界中の多くの大学、大学や病院によってテストされています。

研究は子供達と成人 の失読症は、CogniFitのトレーニングにより、大幅な認知発達、作業活動と読み取り性能を向上致しました。(毎分読み、正しい単語の数で14.73パーセントの増加)さらに、結果は失読症に強く肯定的な効果を持つ、訓練後6ヶ月まで続きました

CogniFitテクノロジー

科学的に検証された

失読症用のトレーニング

1

個人的評価と分析機能不全の自動検出

2

作業し悪化された脳スキルを向上させます。

3

失読症に関与する特定の領域を強化

失読症治療

ほとんどの学校が検出するために装備されていないので、時には失読症を診断することは容易ではありません そして、必要なツールや治療に苦しむ子供たちを助ける事も。この様に通常はこの重みが家族に残りますそしてこの人達が個々の必要とされるニーズに処置を施します。早い時期に小児失読症を治療し、理解し、サポートするために開始する事で、私たちは障害を克服し、不満や苦しみに関連する潜在的な問題を防止する為より多くのオプションが用いられます。

しかし、どのように失読症を治療しますか?これは、を毎日追跡していくしか無く、失敗が発生するまで待つと私たちは貴重な時間を失うことになります。一番効果的な治療法は早い時期に対処する事です。各プロフィールの向上を簡単にし、適合された処置をする為に重要となります。

CogniFit科学的なの利点の1つはプロフィールおよび各特定の神経回路のニーズに適合し、強化することです。また、基本24スキルの評価と進歩をパフォーマンスデータを収集致します。

継続的な評価は、より具体的にどの認知領域が弱まったかを検出することができ、それらに基づいて行動致します。

CogniFitの長所の一つは、結果がすぐに見られるように、すべての刺激プログラムは、訓練された日のスキルを転送するように設計されていることです。

失読症の脳: 脳細胞によるネットワーク

脳細胞によるネットワ―クCogniFitを使用の2週間のペーシング後ネットワーク 2 月CogniFitのトレーング

科学的認証:小児失読症の治療におけるCogniFitの有効性を支持する研究

ハイファ大学

パーソナライズされたトレーニングプログラムCogniFitは、失読症の学生にスキルを向上させます

CogniFitと認知刺激を受けるディスレクシアの人々は、大幅な認知発達、作業活動と読み取り性能(毎分読み、正しい単語の数で14.73パーセントの増加)を増加させます。さらに、結果は失読症に強く肯定的な効果を持つ、訓練後6ヶ月まで続きました。研究詳細を見る

失読症定義

それは人口の10%以上に影響を与えるので、それは我々が考えるよりはるかに一般的な障害であります。学習、困難な読み取り、書き込み、および一般的表示アイコンを円滑にデコードする為に影響を与える神経学的障害です。

失読症の人が読むとき、異なる文字の音をデコードし、単語を発音することは実質的にすべての彼らの注意を費やしています。これは、リソースを理解するように、他のより高い精神的なタスクを防止割り当てるため、その作業メモリ内の故障の原因となります。

いくつかの研究は、言語を処理する神経結合の赤字として失読症を定義します。彼らは脳の音声表現を保持している言語の前頭および地域で保存されている情報へのアクセスを妨げるその接続で機能不全があるので、失読症の人々は、単語を視覚化する事が困難となります。

失読症定義

失読症は継承するので、同じファミリーの複数のメンバーが、障害の影響を受けているのが一般的であることができます。これは、任意の、精神的、物理的あるいは文化的な問題もなく、正常な知能を持つ子供で発生し、読み取りに難しさは他の認知能力には影響を与えません。また、多くのケースでは失読症は、感覚を鋭くし、知性と創造の高いレベルを持ち合わせております。

失読症のすべての症状が同じ傾向ではありません、発達障害、自尊心の喪失、欲求不満や学校での失敗を回避しする為より素早く発見し、診断、治療する事が重要となります。

小児失読症

子供の失読症は幼児時代から検出可能です 子供の頃、思春期、成人期まで維持することができます。

多くの異なる個人差がありますが、それは一般的に 失読症の子どもたちは通常、非常に遅れて話をし始めることが認識され、聞き取りや語彙のレベルは、子供の平均彼の年齢よりも低いです

集中力の欠如は、子供が読み取りと書き込みのタスクに多大な努力をする必要があり、これは彼を疲労させ集中力を失い、この種のタスクに抵抗し始めるということです。

脳活動 を読んで 普通の読者脳活動 を読んで 失読症の人

脳失読症の画像

子供は親や教育者のすべてのサポートや励ましを必要とし、早期の生活の中で失読症を検出することが非常に重要です。子供を理解し、特定のツールを使用して助け、正常に子共が成長し、対応な条件で競争出来る様にする必要があります。

早く治療を開始するで、影響と結果を最小限に抑えることができるため、根本的な問題を解決する為、取り組む事が重要となります。

ディスレクシアと脳

特定の神経学的異常を持っているディスレクシアの子供達は、彼らの言語的回路を構成する細胞が正しく整理されていません。このニューロンのエラーは、彼らに多くのデコード言葉がかかり、彼らが読んでいるものの理解が困難になる原因です。

効率的な読書のためはそれを解釈し、理解と学習の両方のプロセスを必要とされます。字句戦略とは脳が理解するための簡単なを扱う方法について説明します。ディスレクシアの子供の語彙的アクセスの困難は、

  • 言語処理での欠陥
  • ワーキングメモリの欠陥
  • 処理速度の問題
  • の組み合わせによって引き起こされます

CogniFitディスレクシアは、これらの認知過程と脳機能と脳ディスレクシアを治療することを目的とした科学的なツールです。視覚的表現を必要とするという意味ではありません、また、単語の意味にアクセスし、文章内の関係を確立することができます。

ディスレクシアの人の脳は3つの非常に特定の脳領域における認知障害のパターンを持っています。言語情報を処理する為のニューロン構造に対してCogniFitディスレクシアは役に立ちます。

脳と失読症。失読症で脳のプロセス
脳と失読症。失読症で脳のプロセス

失読症の特徴

小児失読症の特色の一つは、それは非常に可変が多く、その特性は、子供から子供に大きく異なるということです症状があってもその日のうちに変化し、子どもたちが成長するにつれて進化することが出来る事が特徴です。

これらは、失読症の特徴の一部です:

  • 執行の困難

    : 執行機能は、一つの課題をいくつものステップに分け、計画する為、複雑な様々な認知能力で構成されています。このステップとは課題に何が必要とされるか、執行の為に計画し、必要な時間を定め、作業の構造を組み立て、目的を定め、開始された作業を評価し、結果に合わせ修正するなど。。失読症の最も一般的な特徴の一つは、執行の行動に対する困難です、つまり計画性を必要とする作業、お部屋の整理、学校の宿題を終える事などは彼らにとってはとても困難のなる事があります。
  • 言語とコミュニケーションにおける症状

    :このグループの人達の特徴は指示に従う事が困難であったり、冗談などが理解出来ない事など、新しい単語を覚えたり、発音を間違えるなど、考えや話す時に不安であるなど。。
  • 読み取りの

    :私達は失読症の子供達がデコードするのが困難である事を確認してきました、その為読み取りは彼らにとって困難な作業であります。発音を間違え、スムーズに読む事が出来ず、呼んでいる事の意味がよく理解出来ないので、本や童話などに興味がありません。
  • 書き込みでの症状

    : 文字の理解が正しく行われない事や自分の考えを書いて伝える事が困難であったり、先生が言っている事がしっかり理解出来ない事により、彼らはメモやノートをとりのが困難となります。その他の症状は文字を理解する事が困難であったり、文字が大きすぎたり、小さすぎたりなど存在します。
  • 運動協調と空間を把握に対する症状

    : 一部の子供たちは、運動協調の困難を表します、左右や上下を間違えたりなど致します。この問題は日常に他の子達と比べ不器用であったり、他より道に迷ったりなど発生致します。それ故、サッカーやサイクリングなどチームプレイや調整を必要とするスポーツが得意ではありません。
  • 時間の理解に関連する症状

    :多くの場合、彼らのために時間を解釈する事がとても困難となります(得に腕時計など)そして、今日が何日であるか、どの月か、何年なのかが困難となります。
  • 数値に対する失読症

    : 失読症を持つ子供達の中には、数字を対処する事が困難となります、それ故数えたり、足し算、引き算、掛け算などが困難となります。掛け算を覚える事が困難となります。
  • 社会的能力に関連する症状

    :場合によっては、失読症の子供達は、新しい関係を他の人と始めたり、社会的になる事に対し困難である事があります。しかし、様々な個性をもつ子共達の中には拒否したり、許したりなど致します。
失読症と特徴

失読症の種類

症状は似ていても、様々な失読症の種類が存在いたします、そして子共にどの様に影響するかにより、様々な変化を行います。まずは、進化する失読症か獲得性失読症かを定める必要がございます。

  • 獲得性失読症

    :それは、障害、または損傷により、読み書きを担当とする脳の部分に損害により発生いたします。
  • 発達性失読症

    :失読症が一般的に学校で最も多く見られる場所です。この種類の中でも様々なタイプが存在致しますが今回は表層性失読症、音韻性失読症、深層性失読症か混合の脳ルートやプロセスに関わる種類に視点を定めます。
  • 表層性失読症

    :通常、小児に最も一般的であり、ほとんどの場合、読み取り重大な困難は持っていません。この種類の失読症では最も低下するのは視覚、語彙や直接、よって音韻ルートを読み取るために使用されます。つまり表層性失読症の子供達は一つの単語を読む為に言葉を分割致します。問題は言葉と発音が一致しない時です。
  • 音韻性失読

    :失読症のこのタイプは、特に長い単語やなじみのない言葉を読むことが困難となります。その代り馴染みのある言葉は正しく読み取ります。これは、音韻ルートで情報の貧しい処理と関連しています、成長期の子供達は字句や視覚経路によって生じます。
  • 深層性失読症か混合

    :最も深刻な種類であり、読みに対して二つの処理の困難によって特徴付けられます。どちらの道でも、音韻、視覚、破損している事が原因で視覚的や言葉の間違いを頻繁に引き起こします。
失読症の種類

失読症を発見する方法は?

認知領域に関しては、失読症の例は、作業メモリの低下の様な似たパターンを持っています。反応速度の低下や執行速度の低下が検出されますこの様な能力の低下は失読症の指標かもしれません。

この機能低下を発見する事は必ずしも容易ではありません。しかしCogniFitの検証された神経心理学的評価システムは作業メモリや執行速度の低下や、聴覚短期記憶力、命名、視覚的記憶、分割的注意、集中力、計画と処理速度など失読症に密接に関連する他の認知能力の低下を検出する事が可能です。

失読症を発見する方法

失読症は治療可能ですか?

失読症は慢性病でありますつまり生涯を通じて私たちに付随するが、これは心配する事ではありません、なぜならその人の成長につれ、失読症は様々な異なった形で表れますので。

重要なのは早期に対応する事です、出来る限り早く子供達を助ける為に必要とするツール学習プロセスに馴染めば脳のリソースを最適に生かし、健全な人生を過ごせます。

CogniFitは評価し、失読症によって弱体化した脳細胞のネットワークを強化する為に役立ちます。私たちは個人的なニーズに適応し、それぞれの人が必要とする、特定の脳の神経回路を働かせます。学習障害を専門とする団体や大学と連携し働きいておりますが、失読症は完治する事はありません、検証されておるのはCogniFitで脳を刺激する失読症の子供達は、執行、誤りを検出する能力、作業メモリと反応速度のレベルが強化される事です。

失読症は治療出来ます

失読症の治療法は?

失読症は慢性病であり、成人になるまで続きます。しかし早期に検出し認知能力を向上させるために必要な改善とトレーニングを施した人は、それを行わなかった人より良い結果を持っています。これは、若い年齢であります故、脳が成長期であり、その為脳の柔軟性つまり言語処理に関与するニューラルネットワークの接続性 を強化する事し、学習を強化し、機能障害を補うために事が可能です。

また、初期の対応は、感情的な脳障害の出現を防止するのに役立ちます。失読症の人には教育の範囲だけでなく他の家族や社会、仕事などの人生の分野に、対応する戦略を提供することが重要です。その環境に関連し、安全に過ごす事を学ぶ為に。

自分が失読症たど疑う人にお勧めする事は、専門家にて診断し、困難とする機能を検出し、その能力の向上の為の特定トレーニングを行う事です。それを行わない場合、集中力の不足、作業メモリの低下、短期記憶力の低下、処理速度、など日常に必要とする認知力に影響を及ぼす事があります。

CogniFitは学習障害を対応するプログラムです。神経発達障害における神経科学と認知心理学者の専門家のチームを伴う失読症を治療するためのトレーニングのデザインにより、これらのトレーニングは、各個人の言語処理に関与するニューラルネットワークの接続性の特性に合わせデザインされました。CogniFitで脳を鍛える失読症の人達は実行機能、誤りを検出する能力、作業メモリと反応速度のレベルを強化出来ます。学習、読書、書面で流暢さを向上させることができます。

失読症の治療法

リファレンス

References Thompson HJ, Demiris G, Rue T, Shatil E, Wilamowska K, Zaslavsky O, Reeder B. - Telemedicine Journal and E-health Date and Volume: 2011 Dec;17(10):794-800. Epub 2011 Oct 19.

Horowitz-Kraus T, Breznitz Z. - Can the error detection mechanism benefit from training the working memory? A comparison between dyslexics and controls- an ERP study - PLoS ONE 2009; 4:7141.

Peretz C, Korczyn AD, Shatil E, Aharonson V, Birnboim S, Giladi N. - Computer-Based, Personalized Cognitive Training versus Classical Computer Games: A Randomized Double-Blind Prospective Trial of Cognitive Stimulation - Neuroepidemiology 2011; 36:91-9.

Preiss M, Shatil E, Cermakova R, Cimermannova D, Flesher I (2013) Personalized cognitive training in unipolar and bipolar disorder: a study of cognitive functioning. Frontiers in Human Neuroscience doi: 10.3389/fnhum.2013.00108.

メールアドレスを入力してください。