ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
いますぐ、登録してください。
loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

多発性硬化症と認知疲労

多発性硬化症と認知疲労

多発性硬化症とは何でしょう?多発性硬化症とは 人間の脳や脊髄の神経のカバーが劣化し、炎症を起こし、患者は衰弱状態に至ります。身体の免疫システムがこの神経を守るカバー(髄鞘)を侵食してしまいます。

病気によるダメージは様々な神経に影響し、肉体的、精神的な様々な症状を引き起こします。多発性硬化症は様々な形式で現れます、悪化と寛解(突然の発病の場合)と進行的(時間の経過とともに重症になる)。

発病と次の発病の間で症状が完全に消えたとしても、特に病気が進行する際に多くの場合は長期的な精神障害を発生させます。

脳の後頭部への損傷は長期的な障害をもたらす事になります。損傷が神経の様々な損傷を起こすので、患者にも様々な症状をもたらします。もっとも一般的な一つは認知スキルの低下と認知疲労の劣化であります。 認知力の低下、記憶力も含め、注意、情報処理、行動機能は多発性硬化症患者の65%に影響しております。特に、記憶から取り出す事になる直前の習得した情報を思い出す能力である短期記憶能力が得に影響されます。

最近の研究では多発性硬化患者を二つのグループに分け、CogniFitの脳トレーニングプログラムを行うグループとトレーニングを行っていないグループを作り、トレーニングされたチームは行っていないチームとは違い、記憶の三つの分野を向上した事により、CogniFitのトレーニングの効率を証明しました。向上された分野には作業記憶、短期視覚記憶、と全般記憶でした。CogniFitの成功の鍵となったのが短期記憶と視覚記憶専門のトレーニングを提供する事でした。

メールアドレスを入力してください。