このWebページのCookieについて

このWebサイトでは、Cookieを使用してオンライン体験を向上させています。Cookieの設定を変更せずにこのサイトを引き続き使用することにより、Cookieの使用について承諾したものとみなされます。詳しい情報を確認する、またはCookieの設定を変更するには、 Cookieポリシー をご覧ください。

承認
ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
CogniFitへようこそ! 研究者のためのCogniFitへようこそ!

あなた自身のために評価・トレーニングを利用しますか。個人アカウントを作成しましょう。このタイプのアカウントは、あなたの認知能力を評価・トレーニングするために設計されています。

あなたの患者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。患者の管理アカウントを作成しましょう。このアカウントは、認知障害の検査、診断、および医療介入のために医療専門家(医師、心理学者など)をサポートするように設計されています。

あなたの家族や友人に評価・トレーニングを提供しますか。家族用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、あなたの家族がCogniFitの評価・トレーニングにアクセスできるように設計されています。

研究被験者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。研究用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、研究者が認知領域に関する研究を行うのに役立つように特別設計されています。

あなたの生徒のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。生徒の管理用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、子どもや生徒の認知障害の検査、診断、医療介入をサポートするために設計されています。

loading

ご自身でご使用になる場合(16歳から)。16歳未満のお子様は、CogniFit ファミリープラットフォームをご利用いただけます。

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

corporativelanding_STUDY-COGNITIVE-TRAINING-MULTIPLE-SCLEROSIS_social_picture

CogniFitは、多発性硬化症の人々の認知状態を改善しました

CogniFitのトレーニングは、多発性硬化症の人々のさまざまな認知能力の状態を刺激するための信頼できるツールです

このページは情報提供のみを目的としています。病気を治療する商品は販売しておりません。病気を治療するためのCogniFit製品は現在検証実施中です。ご興味がある場合は、 CogniFit研究プラットフォームにアクセスしてください。
  • 研究者のプラットフォームから研究参加者を快適に管理します

  • 研究参加者の最大23の認知スキルを評価し、トレーニングします

  • 研究のデータのために参加者の認知的進化を確認し、比較します

今始める
loading

本来の名称: Home-based personalized cognitive training in MS patients: a study of adherence and cognitive performance

著者: Evelyn Shatil1, Avishag Metzer2, Omer Horvitz3, Ariel Miller2.

  • 1. Department of Psychology and the Center for Psychobiological Research, Max Stern Academic College of Emek Yezreel, and CogniFit Ltd, Yoqneam Ilit, Israel.
  • 2. Neuroimmunology Unit, Multiple Sclerosis & Brain Research Center, Carmel Medical Center, Haifa, Israel.
  • 3. Brain and Behaviour Research Center, Institute for the Study of Affective Neuroscience (ISAN), Department of Psychology, The University of Haifa, Israel.

雑誌: NeuroRehabilitation 26 (2010), 143-153.

この記事を引用する(APA形式):

  • Shatil, E., Metzer, A., Horvitz, O., & Miller, A. (2010). Home-based personalized cognitive training in MS patients: a study of adherence and cognitive performance. NeuroRehabilitation, 26, pp.145-153.

研究の結果

CogniFitのトレーニングは、多発性硬化症の患者の認知能力を向上させるための実用的で価値のあるツールです。。分割的注意 [P=0.011], 目と手の協調性 [P<0.0001], 全般記憶力 [P<0.0001], 呼称[P=0.029], 反応時間 [P=0.001], 空間知覚 [P<0.0001], 時間推定[P=0.014], ビジュアルワーキングメモリー[P<0.0001], 視覚[P=0.006], ビジュアルスキャナー [P=0.029]と口頭-聴覚ワーキングメモリー[P=0.001]。

文脈

多発性硬化症は慢性的な炎症性疾患であり、長期的な身体障害を引き起こすだけでなく、一連の認知症状を引き起こします。 多発性硬化症の人々の認知変化の有病率 43〜65%で、一時的な記憶、注意力、処理速度 >が最も影響を受ける認知能力です。また、口頭の流暢さ、概念の形成、抽象的な推論、計画力、モニタリングなどの執行機能も影響を受けることがよくあります。 認知機能が悪いと、生活の質が低下します

現在、多発性硬化症の患者の認知症状を軽減する効果的な薬がないので、これらの認知変化の影響を軽減するために他の手段に頼る必要があります。認知リハビリテーションは、多発性硬化症の認知機能障害の治療の重要な要素であることが示されてていますが、それにもかかわらず、ほとんど研究されていません。より具体的には、コンピューター化された認知刺激の効果が示されており、多発性硬化症の人々の認知状態を改善します。

方法論

研究のデザイン

この研究は、CogniFitを使用した12週間のトレーニングで構成されており、トレーニング前の評価と12週間の終了後に別の評価が行われました。参加者は実験グループとコントロールグループに分けられました。インターネットに接続していないユーザーは、必然的にコントロールグループに入れられました。この研究の目的は、トレーニングの順守とそれが多発性硬化症の人々の認知状態に起きる影響を知ることでした。

この研究は、Haifa のCarmel Medical Centre のMultiple Sclerosis & Brain Research Centreで実施されました。プロトコルは倫理委員会によって承認され、事前評価を開始する前に参加者から書面による同意が得られました。

参加者

参加者はCarmel Medical Centreの外来患者の中から選ばれました。これらの参加者は、再発性または寛解性の進行性多発性硬化症と診断を受け、利き手の機能が良好で、ヘブライ語を話し、自宅にコンピューターを持っており、研究への参加に興味を持っていました。

除外基準は、他の神経疾患の存在、薬物使用またはアルコール使用ならびにうつ病または向精神薬の使用を必要とするその他の障害の存在でした。原発性進行性多発性硬化症の患者も除外されました。

分析

一方では、研究を開始する前に、認知状態の2つのグループ間の違いを評価します; 他方、各グループでのトレーニングの効果; そして最後に、介入後の2つのグループ間の認知の変化を評価するのに、反復測定には混合効果モデル、SAS統計プログラムで一般的な線形モデルが使用されました。

これに加えて、SPSS統計プログラムを使用して別のアプローチがテストされました。彼らは、独立したサンプルtテストとペアのtテストを使用して、ベースライン時とトレーニング前後の各グループ内の2つのグループ間の認知スコアの違いをそれぞれ取得しました。最後に、ANCOVAを実行して、CogniFitトレーニング後の認知スコアの違いを評価しました。

両方の手順の結果は類似していました。ただし、以下で説明する結果は、2番目の手順(SPSSで実行)に基づいています。

結果と結論

両方のグループは当初、臨床的および社会人口統計学的特性に一致していました。参加者の認知状態に関連する対策では、コントロールグループの7つの認知能力に有意な改善が見られました:分割的注意、持続的注意(気を散ることを避ける)、呼称、応答時間、認知柔軟性、空間知覚および時間推定。対照的に、CogniFitトレーニングを行ったグループでは、11の認知能力に大幅な改善が見られました:分割的注意 [P=0.011], 目と手の協調性[P<0.0001], 全般的記憶力 (これには、記憶に関連するさまざまな認知能力が含まれます) [P<0.0001], 呼称 [P=0.029], 反応時間 [P=0.001], 空間知覚[P<0.0001], 時間推定 [P=0.014], ビジュアルワーキングメモリー[P<0.0001], 視覚 [P=0.006], ビジュアルスキャナー [P=0.029], と口頭-聴覚ワーキングメモリー [P=0.001]。以下の認知能力において、 CogniFitトレーニングを実行したグループで達成された改善は、コントロールグループの改善よりも大幅に大きかったことは際立っています: 全般記憶力, ビジュアルワーキングメモリー、口頭-聴覚ワーキングメモリー。

結論として、 CogniFitトレーニングは、多発性硬化症を伴う成人の認知状態を大幅に改善するのに役立つことが観察されました。進行性再発性または寛解性の。これらの改善は、特に記憶関連の認知能力で顕著でした。 CogniFitのパーソナライズされた認知トレーニングは、多発性硬化症の患者の認知能力を向上させるための実用的で価値のあるツールであることが示されています

メールアドレスを入力してください。