このWebページのCookieについて

このWebサイトでは、Cookieを使用してオンライン体験を向上させています。Cookieの設定を変更せずにこのサイトを引き続き使用することにより、Cookieの使用について承諾したものとみなされます。詳しい情報を確認する、またはCookieの設定を変更するには、 Cookieポリシー をご覧ください。

承認
ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
CogniFitへようこそ!

あなた自身のために評価・トレーニングを利用しますか。個人アカウントを作成しましょう。このタイプのアカウントは、あなたの認知能力を評価・トレーニングするために設計されています。

あなたの患者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。患者の管理アカウントを作成しましょう。このアカウントは、認知障害の検査、診断、および医療介入のために医療専門家(医師、心理学者など)をサポートするように設計されています。

あなたの家族や友人に評価・トレーニングを提供しますか。家族用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、あなたの家族がCogniFitの評価・トレーニングにアクセスできるように設計されています。

研究被験者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。研究用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、研究者が認知領域に関する研究を行うのに役立つように特別設計されています。

あなたの生徒のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。生徒の管理用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、子どもや生徒の認知障害の検査、診断、医療介入をサポートするために設計されています。

loading

ご自身でご使用になる場合(16歳から)。16歳未満のお子様は、CogniFit ファミリープラットフォームをご利用いただけます。

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

corporativelanding_STUDY-COGNITIVE-TRAINING-ADULTS-ID-DD_social_picture

CogniFit:知的障害を持つ大人への有望な効果。

知的障害または発達障害がある大人のための認知力トレーニングに関する科学的発表。

このページは情報提供のみを目的としています。病気を治療する商品は販売しておりません。病気を治療するためのCogniFit製品は現在検証実施中です。ご興味がある場合は、 CogniFit研究プラットフォームにアクセスしてください。
  • 研究者用のプラットフォームから調査対象の患者を便利に管理する

  • あなたの研究の被験者に対して最大23個の認知能力を評価し、トレーニングする

  • あなたの研究データの被験者の認知力の変化をチェックし、比較する

今始める
loading

原名Computer-Based Cognitive Training for Individuals With Intellectual and Developmental Disabilities: Pilot Study

著者James Siberski1, Evelyn Shatil2, Carol Siberski3, Margie Eckroth-Bucher4, Aubrey French5, Sara Horton6, Rachel F. Loefflad7 y Phillip Rouse8.

  • 1. Assistant Professor Gerontology, Misericordia Univesristy, Dallas, PA, USA.
  • 2. Chief Scientist, Head of Cognitive Science, CogniFit Inc, Haifa, Israel.
  • 3. Private practice Geriatric Care Manager, Nanticoke, PA, USA.
  • 4. Professor Department of Nursing, Bloomsburg University, Bloomsbur, PA, USA.
  • 5. Program specialist at the Institute for Human Resources and Sevices, Kingston, PA, USA.
  • 6. Social Worker, Long Term Care, West Wyoming, PA, USA.
  • 7. Recreational Therapist, Dallas, PA, USA.
  • 8. Private Practice License Psychologist, Sunbury, PA, Usa.

雑誌: American Journal of Alzheimer’s Disease & Other Dementias (2015), vol. 30 (1): 41-48

引用(APA形式):

  • Siberski, J., Shatil, E., Siberski, C., Eckroth-Bucher, M., French, A., Horton, S., Loefflad, R.F., & Rouse, P. (2015). Computer-Based Cognitive Training for Individuals With Intellectual and Developmental Disabilities: Pilot Study. Am J Alzheimers Dis Other Demen, 30 (1), pp.41-48.

研究の結論

CogniFitが開発したパーソナライズされた認知力トレーニングは、1日20~30分、週3回、10週間かけて行う、知的障害または発達障害を持つ大人の認知能力を向上させる有望なプログラムです。 視覚記憶:p = .003、 計画性:p = .009、 モニタリング力:p = .017(α= .05またはα= .1の場合)

研究の概要

この研究では、知的障害(ID)、または発達障害(DD)のある大人の認知能力にパーソナライズされた認知力トレーニングがどのように影響するかを証明することが目的でした。

研究では、ID / DDを有する32人の認知能力を評価しました。被験者は、3つのグループに分かれました。: CogniFitの開発したコンピュータ化認知力トレーニンググループの11人

  • ビデオゲームを用いた統制群の11人
  • 待機リストか日常活動リストの統制群の10人
  • 結果を適用すると、参加者数は非常に少なく、結果(グループ内およびグループ間) >α(α= .001)の高い要求レベル。 しかし、αの幾分許容レベルを適用すると、15の認知能力のうち11がコンピュータ化された認知訓練グループにおいて有意な改善を示した。 代表的なサンプルでは、データが統計的に有意なレベルに達する可能性があると推定される。

    これらのデータは有望であり、より大型のサンプルが使用される将来の研究のためのいい基礎となり得ます。この研究が確認されれば、CogniFitで提供されているような 知覚障害や発達障害を持つ人がコンピュータ化認知力トレーニングを行うべきである重要性が実証されます。

    背景

    知的障害および発達障害(自閉症または脳性麻痺など)は、非常に異質な一連の困難を伴い、多くの人と比較して適応行動が欠如しています。米国では、小学校や中学校の子どもの5%がある種の知的障害や発達障害に苦しんでいると推定されています。

    大人の場合、情報は少ないですが、知的障害を持つ大人の割合は0.5%であるのに対し、発達障害を持つ大人の割合は0.4%です。これらの障害は、個人的、家族的、社会的レベルに重大な影響を与える可能性があります。

    現在、CogniFitのようなコンピュータ化ツールを利用して認知能力を向上させることに関心が高まっています。それにもかかわらず、このような人はこれらのツールにアクセスできないのが一般的です。それは、しばしばその人たちがコンピュータを使用できないという誤った考えが原因によるものです。

    知的障害および発達障害の人は、何らかのタイプの認知障害に罹患するリスクが同等以上あるため、この考えを改めることが重要です。 したがって、知的障害または発達障害を有する人がコンピュータ化認知力トレーニングを使うメリットを検証する必要があります。

    方法

    被験者

    32人の被験者が、知的障害または発達障害のある大人の中の、これらの問題を持つ人のための専用リハビリテーションセンターに参加した人の中から選ばれました。この研究は、米国ペンシルベニア州北東部の都市にある同センターで実施されました。

    研究に参加するための包括基準は次の通りでした。

    • 知的障害または発達障害のあること。
    • 21歳以上であること。
    • ワークショップの一員であること。
    • ボランティアで研究に参加したいこと。

    逆に、 除外基準 は次の通りでした。

    • パソコンを使うのに興味がない人。
    • パソコンの前で20〜30分間座ることができない人。
    • パソコンの画面上で画像をはっきりと見ることができない人。

    被験者には、研究の目的と要件が説明されました。被験者のチューターは同意書に署名しました。その後、マーシー大学の理事会はこの研究の手順を承認しました。

    設計

    視覚障害と乱視の調査がこの研究に適用されました。また、被験者は3つのグループのうちの1つに無作為に振り分けられました。:

    • (CogniFitの)コンピュータ化認知トレーニングを使った実験群
    • ビデオゲームを使った統制群
    • 待機統制群

    被験者は自分がどのグループに属するのか分かりませんでしたが、研究者はグループの情報を持っていました。実際、ビデオゲームを使った統制群の活動は、認知トレーニングを使った実験群に似た方法で設計されていました。実験期間、活動の様子、事前評価、および治療後の評価は、両群で同じでした。

    過程

    まず、TONI-3(第3版プライマリーテスト・オブ・ノンバーバルインテリジェンス)を用いて、各被験者の全体的な知能レベルを評価しました。

    その後、CogniFit認知評価 を通じて神経心理学的評価を行いました。学習効果が出るのを避けるため、CogniFitのツールは、各評価ごとに異なるバージョンの刺激とタスクを自動的に適用します。また、これは科学的に検証されているもので、この評価は、15個の認知能力を測定する15個のタスクで構成されていました。

    最後に、医療介入が適用されました。被験者は皆リハビリセンターに連れられましたが、各グループはそれぞれ別の部屋で実施しました。医療介入は10週間続き、毎週20〜30分、3回のセッションで構成されていました。

    ビデオゲームを用いた統制群

    このグループの被験者は、この研究のために特別に設計されたアクティビティを行いました。これらのアクティビティは、CogniFitのものと外観や期間が似ることを意図していましたが、認知トレーニングにおいて、似たような特徴はありませんでした。個々のユーザーのレベルに適応しておらず、すばやく反応したり、 どのタスクも同時に認知力を刺激することはありませんでした。したがって、ある程度のトレーニングを受けたにもかかわらず、プラシーボ効果として作用するものと言えるでしょう。

    待機統制群と日常活動

    このグループは通常の時間で日常活動をしました。例えば、ワークショップの多くは、共同キッチンでの食事、朝晩の休憩などで構成されていました。

    分析

    統計分析にはSPSS 17が用いられました。また、調査した15種類の認知能力の群内および群間の差を測定するために、混合効果モデル(固定効果とランダム効果有り)を使用されました。そして、繰り返し測定の場合、変数ごとに別々のモデルを使用しました。

    結果と結論

    結果は、トレーニング前の評価での認知能力の得点とトレーニング後の得点との間に統計的に有意な差がなかったことを示しました。実際、15個の群内または群間の比較はいずれも有意な差ではありませんでした。(p>.001) したがって、認知トレーニングの実験群は、トレーニング後の認知能力に関連した改善が示されず、同じく改善が示さなかった統制群については、何の改善も示されませんでした。

    しかし、より厳格でない基準(p <.05およびp <.1)の場合、実験群は、初期評価(視覚記憶)に関して、15個の認知能力のうち11個に明らかな効果を示しました 、p=0.003;計画、p=.009;モニタリング、p=.017)これらの基準を適用すると、統制群の15個の認知能力のうち4個にも明らかな効果がありました。これらのデータは、特にこのような小さなサンプルが使用された場合、厳しいレベルでは、顕著な効果を示さない可能性があります。このタイプの研究にとって非常に興味深いものです。 Cohenのdにより、実験群における実験前と実験後との間の効果の大きさは以下の通りでした:

    • 計画性、認識能力、応答時間、認知力の柔軟性、空間認識能力、視覚記憶、視覚走査では、中程度。(Cohenのdでは.58と.72)
    • 呼称能力、視覚、ワーキングメモリに関しては、小規模(コーエンのdでは.44、.37、.41)でした。

    したがって、この調査結果は、恐らくサンプルの大きさが小さいことにより、重要な結果ではありません。これにより、このパイロットスタディの結果は参考になりません。しかし、このデータは励みにはなります。より大きな実験材料を用いて同じ実験を行う場合、結果は顕著であると予想されます。さらに、より限定的ではない基準を適用する場合、研究される認知能力の11個が顕著な結果として示されました。(P<.05およびP<.1) これにより、CogniFitのツールは、知的障害者や発達障害者の認知能力を向上させるための有効なものであると考えられます。

    メールアドレスを入力してください。