このWebページのCookieについて

このWebサイトでは、Cookieを使用してオンライン体験を向上させています。Cookieの設定を変更せずにこのサイトを引き続き使用することにより、Cookieの使用について承諾したものとみなされます。詳しい情報を確認する、またはCookieの設定を変更するには、 Cookieポリシー をご覧ください。

承認
ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
いますぐ、登録してください。

あなた自身のために評価・トレーニングを利用しますか。個人アカウントを作成しましょう。このタイプのアカウントは、あなたの認知能力を評価・トレーニングするために設計されています。

あなたの患者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。患者の管理アカウントを作成しましょう。このアカウントは、認知障害の検査、診断、および医療介入のために医療専門家(医師、心理学者など)をサポートするように設計されています。

あなたの家族や友人に評価・トレーニングを提供しますか。家族用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、あなたの家族がCogniFitの評価・トレーニングにアクセスできるように設計されています。

研究被験者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。研究用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、研究者が認知領域に関する研究を行うのに役立つように特別設計されています。

あなたの生徒のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。生徒の管理用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、子どもや生徒の認知障害の検査、診断、医療介入をサポートするために設計されています。

ご自身でご使用になる場合(16歳から)。16歳未満のお子様は、CogniFit ファミリープラットフォームをご利用いただけます。

loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

corporativelanding_STUDY-ITV-COGNITIVE-TRAINING-SENIORS_social_picture

CogniFitは、健康な高齢者の認知能力を向上させました。

iTVによる健康な高齢者の認知トレーニングに関する科学的発表。

  • 研究者用のプラットフォームから調査対象の患者を便利に管理する

  • あなたの研究の被験者に対して最大23個の認知能力を評価し、トレーニングする

  • あなたの研究データの被験者の認知力の変化をチェックし、比較する

今始める
loading

原名Novel television-based cognitive training improves working memory and executive function.

著者Evelyn Shatil1,2,3, Jaroslava Mikulecká3, Francesco Bellotti4 y Vladimír Bures3.

  • 1. CogniFit Inc., New York, New York, United States of America.
  • 2. Department of Psychology and the Center for Psychobiologial Research, Max Stern Academic College of Emek Yezreel, Yezreel Valley, Israel.
  • 3. Faculty of Informatics and Management, University of Hradec Králové, Hradec Králové, Czech Republic.
  • 4. Department of Electrical, Electronic, Telecommunications Engineering and Naval Architecture, University of Genoa, Genoa, Italy.

雑誌: Plos One (2014), vol. 9 (7): 1-8.

記事の引用(APA方式)

  • Shatil, E., Mikulecká, J., Bellotti, F., Bures, V. (2014). Novel television-based cognitive training improves working memory and executive function. Plos One, vol. 9 (7), pp.1-8.

研究の結論

CogniFitのパーソナライズされた認知トレーニングは、双方向性のあるテレビを通して健康な高齢者のワーキングメモリと実行機能を向上させました。CogniFitを用いたグループでは、以下のテストでより効果的であると示されました。DSF(F=10.09)、DSR(F=10.26)、DSTotal(F=14.83)、TMT-B(F=4.53)、TMT-Total(F=5.05)

研究の概要

この研究の目的は、60~87歳の健康な高齢者119人の一般的な認知能力について、インタラクティブTV(iTV)を通して認知トレーニングの効果を調査することでした。そのために、単純盲検法を用いて無作為に割り当てられた2つのグループがつくられました。(認知トレーニングを行う実験群と能動的統制群)

実験群は、(iTVに合わせられた)CogniFitを用いた認知トレーニングを行い能動的統制群の被験者は、iTVを通して非認知活動プログラムを実施しました。

トレーニング後、実験群は、何の改善を示さなかった統制群とは異なり、ワーキングメモリや実行機能が改善しました。どちらの2つのグループにおいても、主観的な生活満足度には有意な差がありました。

その結果、CogniFitは、ユーザーに真の利益を提供することができ、高齢者がパソコンを上手く使いこなせない際や、使用法が分からない際に、コンピュータープログラムの代わりにiTVを良い選択肢にすることができます。

背景

年齢とともに様々な認知能力が低下する傾向があります。多くの研究では、高齢者の認知能力を維持するためにコンピューター化認知トレーニングの利用が支援されています。しかし、残念ながら、多くの高齢者はテレビの使用方法には精通しているにもかかわらず、インターネットやパソコンのような機器には精通していません。

インタラクティブTV(iTV)は、コンピューターよりも身近で快適な方法で高齢者の認知トレーニングなどの活動を可能にします。

方法

被験者

研究被験者(60~87歳の高齢者)は、告知と招待状を通じてコンタクトが取られました。そして、自身の認知状態を改善するアクティビティに参加し、インフォームドコンセントに署名するよう言われました。しかし、MMSE(ミニメンタルステート検査)で27点だった者、または視力矯正をして視力0.5未満の者は除外されました。研究者は、どの被験者がどのグループに属しているか知っていましたが、被験者自身は自分が所属するグループがどちらなのか不明でした。また、人口統計学的、認知的、生活満足度のデータについても、各グループと一致するよう考慮されました。

過程

両グル-プの医療介入プログラムは、iTVと互換性があるよう適応されました。トレーニングは8週間続き、毎週3回のセッションで各セッションが20分ごとに行われました。各セッションは3つの異なるアクティビティで構成されていました。トレーニング前後には、従来の認知評価が行われ、最後に、プレテストとポストテストのデータとともにグル-プ内およびグル-プ間比較が実施されました。.

研究データの収集が完了したら、各被験者の結果をコンピュータにダウンロードして解析を進めることができます。

能動的統制群の医療介入

同期間に3つの非認知的アプリケーションがコントロ-ルグル-プの参加者に適用されました。アプリケーションは、以下のように構成させていました。:

  • 結婚式、出産、旅行など、生活に関連する出来事を通して家族の歴史を再構成する。
  • 個人写真をデジタル化して家系図を作成する。
  • 「マインドフル・ランニング」に基づいた身体運動。

プレ評価・ポスト評価t

ベースライン(プレ評価)と医療介入後の認知状態(ポスト評価)を測定するために、被験者は一連のテストとアンケートを実施してもらいました。:

  • TONI-3 (Test of non-verbal intelligence、第3版)。非言語知能を測定します。
  • TMT(Trail Making Test)Part A、 Part B。ほかの認知能力と実行機能を測定します。.
  • DS(Digit Spain、数唱)。順唱(DSF)と逆唱(DSR)によってワーキングメモリを測定します。
  • 健康指標(世界保健機関(WHO)のウェルビーイング指数)。うつ病を発見するために利用され、身体的健康や心理的健康に関する主観的な得点を出します。
  • iTV使用の快適性(iTVシステムの有用性)の測定。

統計分析

SPSS 17.0を用いてデータを分析しました。両群間の人口統計学的差異および個人差を判定するために、単独サンプルのためのt検定とカイ二乗検定が適用されました。群間の認知差異を測定するために、各変数の独立モデルを用いて反復測定の混合効果モデルを利用しました。これらのすべてによって、以下の項目を測定することができました。:

  • 両群の初期差異。
  • 各群のプレテストとポストテスト間の差異。
  • 両群間の差異。

結果と結論

分析の結果、研究開始時においてグループは比較し得ることが示されました。実験群は、CogniFitを用いてトレーニングした後、ワーキングメモリと実行機能において統計的に有意な改善を示しました。また、CogniFitを使用した実験群では、以下のテストにおいてより効果的であることが指し示されました。DSF(F=10.09)、DSR(F=10.26)、DSTotal(F=14.83)、TMT-B(F=4.53)、TMT-Total(F = 5.05)。

つまり、CogniFitのパーソナライズされた認知トレーニングを行った実験群は、ワーキングメモリと実行機能が改善されたことが観察されました。さらに、トレーニングの提示形式(iTV)は、高齢者のトレーニングを行うには良い方法と思われます。このデータから、iTVを通して行われた認知トレーニングは高齢者が海底に利用できることが分かります。これにより、認知トレーニングの恩恵を受ける人数を増やすことができるので、社会レベルで大きな影響を与えることができると言えます。

メールアドレスを入力してください。