ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
いますぐ、登録してください。
loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

認知と認知科学

認知と認知科学

認知は、見る、対応する、思い出す、解決するなどのようなメンタルの活動を意味するために使っている言葉です。認知の研究では、受信、伝達、動作する認知プロセスが研究されています。これらのプロセスは、起きている間の瞬間瞬間に動作し、又、私たちの人格、知性、社会的総合作用の一部です。それらの意味を理解することは、人間であることの意味を大部分理解するという意味です。脳は、生物学的な場所であり、又、精神医学と、神経科学では、時にはメンタルに関係すると考えられています。

認知プロセスについてどのように学ぶことができますか?イントロスペクションは、聞く、話す、覚える時に、私たちが行っている意識であり、これらのプロセスを理解する方法を提供しています。しかし、大きな欠点があり、全てを伝えることができません。:認知プロセスを研究するためにその同じ認知プロセスを使用します。認知研究においての他の問題は、プロセスが肉眼では観察不可能なプライベートで秘密の過程だということです。しかしながら、その存在が疑問視あされておらず、そのような目に見えない実態として(例えば、亜原子粒子、または、宇宙のブラックホールのように。)、科学的に研究されました。観察と仮説の定式化の時期を通じて、メンタルへの私たちの理解は変化しているという理論が開発されました。

1960年以前は、心理学は、行動主義、周辺環境に適応するための手段として学習とコンディショニングの理論を強調する焦点によって支配され、監視不可能なぷら民間経験の研究に権利がありませんでした。行動主義は人間を環境によって形成された、空っぽの受動生物としてみました。

1960年から私たちの認知、認知プロセスへの理解は衝撃的になりました。1960年代は、うつ病sのような観察可能な行動に影響するこれらの認知プロセスの形において、知覚、注意、記憶、言語、問題解決の分野で新しい理論を生み出しました。これらの新しい理論は、環境と相互作用するために、情報処理において積極的で選択的に、参加するために使われる豊かで広大な精神的な資源に恵まれて、知的な生物として人類に既に提示されてあります。環境は、依然として重要でしたが、もう、説明の原因ではありませんでした。代わりに、それは情報の源になりました。環境情報は、人間の体によって作動され、格納され、コード化され、選択される範囲内でのみ重要でした。認知心理学は、運動技術の学習とオートメーション化と言ったような知覚、注意力、一時的、永遠的な保存、言語理解力、保持力、生産力、概念的な学習、推論、問題解決、演繹的な推論を研究しています。私たちの人間のアイデンティティにおける認知プロセスの普及を考えると、神経内科と神経科だけでなく哲学、人類学、コンピューター科学、といったような様々なメソッドを使用して研究されるべきです。21世紀における認知科学は、主に多くの学問領域にわたった、脳の研究です。

21世紀の認知科学は、ますます強力なニューロイメージ、ニューロ研究技術を使いながら、多くの学問領域にわたり、脳研究が行われています。そして、科学者たちは精神的なプロセスの理解に重要である生理学的知識を追加することができました。認知プロセス研究に関連した脳の領域の探求、脳機能、脳の形成は、今日一般的であり、認知と神経認知科学のための主な課題は、神経認知、環境、神経生理学、神経組織的、神経遺伝、神経発達要因を統合する説明理論の発展です。

メールアドレスを入力してください。