このWebページのCookieについて

このWebサイトでは、Cookieを使用してオンライン体験を向上させています。Cookieの設定を変更せずにこのサイトを引き続き使用することにより、Cookieの使用について承諾したものとみなされます。詳しい情報を確認する、またはCookieの設定を変更するには、 Cookieポリシー をご覧ください。

承認
ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
CogniFitへようこそ!

あなた自身のために評価・トレーニングを利用しますか。個人アカウントを作成しましょう。このタイプのアカウントは、あなたの認知能力を評価・トレーニングするために設計されています。

あなたの患者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。患者の管理アカウントを作成しましょう。このアカウントは、認知障害の検査、診断、および医療介入のために医療専門家(医師、心理学者など)をサポートするように設計されています。

あなたの家族や友人に評価・トレーニングを提供しますか。家族用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、あなたの家族がCogniFitの評価・トレーニングにアクセスできるように設計されています。

研究被験者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。研究用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、研究者が認知領域に関する研究を行うのに役立つように特別設計されています。

あなたの生徒のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。生徒の管理用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、子どもや生徒の認知障害の検査、診断、医療介入をサポートするために設計されています。

loading

ご自身でご使用になる場合(16歳から)。16歳未満のお子様は、CogniFit ファミリープラットフォームをご利用いただけます。

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

認知能力
内部一貫性
再試験の信頼性
認知的柔軟性
0,726
0,842
分割注意力
0,866
0,85
視界
0,806
0,998
視覚と手のバランス調整
0,779
0,876
呼称
0,687
0,782
焦点
1
0,905
視覚探索
0,862
0,922
測定
0,761
0,986
抑制
0,661
0,697
短期音韻記憶
0,915
0,698
文脈記憶力
0,884
0,775
短期視覚記憶力
0,866
0,743
短記憶力
0,853
0,721
作業記憶力
0,85
0,696
非言語記憶力
0,787
0,73
空間認知
0,611
0,907
視覚
0,751
0,882
聴覚認知力
0,652
0,904
計画力
0,765
0,826
識別
0,864
0,771
応答時間
0,873
0,821
処理速度
0,888
0,764

マルチデバイス

評価の信頼性分析(英語のみ)ダウンロード

ドライバーのための認知評価オンラインバッテリー(DAB)

ドライバーのための革新的なオンラインテスト。自動車の運転に関わる認知・心理過程を評価し、ドライバーの技能・能力・パフォーマンスを評価します。この安全運転のための完全な神経心理学的バッテリーは、運転の質の予測や、リスクレベルまたは事故傾向指数(高・中・低)の識別を可能にします。

どんな人のためですか?

ドライバーのための認知評価オンラインバッテリー(DAB)

あなた自身のために評価・トレーニングを利用しますか。個人アカウントを作成しましょう。このタイプのアカウントは、あなたの認知能力を評価・トレーニングするために設計されています。

あなたの家族や友人に評価・トレーニングを提供しますか。家族用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、あなたの家族がCogniFitの評価・トレーニングにアクセスできるように設計されています。

あなたの患者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。患者の管理アカウントを作成しましょう。このアカウントは、認知障害の検査、診断、および医療介入のために医療専門家(医師、心理学者など)をサポートするように設計されています。

あなたの生徒のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。生徒の管理用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、子どもや生徒の認知障害の検査、診断、医療介入をサポートするために設計されています。

研究被験者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。研究用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、研究者が認知領域に関する研究を行うのに役立つように特別設計されています。

-
+
評価の数*

* 評価ライセンスは、あらゆる種類の評価で使用することができます。

ドライバーのための認知評価のオンラインバッテリー(DAB)

ドライバーのための認知評価のオンラインバッテリー(DAB)

  • 運転に最も関連する認知能力の現在の状態を評価する。
  • 免許を取りたい若者、大人、高齢者の方へ。
  • テスト時間は約30~40分かかります。
  • 評価の信頼性分析 - 英語のみ ダウンロード

ドライバーのための認知評価(DAB)は、デジタル化された神経心理学的タスクを通して、若者、大人、高齢者(健康な人、病気を有する人)が効率的で安全な運転を行うのに必要な認知能力および最適な姿勢を有するかどうか知ることができる最先端の専門ツールです。

この神経心理学的検査によって得られた結果は、車の運転の質を予測するのに役立つ関連情報を提供し、リスク指数や事故の傾向(低・中・高)を認識することすることができます。すべての個人ユーザー・プロのユーザーが、運転能力を評価するために、この検査バッテリーを簡単に扱うことができます。

この運転テストは完全にデジタル化されています。このテストはオンライン上で行われ、テスト時間は約30〜40分です。評価終了後、運転能力、パフォーマンス、スキルに関して、実用的で完全に理解できる情報を含む完全結果レポートを自動的に取得します。このテストは、運転における重要な点(距離とスピードを予測する能力、手の器用さ、時間の認識、注意力、聴覚、視覚、速度や反応速度など)に関わる認知障害や障害があるかどうかを識別するのに役立つ貴重な情報を提供します。

運転能力や運転の品質指標を予測したい場合は、この神経心理学的バッテリーをおすすめします。このテストは、リスクのあるドライバーを評価し、プロのドライバーが安全運転を行う能力があるかどうか評価するのに特に役立ちます。

また、この運転テストは、技能試験や心理テストの代替ではなく、運転に関するその他の変数を検査するものであることに留意する必要があります。このテストの主な目的は、ドライバー事故の減少に貢献することです。

ドライバーの認知評価のためのデジタル化されたプロトコル(DAB)

ドライバーの認知評価のためのデジタル化されたプロトコル(DAB)

このドライバーのための完全テストは、運転に伴う認知過程を評価し、ドライバーの事故レベルを減少させるために車の運転の質を予測することを可能にします。

この運転に関する多面的な評価は、質問票と検査の完全バッテリーで構成されています。車の運転のためのこの機能評価にかかる合計時間は、約30〜40分です。

ドライバー評価を実施した後に出る結果では、 その人が運転するのに良好な認知状態を有しているのかどうかを示すことができます。運転免許証の申請者、長期間運転していない人、免許を取り消された人などに適用されます。

ドライバーのための認知評価(DAB)は、3つのセクションから構成されています

質問票の診断基準

正直に回答する必要のある簡単な一連の質問が提示されます。運転と関連するその人の感情的要因や性格要因リスク傾向(交通規則や規制の遵守、モチベーション、運転スタイル)を知ることを目的としています。

神経心理学的要素と認知プロフィール

注意力や集中力、知覚、記憶力、執行機能、協調性など、運転に関わる主な認知的側面を正確に評価することを目的とした、デジタル化タスクバッテリーで続けます。これらのドライバーテストでは、運転パフォーマンスの基礎となるさまざまな認知能力の調査と評価を行うことができ、ユーザーの年齢に対する尺度を使用しています。このようにして、ドライバーの神経心理学的プロフィールと事故傾向を知ることができます。

完全結果レポート

この運転テストを終えると、車の運転の質、事故傾向指数(低・中・高)、認知能力、適性基準、リスク兆候、神経心理学的プロフィール、ユーザーの参考グループとの比較結果分析、推奨事項などを予測する詳細な完全結果レポートを受け取ることができます。この結果は、サポート戦略を決めるためのベースとなる貴重な情報やガイドラインを提供します。

心理測定結果

心理測定結果

ドライバーのための認知評価(DAB)は、特許を取得したアルゴリズムと人工知能(AI)技術を使用して、千を超える変数を分析し、非常に満足できる精神測定結果とともに完全認知プロフィールを取得できます。この神経心理学的検査は、道路交通に必要不可欠な一連の認知能力を測定します。

ドライバーのための認知評価(DAB)に含まれるそれぞれの神経心理学的タスクは、科学的に開発され、独自の研究によって検証されています。これにより、ドライバーの脳および一般的な認知状態を効果的に評価するのに適した心理測定の特性を保証できます。神経心理学的レポートの認知プロフィールは、高い信頼性、一貫性、安定性があります。断面的な研究設計を用いて、クロンバッハのアルファ係数のように、.9に近い値を持つ心理測定統計が得られています。テスト-再テストは、1に近い値を得ており、高い信頼性と正確性を実証しています。

検証表を確認する 推定と交通事故

誰のためにつくられていますか?

誰のためにつくられていますか?

運転のためのこの評価バッテリー(DAB)は、 免許運転の取得を希望する若者、長い間運転していない人、運転免許証の取消を受けた人など幅広い人々に適用できます。

どんな個人またはプロのユーザーも、運転のためのこの神経心理学的評価バッテリーを簡単に利用することができます。このプログラムを利用するのに、運転免許証を取得したり、神経科学や情報科学に関する知識を持つ必要はありません。特に以下の人を対象にしています:

私の認知状態を知り、検査する

運転で要求される認知能力の状態を測定したい若者、大人、高齢者のため

CogniFitのドライバーのための認知評価バッテリー(DAB)を利用することで、あらゆるユーザーが自身の認知プロフィール、および強みと弱みを迅速かつ簡単に知ることができます。この運転評価は、認知状態(注意の、記憶の、計画のなど)が安全運転を行う、または、運転試験を受けるのに適切なレベルがあるかどうかについて判断するのに役立ちます。これは、長い間運転していない人や、親になったばかりの人、新たな責任を持って運転する準備ができていないと感じている人などに特に便利です。

患者の認知リハビリテーション中の改善度を測定する

医療専門家のため

医師または心理学者は私達の患者が運転するための能力があるかどうかを知ることに興味があるかもしれません。CogniFitツールは、これらの疑問を解決するのに役立ちます。

自動車学校の生徒の認知能力を検査する

自動車学校のため

自動車学校では、ドライバー志願者、または初心者ドライバーが認知的に運転能力を持っているかどうか知り、トレーニングすることに興味があるかもしれません。 実際、世界各地の重要な自動車学校は、運転評価および認知訓練のツールとしてCogniFitを既に取り入れています。 自動車学校や交通安全に関する商品を提供するフランスの大手企業であるCode RousseauやカナダのWestern Economic Diversification、英国のBSMのケースが挙げられます。 このドライバーのための認知評価バッテリーは、認知障害に関する専門知識がなくても、自動車学校の教師が客観的に学生を評価し、リスクの有無を迅速に検出することを可能にします。

愛する人の認知的健康を評価する

家族やチューターのため

CogniFitの運転に関する認知評価テストは、簡単で魅力的なオンラインテストとタスクで構成されています。 専門知識がなくても、すべての人が家族や親族の様々な神経心理学的要因を評価することができます。 自分たちの子どもが運転免許証を取得するのに良好な状態かどうか、あるいは両親が運転し続けるのに必要な認知能力を維持しているかどうかを確認するのに特に便利です。

研究被験者の神経心理学的特徴を研究する

研究者や科学者のため

ドライバーのための認知評価(DAB)は、車の運転に関わる多くの認知能力の正確で快適な測定を可能にします。CogniFitテクノロジーは、評価活動の実行中に数千の変数を考慮して、被験者の認知状態に関する信頼できるデータを取得します。

会社にいるドライバーの認知能力を評価する

人事や企業のため

ドライバーは、多くの企業(商品輸送会社、宅配業者、旅客運送会社など)の中核を成す部分であるため、パフォーマンスを最適化し、事故を減らすためにドライバーの認知能力について知ることに興味があるかもしれません。

メリット

メリット

このコンピューターサポートを科学的方法に基づいて使用することにより、ドライバーの認知状態を知り、運転免許を取得したい人を迅速かつ正確に評価することで、様々なメリットがあります。:

専門ツール

ドライバーのための認知評価(DAB)は、神経心理学の専門家によって作られた専門リソースです。ドライバーの認知テストは特許を取得しています。この最先端のツールは、世界中の科学コミュニティ、学校、家族、財団、医療センターで利用されています。

管理しやすい

神経科学や情報科学に関する知識がなくても、すべての個人、プロのユーザー(自動車学校の教師、医師、心理学者など)がこのドライバーのための神経心理学的評価バッテリーを自分で利用できます。インタラクティブなフォーマットは、迅速で効果的な管理を可能にします。

完全自動化

運転のためのCogniFitの認知テストのタスクは完全に自動化されているので、ユーザーは自宅にいて自分でタスクを行うことができます。この運転に関する認知評価を実施するよう専門家によって勧められたとき、ユーザーは診療所で行うこともできますが、インターネットがある任意の場所で実施することもでき、時間を節約することが可能です。

簡単な使用

すべてのタスクは、楽しいインタラクティブゲームの形で自動化された方法で提示されるため、アプリケーションや指示の理解が容易になります。

詳細な結果レポート

ドライバーのための認知評価(DAB)は、結果を分析するための完全なシステムを構築し、迅速かつ正確なフィードバックを提供します。 車の運転に影響を及ぼす認知障害を認識し、理解するのに役立ちます。

分析と推奨事項

この有望なソフトウェアは、数千もの変数を分析することができ、それぞれのニーズに合わせて具体的な推奨事項を提供します。レポートには得た結果に応じた行動パターンも含まれます。

グループにも適用できる

このドライバーのための評価は、個別、またはグループ単位で適用できるように設計されています。 評価のフォーマットは、結果を自動で分析してレポートを作成するプログラムであるため、1時間以内に大量に評価し、結果を即時に確認することができます。 各レポートでは、ユーザーの認知プロフィール、テスト結果および推奨事項が示されます。このようにして、迅速に短時間で多くの人に適用することができます。

アクセス可能

運転の評価は、パソコン、タブレット、スマートフォン向けに19ヶ国語で利用できます。特殊な機器や追加設備も必要としないため、個人の家庭や企業で簡単に適用できます。

どんな時に効果的で安全な運転に関する認知評価を利用することがおすすめされますか?

どんな時に効果的で安全な運転に関する認知評価を利用することがおすすめされますか?

CogniFitのドライバーのための認知評価(DAB)は、優れた心理学的特性と簡単なアプリケーションのため、多種多様なケースに非常に役立ちます。例えば、ドライバーが交通事故で外傷性脳損傷を被った場合、ドライバーの認知能力と自信は変化する可能性があります。適切な神経リハビリテーションの後、コグニフィットの認知運転評価は、そのドライバーが道路に復帰できるかどうかを判断するのに役立ちます。しかしながら、安全に運転するためには、最小限の認知要件が必要なだけではなく、交通知識、必要とされる心理的能力、運転における適切な運動知覚能力(手動の左右差などの要因による)、健康状態、およびその他の状況変数など、他の要因も考慮に入れなければならないことを覚えておく必要があります。

もしその人が何らかの障害を患っている可能性があると疑われる場合、または単に認知状態を知りたい場合は、できるだけ早くこのドライバー評価を行うことをおすすめします。その人の認知プロフィールおよび健康をフォローアップすることにより、様々な障害を早期に検出し、慢性化を回避したり、できるだけ早く治療を開始できたりします。

CogniFitの運転能力を評価するための神経心理学的テストは、以下の場合に役立つでしょう:

V2_ASSESS_Test_conduccion_CASES_SUBTIPOS
最も代表的な症状
説明
V2_ASSESS_Test_conduccion_CASES_SINT_1
運転免許証を申請・更新する場合
大切な人が年齢を重ねて運転ができなくなることを心配している場合
脳損傷後の運転の再開とリハビリ
あなたがプロのドライバーの場合
ドライバーの認知的な強みと弱みを見極めたいとき
長く運転していない時

運転免許証を申請・更新する場合

CogniFitのドライバーのための認知評価(DAB)は、運転に関わる様々な認知能力の現在の状態について非常に重要な情報を提供します。これらの能力が低下している状態は、運転免許証を取得または更新しようとする人が、運転に最も適した条件にないことを示しています。逆に、良い得点だと、安全運転を行うのに十分な認知能力を持っていることになります。

大切な人が年齢を重ねて運転ができなくなることを心配している場合

認知症および軽度認知障害(MCI)は、ドライバーが車を運転するために必要な能力を低下させ、、リスクドライバーになります。―しかし、まだ軽度の段階にいる人の何割かは、追加のリスクがなく運転試験に合格することができます。運転はこれらの問題を抱えている人の自立に大きく関係してくるので、運転をやめる必要があるかどうかを知ることが大切です。さらに、認知症の人は、自分自身の障害に対する意識の低さから、自分で運転をやめる決断をすることはほとんどありません。CogniFitの運転のための認知評価を定期的に利用することで、運転に適したドライバーと交通安全上のリスクをもたらす可能性のあるドライバーを見分けることができます。いずれにしても、中程度・高度認知症の人は、いかなる状況下でも運転してはいけません。しかしながら、軽度認知症の患者は、自分や他人に与えるリスクを考えると、どちらも運転すべきではないとする研究もあり、MCIの患者のうち運転ができるのは50%に過ぎないとしています。事故を起こしたことがある、知っている道を外れたり、前もって見ていなかった近くの人や車を検知したり、運転が気になる身近なドライバーなどのためにこの評価をする必要があることを示すことが出来る一連の警告サインがあります。これらの兆候のいずれかで十分かもしれません。経験は、常に年齢の影響を補うことはできないことに留意することが重要です。

脳損傷後の運転の再開とリハビリ

脳の損傷は、脳卒中、脳腫瘍、交通事故、その他多くの状況など、様々な形で現れる可能性があります。脳損傷は、人々の認知機能を軽度・重度の障害を引き起こす可能性があります。多くの場合、これらの変化は、仕事、運転、衣服を着る、お風呂に入るときなど、人々の日常生活の活動を妨げる、または、困難にします。運転の場合、ドライバーが運転に要する認知能力を喪失したか、または低下させた場合、自分自身または第三者に影響を及ぼす事故を引き起こすリスクが飛躍的に増加します。場合によっては、適切な神経リハビリの後、運転するのに十分なレベルに回復します。しかしながら、十分に改善したかどうかを区別するために徹底した評価を行うことが重要です。CogniFitのドライバーのための評価バッテリーは運転に復帰できるかどうかの判断材料になります。

あなたがプロのドライバーの場合

交通安全と効率的な運転は、ユーザーがプロのドライバーである場合に特に関係しています。この運転に関する評価は、どのような認知側面(反応時間、分割的注意、計画性など)が私たちをドライバーとして際立たせるか、あるいはこの種の仕事に従事する準備ができているかを知ることに貢献します。

ドライバーの認知的な強みと弱みを見極めたいとき

どのように脳の様々な領域が機能するかを理解することで、認知状態を判断し、長所と短所を認識することができます。このバッテリーは、CogniFitのドライバーのための認知トレーニングのような適切なトレーニングの計画を簡単にするために、その人の問題が何であるか(例えば、記憶力や注意力の問題)を理解するのに役立ちます。

長く運転していない時

有効な運転免許証を持っていても、運転練習をしていないと、街中や長距離の移動で車を運転していても安全ではないと感じることがあります。最近子どもが産まれた人が、責任の増大によって自分の能力が疑わしいと感じることは奇妙なことでもありません。この運転に関する評価は、これらの状況に対して認知能力と反射運動が適切なレベルかどうかを確認するために利用できます。

質問表の診断基準の説明

質問表の診断基準の説明

交通安全といえば、あらゆる予防策が不十分です。理論的知識や実践的知識、心理能力、さまざまな認知能力の良好な状態に加えて、ドライバーの性格により関連した要因を考慮に入れることも重要です。これらの要因は、自動車やその他の車両事故のリスクを促進したり、軽減したりすることができます。したがって、CogniFitのドライバーのための認知評価バッテリー(DAB)の第一段階は、ドライバーのリスクの特徴を検出するのに役立つスクリーニングテストの質問票です。

道路規則や交通ルールの順守:道路上でのリスクを回避するには、人的要因が重要です。各種道路交通ルールを適切に遵守することは、事故のリスク低減に大きく貢献します。

モチベーション:モチベーションとは、意思決定を容易にする要因で、運転中のトラブルのリスクを軽減することができます。

運転スタイル:運転スタイルとは、ある程度の共通範囲を持つ道路上での運転傾向を指します。主に次の3つのタイプに分けられます。:慎重な運転スタイル、臆病な運転スタイル、荒い運転スタイル。運転スタイルに応じて、車との衝突リスクが増減します。

大人と高齢者の診断基準

評価を担当する専門家、もしくは運転に関する認知評価テストを行う人が簡単に回答できる項目で構成されています。 質問表は以下の項目から構成されています。:交通ルールや道路規制の順守(道路標示と道路標識に従う)、モチベーション(関心を持ち、安全運転を維持し、リスクを避けるために努力する)、運転スタイル(慎重、臆病な運転または荒い運転をする) 各項目に関連する質問は、大人または高齢者の日常生活および活動に適応されています。

ドライバーの認知プロフィールや神経心理学的側面を評価するためのバッテリーの説明

ドライバーの認知プロフィールや神経心理学的側面を評価するためのバッテリーの説明

何らかの認知能力の変化は、事故を引き起こす十分な原因であり、少なくともリスクを増加させます。運転に関わる認知スキルの具体的なプロフィールを見ると、このリスクが高いのか低いのかがわかります。科学研究では、運転中には注意力と反応時間が重要な核であると指摘しています。しかしながら、言語や記憶も事故リスクの良い指標になるようです。さらに、知覚と執行機能は事故率を下げるのに重要な役割を持っています。優れた認知能力を発揮する重要性を考えると、ドライバーのための認知評価(DAB)は、以下の領域と認知能力の測定を重視しています:

評価された認知能力
認知能力

注意力

注意を妨げるものをフィルタリングし、関連情報に集中する能力。

優れている

8.1%平均以上

分割注意力

分割的注意と運転。 分割的注意は、複数の刺激または活動に同時に注意を払う能力です。 前進しようとしたとき、突然、従うべき出口を示す標示に気が付きます。 追い越しと信号に同時に注意を払うことができない場合、行程で貴重な情報が失われた場合、もしくは正しく追い越しができない場合に、事故リスクがあります。 運転するには、注意が良好である必要があります。

581あなたのスコア

400年齢の平均

焦点

集中的注意と運転。 集中的注意は、注意の持続時間に関係なく、物体の刺激に焦点を当てる能力です。 車での走行では常に、走行中に現れる車や標識、または車の速度エンジンの回転数、ガソリンメーターに注意を払う必要があります。 運転に邪魔が入ると致命的な結果につながる可能性があるので、危険な状況を減らすために注意を集中させることが重要です。

580あなたのスコア

400年齢の平均

記憶力

新しい情報を保持または処理し、過去の思い出を回復する能力。

優れている

7.7%平均以上

作業記憶力

オペレーティングメモリとも呼ばれるワーキングメモリは、言語理解、読解、数学的スキル、学習または推論などの複雑な認知タスクを実行するための情報を一時的に保存し、操作することができるプロセスのセットとして定義することができます。ワーキングメモリは、運転中に最も安全に関連する変数に注意を払うという点でも、運転中に関連する情報を処理するという点でも、運転中のキーを握っているようです。

475あなたのスコア

400年齢の平均

コーディネート

正確で順序付けられた動きを効率的に実行する能力。

優れている

8.0%平均以上

応答時間

反応時間と運転。反応時間とは、単純な刺激を知覚・処理し、すばやく効率的に具体的な質問に答える能力です。 車で運転していて、突然歩行者が横断した場合、歩行者を認識してから経過した時間で、ブレーキを踏んでアクションする必要があると判断するのが反応時間です。この認知能力は、多くの事故から私たちを救うことができます。

700あなたのスコア

400年齢の平均

知覚

周囲環境の刺激を解釈する能力。

優れている

7.5%平均以上

測定

推定力と運転。推定力は、解決策がないときに予測するか、応答を生成する能力です。車で追い越そうとするときには、交通速度を計算する必要があります。推定能力は、運転する際のリスク状況で意思決定を行うには必要不可欠です。

743あなたのスコア

400年齢の平均

空間認知

空間認識とは、人間が身の回りの空間の環境との関係を意識する能力のことです。神経心理学的検査のメタ分析では、視覚空間スキルが適切な運転に最も関連している可能性が示されています。

707あなたのスコア

400年齢の平均

視覚探索

ビジュアルスキャンと運転。ビジュアルスキャンは、視覚を通して私達の周囲に関連する刺激を能動的かつ効率的に検知する能力です。運転するとき、私たちは常に道路を見ます。その際、目で地形を探索し、他の車両、道路標識、道路欠陥がないか探します。目視検査が低下していると、追い越し中に車を検出できず、重大な事故を引き起こす可能性があります。

615あなたのスコア

400年齢の平均

視界

視野と運転。視野とは私たちの視覚システムが刺激の存在を検出することができる空間の部分のことです。運転時に適切な視野を持つことは、運転でのリスク状況を減らすために必要不可欠です。追い越しをするとき、バックミラーと移動したい車線を確認しなければなりませんが、前方注意を疎かにしてはいけません。バックミラーを見て、前方も見ることができるのは、視野のおかげです。

461あなたのスコア

400年齢の平均

論法力

取得された情報を効率的に精緻化(順序づけ、関連付ける)する能力。

優れている

8.4%平均以上

計画力

計画力とは、目標を達成するために必要な行動を選択し、適切な順序を決め、各タスクに必要な認知資源を割り当て、適切な行動計画を立てるための精神的なプロセスです。戦術的なレベルで運転する際には計画性が不可欠で、あらゆるリスク状況を予測し、反応を正しく整理することができるようになっています。

614あなたのスコア

400年齢の平均

認知的柔軟性

認知の柔軟性と運転。 認知の柔軟性は、新しい、変化する、または予期せぬ状況に私たちの行動や思考を適応させる能力のことです。毎日同じルートを通って仕事に行きますが、ある日事故が発生し、交通渋滞によって遅れて到着する可能性がある場合、私たちは渋滞がない別ルートを選択することができます。前もって立てた計画や日課は予期せぬ状況に悩まされましたが、認知の柔軟性のおかげで代替案を生み出すことができました。

611あなたのスコア

400年齢の平均

含まれる評価タスク

含まれる評価タスク

この多元的科学リソースには、様々な評価タスクがあります。例をいくつかご紹介します。

REST-INH処理テスト

処理テスト REST-INHは、従来の注意変動検査(TOVA)からインスピレーションを受けました。この評価タスクを実行するには、異なる刺激を知覚、処理し、反応する必要があります。

推定テスト EST-I

推定テストIでは、タスクで提示された刺激について、未来を予測するプロセスを実行します。これは、専門家がその速度、移動、距離の観点から対象物の予測と将来の推定の能力を評価するのに役立ちます。この課題では、刺激の経路の始まりに注意を払う必要があります。

推定テストEST-III

推定テストⅢでは、タスクに現れる図の位置、状況、距離を予測、予知または推測しなければなりません。ここでは、対象者が持っている空間視覚に加えて、立体的な視点から対象物の距離や大きさを知覚する能力にも注目していきます。

視覚能力テスト WIFIVI

このテストは、Useful Field of Vision(UFOV)および他の神経心理学評価バッテリーからインスピレーションを受けています。このテストでは、視点を固定したときに受け取る視覚情報の量を評価します。これにより、視野を正確に評価することができます。

脳と運転

脳と運転

車の運転は、多くの認知能力を必要とする非常に複雑な活動であり、様々な脳領域の調整が必要となります。効率的で安全な運転をするためには、多くの労力と脳からの資源が必要であり、それによって認知能力を使うことができるようになります。

1 注意力

注意は安全運転のために必要な最も基本的な要素です。脳幹網様体は、起きた状態(目が覚めて、頭がはっきりしている状態)を維持し、刺激を検出して行動することを可能にします。頭頂葉では、周囲に注意を向けることができます。もし頭頂葉が損傷を受けた場合は、半側空間無視が引き起こされます。(損傷した半球とは反対側で処理する能力が不能になる)注意の制御は、前頭前野で行われ、運転中に必要となる集中力にも必要不可欠です。

2 知覚

運転中、より多くの情報を提供してくれるのは視覚と聴覚ですが、すべての感覚を道路に集中しなければなりません。後頭葉は、最も基本的な視覚情報を処理する場所です。この情報は、後部頭頂葉で処理され、見た情報がどこに位置しているのかを知ることができます。(背側皮質視覚路、「どこ」・「どのように」といった情報)下側頭葉は、その物体は何なのかについて知らせてくれます。(腹側皮質視覚路、「何」といった情報)一方、聴覚は上側頭回で処理されます。これらの領域は、運転しているときに周囲で起きることを見て聞くことを可能にします。

3 記憶力

海馬は、車で移動した道のりを学習し、覚えておくのに必要不可欠です。前頭前野は、情報を保持し、心の中で処理することを可能にします。また、無意識で行う連続動作(例えば、ギアチェンジをする動き、ハンドルやペダルを断続的または単発に踏む動きなど)の学習は、大脳基底核のおかげで可能になります。

4 執行機能

旅程を計画し、想定外の状況に柔軟に対応できるようにし、事故を引き起こす可能性がある場合は直ちに行動を停止するなど、これら全ての行動は、前頭前野が適切に機能するおかげで可能になります。前帯状皮質は、抑制を必要とする活動をしている際にも重要な役割を果たします。

5 協調性

必要に応じてハンドルを回して駐車するなど、正確に行われる自発的な動きには、前頭前皮質と小脳の両方を必要とします。これらの構造の損傷を受けると、身体の一部を動かすことができなくなったり、動きが不規則になったり、順序だった行動ができなくなったりする傾向があります。

カスタマーサービス

カスタマーサービス

私達の評価のデータの作業、管理、または解釈についてご質問がある場合は、すぐに当社にご連絡ください。私たちの専門家チームはあなたの質問にお答えし、必要なことすべてをお手伝いします。

今すぐ問い合わせる

科学的参考文献

科学的参考文献

  • Romer, D., Lee, Y.-C., McDonald, C. C., & Winston, F. K. (2014). Adolescence, Attention Allocation, and Driving Safety. Journal of Adolescent Health, 54(5), S6-S15.
  • Anstey, K. (2011). Cognitive and sensory factors associated with safe driving [Diapositives].
  • Stolwyk, R. J., Charlton, J. L., Triggs, T. J., Iansek, R., & Bradshaw, J. L. (2006). Neuropsychological Function and Driving Ability in People with Parkinson’s Disease. Journal of Clinical and Experimental Neuropsychology, 28(6), 898-913.
  • Lee, L., & Molnar, F. (2017). Driving and dementia: Efficient apporach to driving safety concerns in family practice. Can Fam Physician, 63(1), 27-31.
  • Amick, M., Grace, J., & Ott, B. (2007). Visual and cognitive predictors of driving safety in Parkinson’s disease patients. Archives of Clinical Neuropsychology, 22(8), 957-967.
  • Belchior, P. d. C. (2007). Cognitive training with video games to improve Driving skills and driving safety among older adults.

メールアドレスを入力してください。