このWebページのCookieについて

このWebサイトでは、Cookieを使用してオンライン体験を向上させています。Cookieの設定を変更せずにこのサイトを引き続き使用することにより、Cookieの使用について承諾したものとみなされます。詳しい情報を確認する、またはCookieの設定を変更するには、 Cookieポリシー をご覧ください。

承認
ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
CogniFitへようこそ!

あなた自身のために評価・トレーニングを利用しますか。個人アカウントを作成しましょう。このタイプのアカウントは、あなたの認知能力を評価・トレーニングするために設計されています。

あなたの患者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。患者の管理アカウントを作成しましょう。このアカウントは、認知障害の検査、診断、および医療介入のために医療専門家(医師、心理学者など)をサポートするように設計されています。

あなたの家族や友人に評価・トレーニングを提供しますか。家族用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、あなたの家族がCogniFitの評価・トレーニングにアクセスできるように設計されています。

研究被験者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。研究用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、研究者が認知領域に関する研究を行うのに役立つように特別設計されています。

あなたの生徒のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。生徒の管理用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、子どもや生徒の認知障害の検査、診断、医療介入をサポートするために設計されています。

loading

ご自身でご使用になる場合(16歳から)。16歳未満のお子様は、CogniFit ファミリープラットフォームをご利用いただけます。

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

corporativelanding_STUDY-COGNITIVE-REMEDIATION-DEPRESSION-BIPOLAR_social_picture

CogniFitは、成人のうつ病を軽減し、認知機能を改善するのに役立ちました

双極性障症のうつ病の減少に関する学術出版。 

このページは情報提供のみを目的としています。病気を治療する商品は販売しておりません。病気を治療するためのCogniFit製品は現在検証実施中です。ご興味がある場合は、 CogniFit研究プラットフォームにアクセスしてください。
  • 研究者に便利なプラットフォームを使って患者の研究を管理する。

  • 最大23の認知スキルを通して研究の参加者を評価し、訓練する。

  • 参加者の認知発達を学習データのために確認し比較。

今始める
loading

原名Personalized Cognitive Training in Unipolar and Bipolar Disorder: A Study of Cognitive Functioning

著者Marek Preiss1,2, Evelyn Shatil3,4, Radka Čermáková2, Dominika Cimermanová5 e Ilana Ram4.

  • 1. Department of Psychology, University of New York in Prague, Prague, Czech Republic.
  • 2. Department of Psychology, Prague Psychiatric Center, Prague, Czech Republic.
  • 3. Department of Psychology, Centre for Psychobiological Research, Max Stern Acadmic College of Emek Yezreel, Emek Yezreel, Israel
  • 4. CogniFit Ltd, Yokneam Ilit, Israel.
  • 5. Filozofická Fakulta Univerzity Karlovy v Praze, Prague, Czech Republic.

雑誌: Frontiers in Human Neuroscience (2013), vol. 7: 1-10.

記事の引用(APA形式):

  • Preiss, M., Shatil, E., Čermáková, R., Cimermanová, D. and Ram, I. (2013). Personalized Cognitive Training in Unipolar and Bipolar Disorder: A Study of Cognitive Functioning. Frontiers in Human Neuroscience, 7, pp.1-10.

研究の結果

CogniFitの個別認知トレーニングは、毎日20分のトレーニングで、週3回の不連続的な8週間の介入を通して、うつ病を減らし、うつ病と双極性障害を持つ人々の認知機能を改善するのを助けました。うつ病指標:BDI de 14.27±12.43 a 8.33±9.44 (t=2.806, Sig.=.014), CFQ de 60.87±15.26 a 53.33±13.58 (t=3.697, Sig.=.002), DEX de 39.53±11.21 a 34.20±9.94 (t=2.411, Sig.=.03), EMQ 66.00±27.74 a 50.20±20.10 (t=2.639, Sig.=.019).認知能力:執行機能-.46±1.06 a .17±.43 (t=-3.43, Sig.=.004).

研究の概要

うつ病双極性障害のうつ状態に苦しむ人は通常心理的苦痛および認知障害の症状を現す。特に実行機能に影響を与える。 これらの症状は、患者の生活の質に悪影響を及ぼす。パーソナライズされた認知トレーニングを通して、心理的障害の程度を減らすこと、日常生活における活動を改善し、認知機能を改善するのを目的としている。

参加者を2グループに分割: CogniFitを使ってパーソナライズされた認知トレーニングを8週間の間、週に3日、1日20分 (実験群)受けたグループ と単に通常の治療を受けたグループ (対照群). 参加者にはトレーニング前後に神経認知症バッテリーとアンケートが配られた。

両グループの前後の検査 の結果 を比較 した際(群間比較)、うつ病のレベルを 実験群は著しく減少していた。 加えて、このグループは 認知能力の一部も改善していた。 例えば 認知の柔軟性, 注意離断効果 や認知制御。 各グループのデーターを調べてみると (群内比較),実験群の認知障害、実行機能や日常生活の課題を実行するのに対する悩みも少なかった。 反対に、対照群が改善したのはワーキングメモリのみだった.

背景

通常うつ病の患者の認知的能力での困難は3つのエリアに集中する: 注意, 記憶実行機能. 通常うつ病や (大うつ病性障害) 双極性障害の患者にはこの様な不足が見られる。これらの不足が続くとうつ病の症状そのものになってしまう。これらの症状も認知障害や気分障害(感情障害)の患者の日常生活に悪影響を与える。

ますます多くの研究が、様々な障害を神経認知トレーニングの使用を主張しており、例えばうつ病または統合失調症の患者。これらの研究によって提案された療法は、認知行動療法の延長、または実行機能および注意の訓練を含むうつ病の治療である。これらの改善を一般化できるかや新しい課題に移転できるかはまだ明確ではないが、認知k機能の改善が新しい課題に有用である可能性があることを示す研究がある。この認知トレーニングには、CogniFit認知評価および訓練ツールが使用されました。それは、このタイプの研究と治療に最適な特性を持っているからです。

  • システムは事前に認知評価を行うため、トレーニングは自動的に誘導され個人の要求に合わせる。.
  • 絶えず難易度を主題のレベルに合わせるのは認知機能トレーニングが行われている間にインタラクティブ適応システムが起動しているお陰だ。.
  • フィードバックは視覚的に(グラフィック)そして各訓練セクションの後に記載されて提供されるので、認知機能の進化を評価できる。
  • 堅牢な 科学的支援は有効性、特異性、信頼性および妥当性を有するからだ。

方法

人員募集と研究設計

この研究には長期間Clinic of Prague Psychiatric Centerに通っていた外来患者が選択された。全員ICD-10のうつ病または双極性障害のうつ状態の選択基準を守り、なお皆チェコ語を話し、私用コンピュータを使い、研究に興味を示した。神経学的障害、アルコール・薬物への依存症を示した者は研究には参加していない。

あるグループ(実験群または統制群)を診断状況(うつ病、双極性障害(躁うつ病)など)による患者の割合や性別・年齢のバランスを取った被験者で構成させました。この統制群は、通常の治療を受けましたが、実験群は通常の治療に加えて、認知トレーニングを受けました。

まず、治療を開始する前に日常生活での各被験者の機能および神経認知状態を評価しました。そして処置後8週間経った時に、これらの指標を再度評価しました。研究はプラハ精神医学センターで実施され、そのプロトコルは倫理委員会によって承認されました。

従来の医療介入

従来通りの医療介入 は実験群と統制群の両方に適用されました。したがって、これは統制群だけが受けた治療によるものです。 セラピーは精神科医による定期診断、処方箋、個人・グループセラピー、ソーシャルワーカーとしてのアクセスで構成されました。

主な診査結果

CogniFitの認知力トレーニングの結果を信頼性の高いものとして測るために、心の状態と認知力の状態について様々なアンケートが実施されました。

  • 失敗傾向質問紙 (CFQ: Cognitive Failures Questionnaire)
  • 遂行機能障害質問紙 (DEX: Dysexecutive Questionnaire)
  • 日常記憶質問紙 (EMQ: Everyday memory Questionnaire)
  • シュワルツ・アウトカム・スケール 10 (SOS-10: Schwartz Outcomes Scale-10)
  • QOL評価 (Subjective quality of life questionnaire)
  • ベックうつ病調査表 (BDI-II, Beck Depression Inventory-II)

その他の処置

また、Cognifitの評価を用いて実行コントロールの6つの異なる方法が取られました。:ワーキングメモリ、認知力の柔軟性、抑制、視覚運動制御、分割的注意、聴覚記憶。

統計分析

SPSS 17を通じて、自己報告の8つの変数と実行コントロールの7つの変数のグループの間の差を評価するための反復措置について一般的な線形モデルを作成しました。各変数には別々のモデルを使用しました。独立変数は、実験群と統制群であり、評価の時間(評価前または評価後)でした。一方、従属変数は、自己報告の変数または実行制御の変数でした。すぺての変化を評価するために、 ペアを示すt検定、ピアソン相関係数、階層回帰分析、独立変数を示すt検定を適用して評価しました。

結果と結論

この研究結果は、認知トレーニングを行った被験者 (実験群)が、うつ病の主観的症状および重篤な症状の著しい減少があったことを示しました。(被験者の家族までも変化に気づいた)いずれにせよ、結果を得るために、深刻なうつ病を患っていないやる気のある被験者について扱っていたことに留意する必要があります。

要するに、CogniFitの認知トレーニングは、うつ病または双極性障害のある人々のうつ病の症状および機能障害の改善に役立ちました。と断言できます。これは、これらや他の気分障害の治療に関して重要な意味を持っています。 CogniFItの認知トレーニングは、従来通りの治療の補助として、このような障害を持つ人の様々な症状を軽減し、生活の質を向上させる助けとなるでしょう。

メールアドレスを入力してください。