このWebページのCookieについて

このWebサイトでは、Cookieを使用してオンライン体験を向上させています。Cookieの設定を変更せずにこのサイトを引き続き使用することにより、Cookieの使用について承諾したものとみなされます。詳しい情報を確認する、またはCookieの設定を変更するには、 Cookieポリシー をご覧ください。

承認
ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
いますぐ、登録してください。

あなた自身のために評価・トレーニングを利用しますか。個人アカウントを作成しましょう。このタイプのアカウントは、あなたの認知能力を評価・トレーニングするために設計されています。

あなたの患者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。患者の管理アカウントを作成しましょう。このアカウントは、認知障害の検査、診断、および医療介入のために医療専門家(医師、心理学者など)をサポートするように設計されています。

あなたの家族や友人に評価・トレーニングを提供しますか。家族用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、あなたの家族がCogniFitの評価・トレーニングにアクセスできるように設計されています。

研究被験者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。研究用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、研究者が認知領域に関する研究を行うのに役立つように特別設計されています。

あなたの生徒のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。生徒の管理用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、子どもや生徒の認知障害の検査、診断、医療介入をサポートするために設計されています。

ご自身でご使用になる場合(16歳から)。16歳未満のお子様は、CogniFit ファミリープラットフォームをご利用いただけます。

loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

corporativelanding_Dislexia-Aula_social_picture

教室でディスレクシア

教室での学習の困難さを調べるための教材。ディスレクシアの研究者を支援することを目的とした技術ツール。

このページは情報提供のみを目的としています。病気を治療する商品は販売しておりません。病気を治療するためのCogniFit製品は現在検証実施中です。ご興味がある場合は、 CogniFit研究プラットフォームにアクセスしてください。
  • 教室でディスレクシアを調査するための教育プラットフォーム

  • 学校でのディスレクシア研究のためのリソース

  • 研究目的のみのためのディスレクシアの認知刺激および/または脳のリハビリテーション

今始める
loading

患者 #141

Cate Brown

catebrown@mail.com

59 歳

最後のアクティビティ: 02/01/2016 | 4:09 分

登録日: 01/01/2013

全ログイン数: 23

阻害力

598

焦点

608

短期聴覚記憶

468

空間認知

405

トレーニングセット

パーソナルトレーニング

セッションの期間

15 分

全般トレーニング

記憶

集中力

推論

55歳以上の人たち。

暗算

空間認知

運転

Darwin Science Institute

参加者: 135

グループ: 24

60年以上

対照群

参加者: 11

参加者を追加します。

60年以上

正常群

参加者: 11

参加者を追加します。

記憶テスト

対照群

参加者: 5

参加者を追加します。

記憶テスト

正常群

参加者: 5

参加者を追加します。

新しいグループの作成

名前

グループの種類

対照群

正常群

保存

設定: Manual

Daniel Foster

記憶テスト

対照群

0
全般トレーニング
1
記憶
0
集中力
1
推論
0
運転
0
55歳以上の人たち。
0
空間認知
1
暗算
2
トレーニングセッションの間の休憩(時間)
一般的な認知評価(CAB)

トレーニングサイクル

5

送信

学生 #231

Paul Perkins

DaVinci High School

12 歳 | 器用な

ADHD

DaVinci High School

学生: 357

計算

ロジック

書き込み

読書

作業記憶力

565

呼称

411

視覚

355

短期視覚記憶力

392

処理速度

450

焦点

298

集中力
トレーニング
認知スキル
焦点
空間認知
視覚探索
Paul Perkinsにこの研修を送ります
強み
自然科学
国語と文学
ビジュアルアーツ教育

教室でのディスレクシア研究のためのCogniFit。教育環境におけるディスレクシアの調査に興味のある研究者のために設計された教育技術。

これは、学校環境におけるディスレクシアを調査することを目的とした教育ツールで、学習障害(LSD)と児童神経心理学の専門家によって作成された専門的なリソースです。

  • 参加者の認知機能を正確に探る: 参加者の認知障害を客観的に評価する教育過程に科学的なサポートを取り入れる。クラスルームのCogniFit ディスレクシアでは、ディスレクシアを調査し、ディスレクシアに関連する困難をより正確に認識することができます。.< /li>
  • ディスレクシアに伴う学業不振を研究する:可能性のあるリスクを認識することは学習困難を見通すことが出来るためのベースです。< /li>
  • 特定の問題を修正および/またはリダイレクトする:これにより、研究者は教室でのディスレクシア介入のための自動化された臨床運動プログラムを設計することができます。< /li>
  • 生徒の進歩と改善のフォロー:研究者が参加者の認知結果を徹底的に追跡できるように自動化された完全レポート。

ディスレクシアは神経生物学的な学習障害で、約10~15%の生徒に影響を与え、読み書き、一般的にアルファベット記号をスラスラ解読することが困難です。これは学業不振の大きな原因の一つです。

教室でのディスレクシア研究:

教室でのディスレクシア研究のための技術:

このオンライン・プラットフォームには、神経心理学的テストバッテリーや標準化された機器があり、研究者は参加者の認知機能を徹底的に調査することができます。

学生の認知評価で収集したデータを詳細なレポートに表示されます。この情報は研究者にとって価値の高いものであり、教室でのディスレクシアの検出や識別に役立つ信頼性の高い情報源となっています。

教室でディスレクシア検出に関する評価やその検出に役立つすべてのタスクは7歳以上、青少年からの学生に標準化され、検証されています。この技術は、このタイプのテストに精通していない教育者にアクセスしやすく、自動化され、使いやすく、楽しい演習やオンラインゲームの形で生徒に提示されます。

教室でのディスレクシア研究を支援するためのリソース:

教室でのディスレクシアのリハビリテーションの研究のための教育技術:

研究者を支援することを目的とした技術リソース。これは自動化された介入ツールで、研究者にとって管理が容易です。

Cognifit教育技術は、「脳トレーニング」や「脳トレ」に基づいています。脳の接続性を向上させ、学生の認知機能を向上させることを目的とした、学習困難および児童神経心理学の専門家によって設計された神経科学的タスクの完全なバッテリー。これらの臨床演習は、ゲームを楽しむ形式で、どのデバイスからでもオンラインで実施することができます。これらは標準化され、7歳以上、青少年からの学生のために検証されます。

同時に活性化されることが多い神経細胞は、関連付けをして強くなる傾向があるので、神経接続のネットワークを活性化させる回数が多いほど、あるタスクをこなすときに機敏さやスキルを発揮するようになります。

教室でのディスレクシアの研究のためのCogniFitは、研究者が参加者の特定のニーズに基づいて脳トレーニングや認知リハビリテーションを計画し、認知結果を綿密に追跡できるようにするための教育リソースです。

教室でのディスレクシアの研究のためのCogniFit

言語処理の赤字、ワーキングメモリと処理速度の問題のパフォーマンスの低下のセット:ディスレクシアの子供の字句アクセス困難が原因で発生します。

教室でのディスレクシアの研究のためのCogniFitは、世界中の多くの大学で使用されている科学的に検証されたツールです。研究によると次のことがわかっています:

  • 脳がより多くの情報容量を保持できるようにすることで、参加者のワーキングメモリを向上させます。< /li>
  • 1分間に正しく読む単語数が14.73%と大幅に増加します。< /li>
  • ワーキングメモリとエラー検出能力を高めます(24.71%)< /li>
  • これらの結果はトレーニング後の最大6か月続き、ディスレクシアに圧倒的にプラスの効果をもたらしました。

参照: Conners, C. K. (1989). Manual for Conners’ rating scales. North Tonawanda, NY: Multi-Health Systems. • Wechsler, D. (1945). A standardized memory scale for clinical use. The Journal of Psychology: Interdisciplinary and Applied, 19(1), 87-95 • Korkman, M., Kirk, U., & Kemp, S (1998). NEPSY: A developmental neuropsychological assessment. Psychological Corporation. Korkman, M., Kirk, U., & Kemp, S (1998). Manual for the NEPSY. San Antonio, TX: Psychological corporation. • Tombaugh, T. N. (1996). Test of memory malingering: TOMM. North Tonawanda, NY: Multi-Health Systems. • Rey. Schmidt, M. (1994). Rey auditory verbal learning test: a handbook. Los Angeles: Western Psychological Services. • Toglia, J. P. (1993). Contextual memory test. Tucson, AZ: Therapy Skill Builders. • Stroop, J. R (1935). Studies of interference in serial verbal reactions. Journal of experimental psychology, 18(6), 643. • Heaton, R. K. (1981). A manual for the Wisconsin card sorting test. Western Psycological Services. • Shallice, T (1982). Specific impairments of planning. Philosophical Transactions of the Royal Society B: Biological Sciences, 298(1089), 199-209. • Hooper, E. H. (1983). Hooper visual organization test (VOT). • Greenberg, L. M., Kindschi, C. L., & Corman, C. L. (1996). TOVA test of variables of attention: clinical guide. St. Paul, MN: TOVA Research Foundation. • Asato, M. R., Sweeney, J. A., & Luna, B (2006). Cognitive processes in the development of TOL performance. Neuropsychologia, 44(12), 2259-2269. • Goh, D. S., & Swerdlik, M. E. (1985). FROSTIG DEVELOPMENTAL TEST OF VISUAL PERCEPTION. Test critiques, 2, 293. • Peretz C, AD Korczyn, E Shatil, V Aharonson, Birnboim S, N. Giladi - Basado en un Programa Informático, Entrenamiento Cognitivo Personalizado versus Juegos de Ordenador Clásicos: Un Estudio Aleatorizado, Doble Ciego, Prospectivo de la Estimulación Cognitiva - Neuroepidemiología 2011; 36:91-9.

メールアドレスを入力してください。