ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
ご使用のプラットフォームを選択してください
いますぐ、登録してください。
loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

脳健康の改善

脳健康の改善

最近の神経科学の分野においての動向と発見は、定期的な脳のトレーニングは、病気、トラウマ、化学療法に起因する認知障害に苦しんでいる全ての年齢の人々に多大なメリットを提供できることを示しました。アルツハイマー、ADHD、認知遥、多発性硬化症MS、パーキンソン病、とケモブレインを持つ人々が彼らの認知健康を改善するために、どのようにCogniFitを使用できるかをお読みください。

ADD/ADHD(注意欠陥障害、注意欠陥多動性障害)

注意欠陥多動性障害(ADHD)は、小児に発症する最も一般的な精神疾患の一つです。ADHDの子供たちは家庭、学校、友達との関係において問題をもっています。未治療の場合、長期的な悪影響を引き起こす可能性があります。

もっと読む

アルツハイマー病

アルツハイマー病(AD)は、高齢者の記憶や思考、行動に影響を与えます。アルツハイマー病は、容赦なく徐々に生涯を通じて習得した知識を忘れさせ、日常生活の中での単純な記憶さえも妨害しながら進行していきます。

もっと読む

多発性硬化症と認知疲労

後部脳損傷は最終的には長期的な障害をもたらします。疾患は、中枢神経系の様々な部分に損傷を与える可能性があるので、患者は様々な症状を経験します。もっとも一般的な障害の一つは認知能力の劣化です。

もっと読む

ケモフォッグとケモブレイン

ガン化学療法を受けている人は、化学療法を受けたことがない人と比べて、生涯を通して認知障害的な症状を発症する危険にさらされていることはよく知られています。同様に、高容量の化学療法による治療を受けた患者は、標準容量で治療を受けた患者よりも、もっと高い危険にさらされています。

もっと読む

認知症

診断の際に使われる認知症という用語は、 認知機能の低下や喪失を意味していています。(例えば、短期、長期記憶、注意力、作業処理能力、推定力などの認知機能)神経変性疾患の広範囲かつ、複雑な範囲に伴うことがあります。たとえば、アルツハイマー病などのような神経変性疾患、レビー小体病(例えばパーキンソン病),、脱髄性疾患(例えば、多発性硬化症)、アルコール依存症、HIVエイズのような疾患です。

もっと読む

CogniFitにおける認知トレーニングは、ディスレクシアの学生たちにおいて読む能力を向上させます。

ディスレクシアの大学生がCogniFitでトレーニングしたとき、彼らの能力、記憶力、読む力において、大変改善し、トレーニング後6ヶ月間の間、効果が持続しました。

もっと読む

パーキンソン病

パーキンソン病は、基本的に運動機能に影響を及ぼす特徴があります。症状は、震え、手足のしびれ、動きの遅さと、姿勢の不安定などです。この疾患は、通常50歳以降の人々に影響を与えます。パーキンソン病の初期症状は、微妙で、少しずつ現われてきます。

もっと読む

メールアドレスを入力してください。