ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
いますぐ、登録してください。
loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

認知スキル

認知スキル

視覚と手のバランス

視覚と手のバランス

視覚と手のバランスは、手と目をシンクロさせる感度です。この機能は注意を向けるために目を使い、手は特定の作業をするために使用されます。視覚刺激やフィードバックのもとに、手の動きを導く必要があるので複雑な機能です。

視覚と手のバランスは日常の生活において大変良く使われています。それなしでは、簡単な作業、書いたり、料理をしたり、物を動かしたりなどすることができません。ほとんどが日常における作業です。

例: 現金が必要だと気づいたときに、一番近いATMに行きます。そこで、脳はキャッシュカードを差し込むかとか、キーを打つとか、お金を引き出したりと視覚と手を連携させます。

例: 運転は視覚と手の絶え間ない連携を必要とします。視覚によって伝達された道のりについての情報を基に、手は絶え間なくハンドルを握っています。釘打ち、鍵穴に鍵を合わせる、編み物、織物、縫い物、書く、といったアクションも視覚と手のバランスと連携を必要としています。

認知能力に戻る

科学的 ビデオ
使用方法を
見る

メールアドレスを入力してください。