ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
ご使用のプラットフォームを選択してください
いますぐ、登録してください。
loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

不眠症は - なぜ睡眠は脳フィットネスに不可欠である

不眠症は - なぜ睡眠は脳フィットネスに不可欠である

たった50年前まで夢は、日常生活の受動の一部分だと思われていました。広範囲な研究のお陰で、今、私たちは、寝ている間にも脳が活動していて、十分な睡眠をとることは、あなたの肉体的にも精神的にも健康にとても有益であるだけでなく、不眠症についてもプラスの効果があることを知っています。

睡眠は、神経システムの適合の働きのために必要です。一部分の専門家たちは、睡眠は、日中、非常にアクティブであるニューロン (脳細胞)を回復することができると説いています。十分な睡眠を得ていないときは、ニューロンは、疲れ切ってしまい、誤作動し始めることがあります。又、深い眠りは、たんぱく質の大量生産に関連付けられています。たんぱく質が体の基本的な構成要素であり、損傷した細胞の修復を担当するので、睡眠は、明らかに脳健康の重要な構成要素です。

世界中の科学者たちは、まだ、睡眠を必要とする理由を正確には青くしようとしています。その一方、一連の研究から収集されたデーターは、既に、睡眠は私たちの生存にいかに重要であるかを見せています。睡眠が有益であり、睡眠不足は、認知発達を損なう可能性があるという考えを支持する調査結果の一部が以下のものです

  1. 運動能力、視覚的弁別、言語知覚と知覚トレーニングテストにおいての実験で、12時間の間、睡眠を含めた対象者たちは、寝ずに、12時間を費やしている対象者たちよりも有意に、良好な結果を示しました。
  2. 別の研究に、14日間において、研究対象者に、毎晩の睡眠時間を4時間、6時間、8時間の制限を課し、、複数の神経認知テストを行いました。2週間、4~6時間しか寝ないと精神運動警戒、作業記憶、認知能力において不足を生み出していることが判明しました。このような効率不足は、合計二晩の睡眠不足と同等でした。
  3. 睡眠不足(PSD)は、24時間中、5時間未満の睡眠時間と定義されています。PSDによって、気分や、認知能力に害を及ぼし、反応速度、警戒力が鈍くなり、知覚と、認知のゆがみを増加させ、気分のむらの原因となることが知られています。
  4. 最近実証された中で、たった一晩の睡眠不足は、エピソード記憶、保持力を低下させながら、海馬の活性を不足させるということが示されました。言葉を変えると、睡眠不足は、新しい記憶を形成する脳の機能を不足させるということが分かりました。

メールアドレスを入力してください。