ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
いますぐ、登録してください。
loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

不眠症のためのヘルプ
  • 睡眠の特定モジュールの脳刺激。

  • これは、夜間の睡眠中断の数を減らすことができます。

  • 眠りに落ちるのに必要な時間を短縮します。無料でお試しください!

loading

治療に役立つ脳刺激プログラムと戦闘不眠症

どのように不眠症に勝ちますか?厳格な科学的研究CogniFit不眠症の為の脳刺激プログラムは効果的な非薬理学的治療である事。睡眠の問題を最小限に抑え、睡眠障害を克服するのに役立つ事を証明致しました。

プログラムは、以下チームによって作成されました神経科医認知心理学者睡眠障害を調査単純に脳に関する最新の発見を適用します 精神的な演習 助けますa href="https://www.cognifit.com/es/plasticidad-cerebral" target="_blank">神経可塑性助け御馳走子供の不眠症 そして、大人。

これらの演習は、オンラインで練習することができます。.睡眠の問題を軽減するには、週2~3回、わずか20分で十分です。

ラインチームワーク CogniFitの睡眠専門家不眠や睡眠障害の問題に対処するための非薬理学的ソリューションを発明致しました。教育する事で緊張過剰状態に目覚めるのを 制御出来るという事。

不眠症の原因 彼らは私たち自身の脳の中にあります、その部分個を対応し、効果的に不眠症を対応致します。現在、不眠症のための最も一般的な治療には一定のリスクが存在し、多くの場合それらは問題の原因の解消となる訳ではありません。それらの使用を最小化する事は、この障害を患っている人の生活の質を向上させるために必須であります。

多数の専門家がCogniFit は不眠症の代替の治療に革新的かつ効果的なサポートしてお勧めしております。このプログラム認知刺激大幅に睡眠の時間と品を増大させます。何故なら CogniFit の脳のエクササイズ脳細胞ネットワークを活性化し、それは眠る能力に関連していることを特定されました。強力なトレーニング認知能力あなたがより簡単に眠りに役立ちます、そして夜間の目覚める数を減らします。CogniFit は治療非薬理学的不眠症と闘うために有効次の領域に作用します:

  • 睡眠潜時を減少させます

    : 被験者が睡眠時間までの時間を短縮することができます。
  • 睡眠効率を向上させます

    : 睡眠障害を削減、眠っている時間を効率的にします。

CogniFitの不眠症を治療する為の脳のトレーニングの効果科学的に検証世界中の複数の病院、大学や人口集団によってテストされています。

CogniFitテクノロジー

科学的に検証された

トレーニング。不眠症を治療する方法は?

不眠症:評価とパーソナライズされた診断 1

評価とパーソナライズされた診断機能不能の程度を自動検出

不眠症のための新しい治療法2

劣化された能力をトレーニングし、向上致しましょう。

不眠症のための非薬物療法 3

不眠症に関与する特定の領域を強化します。

不眠症治療

CogniFit 非常に簡単、あなただけのパーソナライズされた治療のために登録する必要があります。通じ >非常に単純な脳の体操やゲームは、ユーザーの認知的健康の評価を行いました。適応アルゴリズムを通じて、パフォーマンスデータが供給されるプログラムは、各個人の特定のニーズに合わせて調整されます。試してください!

なぜ、CoginiFit の脳刺激プログラムは不眠症のための効果的な治療法であるのですか?

多くの研究は、不眠の治療の為にはこの認知刺激は有益な効果と証明されております。特定の脳のスキルを活用することで、あなたも、不眠の問題に対抗する睡眠のアーキテクチャを変更することができます。

最近のデータは結論付けて不眠症に苦しむ人々は、認知障害の同じパターンを持っています。CogniFitの不眠症を治療する為の脳のトレーニング、特異的に標的化されます認知リハビリテーション 劣化した能力。我々はどの様に不眠症に関与してくるか説明致します。

  • 視覚スキャンそしてワーキングメモリ

    : 改善されたレベル認知能力これは、睡眠の施設の増加と関連しています。眠りにつくのにかかる時間が短縮されます。
  • ネーミング能力

    : 睡眠開始後に発生する、目覚める回数を減らすことに関連しています。続けて眠るコツは
  • 阻害

    これは継続睡眠時間と関連しています。よって長く眠るのに役立ちます。

不眠症治療

科学的検証:不眠症を克服するために認知訓練の有効性を支持する研究の例

corporativelanding_InsomnioAdultos_e_40

CogniFit のパーソナライズされたトレーニングプログラムは成人の睡眠の質(睡眠時間と眠りの効果)を向上させます。完全な研究を参照してください。

corporativelanding_InsomnioAdultos_a_40

corporativelanding_InsomnioAdultos_e_41

不眠症の成人は、その中で非常に特定のスキルにおける認知機能障害のパターンを持っています:注意のレベル、反応時間メモリの意味領域に格納された情報へのアクセス(ネーミング能力). Ver estudio completo

corporativelanding_InsomnioAdultos_a_41

corporativelanding_InsomnioAdultos_e_42

CogniFit の認知能力の評価は特定の認知機能における不眠症の有害な効果を検出する事が出来ます。完全な研究を参照してください。

corporativelanding_InsomnioAdultos_a_42

不眠症とは何ですか?

不眠症はかなり一般的な睡眠障害でありますこれは、人口の大部分に影響を与えます。通常より多くの可能性が高い心理的な問題うつ病やストレスや不安を抱える高齢者、女性に頻繁に発生致します。しかし、人口の50%以上が不眠症の症状のいくつかを経験します。

不眠症とは何ですか?不眠症の定義は文字通り “就寝時に睡眠不足”、つまり睡眠の問題しかし、さまざまな方法で発生する可能性があり、多くの場合この 症状:

  • 睡眠困難またはスリープ

    .を特徴としています。眠って30分以上の眠れない。
  • 継続的に夜を眠る問題

    30分以上目が覚めたり
  • 分断された睡眠

  • 早期覚醒

    。不十分な睡眠時間を引き起こします(睡眠の6時間未満)
  • 再度眠りにつく時の問題

    少し睡眠期間
  • 目覚めさせるために必要なノイズを減少

    軽睡眠

二、三週間これらの症状が時折発生した場合は、一過性不眠症です。症状が時間をかけて持続する場合慢性不眠症の例です。

不眠症に苦しんでいる人口の割合

不眠症は、私たちの健康と精神的なパフォーマンスに非常にマイナスの影響を持っています。残りの欠如は、一日を通してより明白な結果を有します。少し睡眠や睡眠不足は、脱力感、眠気、気分のむら、神経過敏などの原因と発生します..

これらの症状の早期発見は、適切な治療のために不可欠です、積極的に障害の潜在的な負の影響を最小限に抑えることが重要です。多くの専門家がCogniFitの脳刺激プログラム をお勧めしております。何故なら不眠症のための非薬理学的治療であり、科学的認証されているからです。

不眠の問題は、人口の大部分に影響を与えることができます。

なぜ我々は眠る必要がありますか?

睡眠は人間の基本的なニーズの一つであります睡眠は脳を再生成し、短期記憶を削除し、一日を通して得た知識を格納する為、処理します 私たちの脳のためにすることができます 起きていて16時間適切に機能します。あなたは朝6時から8時間睡眠する必要があります(個々の特性に応じて)。

多くの研究は、睡眠が学習に関与している睡眠を見てきました 我々は睡眠が必要睡眠中 私たちの脳を統合し新しい考えと記憶.を把握します

十分な時間を寝ていない場合私たちの残りの部分は、品質は私たちの精神機能に影響を与えません。自分が重く感じて、エネルギー不足、肉体的にも知的に実行する問題眠れない夜が減少します ほぼ40%きちんと休まないと知識を吸収する能力は思い出など忘れてしまいます。

なぜ睡眠が必要なのか

脳が休止されると、ホルモンの生産は平衡です。これは、効果的に問題を解決する能力が増加し、睡眠は、私たちは感染の可能性から保護するのに役立ちますので、免疫系はまた、睡眠再生成し、創造性と想像力の私達のレベルが高くなっているのに役立ちます。

不眠症の影響

不眠症は、夜だけの問題ではありません1日24時間の最後の不眠症の結果に苦しみますそれは生活の質に影響を与えるため、すでに苦しむ知っているほとんどの人々のような、睡眠不足は本当の拷問になることができます。睡眠不足は、日常生活の中で体、脳機能や性能に負の影響を持っていますまた、これらの影響は非常に深く、私たちの日常生活に影響を与える苦しみ、周りの人々に感じられます。睡眠不足は、私たちの体の変化を引き起こします、そして最初はその影響は、通常は軽度であるが不眠症は、時間が延長されれば、悪化する傾向があり 重大な障害となる可能性.警告であることが不可欠です最初の症状で行動しますCogniFit は不眠症の影響を最小限にするために助けることができる非薬理学的に非常に効果的な治療です。

不眠症の影響

不眠症の主な結果

  • メモリ容量の損失

  • 注意の減少

  • 刺激に反応する能力が低下

  • 集中力の低下

  • 遅い運動反応、コーディネーション能力の減少

  • 正しい決断を取るのが困難

  • 反射神経の低下

  • 情報を処理するのが遅くなったり

  • 激しい気分変更

  • 一日中眠かったり、疲労感、脱力

  • 幸せを感じることができないこと

  • 精神的敏捷性と効果の問題を解決することができないの損失

  • クリエイティブ能力低下

  • スピーチの減少

  • トラブル表現する際に適切な言葉を見つからなかったり

  • いらいらしたり

  • 一日中が活動的で無くなる

  • 筋力の低下や痛み

  • 目がよく休んされていない場合はビジョンがぼやけることがあり

  • ストレスのレベルの増加

不眠症の種類

原因に応じ不眠のタイプ:

  • 初期不眠症のタイプ

    :それは他の疾患に関連していないので、あなたが明らかに障害の原因を特定することができない場合があります。これは、特定の性格や対処スタイルに関連している可能性があります。
  • 二次不眠症のタイプ

    : 不眠症のこのタイプは、原因が特定出来ます。これは他の病気か、または問題の結果となります。: 精神障害、物質または薬物療法(カフェイン、アルコール...)環境問題など(騒音、光、高温または低温...)不安(家族の問題、労働、経済的困難、スケジュール変更...)二次不眠症を治療するためには、不眠の原因となる最初の原因に作用することが不可欠です。時には 不眠症二種類の原因となる問題が解決されているが、人はすでに不安や恐怖のループに入っている場合があります。 そして病状を悪化していきます。眠れない苦悩によって脳が活性化し、眠りにつく可能性を妨げます。通常は適切に睡眠なしで二晩ほど心配せず過ごせるので重症不眠症には至りません。しかし、連続して夜が眠れない人は心配しまた眠れぬ夜を恐れ、それによる結果の事を考えてしまいます。悪循環のループに入り、多くの場合、それから外に出することが困難になります。これらの例は、通常は厳しいと完璧主義で発生します、すべてのものを制御下に持っていた人や心配性の人

不眠症の種類

期間に応じて、不眠のタイプ

  • 一過性不眠症のタイプ

    :これらのケースでは、通常は1週間未満持続します。これは、複数の要因がございます。例えば、麻薬、アルコール、カフェイン睡眠時間や場所の変化、状況的ストレス、新たな勤務シフト、長い旅行や時差ぼけ、物質の使用をすることができますように...
  • 急性不眠症や短期率

    :これは、1週間から4週間続くことができ、そのようななど、ストレス、不安、情緒障害、問題や物理的な痛み、の段階として、複数の要因によって発生する可能性があります..
  • 慢性の不眠症のタイプ

    : 不眠症のこのタイプは、一晩では発症しません。ほとんどの場合、短期不眠の段階が先行します。これは、物理的な病気や慢性精神病によるものであって、4週間以上継続する事がございます。これは、不眠症の最も深刻なタイプです。

期間によって不眠症の種類

発生した夜の時間に応じての不眠症の種類:

  • 和解不眠のタイプか初期

    : 問題は、30分未満で眠りに落ちます。これは通常、若者に発生し、最も頻度の高い原因は、多くの場合、不安や薬物使用または医学的な問題などの精神障害であります
  • 不眠メンテナンスタイプ

    : 夜通し睡眠維持する事が困難。多くの場合、30分間ごと目が覚るか、頻繁な睡眠中断により修理するはずの睡眠を妨げます。不眠症のこのタイプは通常、年齢に関連した精神的、医学的問題と場合に発生します。私達は老化するにつれ私たちの睡眠構造が変化します。傾向は、どんどん頻繁に目が覚めることです。多くの場合、特定の認知能力の喪失に連結することができます。
  • 早期覚醒不眠症のタイプ

    : 最終的に目が覚めるのがいつもより早く、著しく休む時間を減少させます。

発生した夜の時間に応じて、不眠症の種類

不眠症の原因

複数の不眠症の原因 が存在します、これは 頻繁な:

  • 肉体的な原因と環境。睡眠の質は睡眠習慣とルーチンに多くを依存しています。毎日の生活ではない不健康なライフスタイル(刺激的な物質、アルコールや他の薬物の消費...)全く運動しません、多量のディナーや困難な消化、など...悪い睡眠の原因となります。痛み、口臭から私たちを防ぐ疾患、排尿、妊娠や更年期障害、内分泌疾患、代謝性、神経性疾患、感染症、頭痛、などの必要性を動機づける泌尿器系障害...

  • 医学的原因

    : 問題および不眠症に苦しむことに私たち傾かせるかもしれないが医学的原因がいくつかあります。痛み、呼吸を妨げる疾患、排尿、妊娠、更年期障害、内分泌疾患、代謝の必要性、神経疾患、感染症、頭痛などやる気を引き出す泌尿器科疾患に苦しむ.
  • 心理的な原因

    :ストレスや他の個人的なイベントが不眠を誘発することができるように、感情、感情や思考は、脳を刺激しています
  • 精神病を引き起こす

    : うつ病、不安、神経性無食欲症...
  • 生理的な原因

    :老化は認知能力の変化や睡眠の我々の構造の変化を誘発する神経接続のシステムを引き起こします。私たちは多くの場合、時間と睡眠の質の低下を経験します。
  • 薬剤誘発性の原因

    :薬物、ホルモン、興奮剤、ステロイド、抗うつ薬....

不眠症の原因

不眠症のための予防と対策

我々は不眠を予防し、改善するために何ができますか?いずれかの問題が発生した場合には、治療することが重要です疾患の焦点を検出することができます。 彼らはすべての懸念を提起し、問題を悪化させる脳の興奮をアクティブであるので、我々は、任意の不適切な要因を見つけた場合、すなわち、私たちの習慣を分析し、修正し、私達が私達の否定的な考えを変更しようとすることも重要です。

予防や不眠症を避けるために救済の措置:あなたのルーチンのためのアイデア。

  • 通常就寝時間と上昇時間

    : 遅く寝るし、朝の眠りがちである不眠症に苦しむ多くの人々。これらのスケジュールの制限の治療、一貫性を持っているがあります。人に慣れてない場合初めは難しいが、不眠症を戦うためにしたいかどうかください睡眠の安定したペースを設定する可能性が高いです
  • 昼寝を削除する

  • : 逆に多くがあると信じて何の重要なために、日中睡眠は回復のない治療を悪化させかねない不眠夜の間に。場合でも、我々 は睡眠は目を覚まし滞在しようとすることが重要、これ役に立ちます定期スケジュール。
  • 運動

    : 運動することをお勧め、体が疲れて、夢の動機が刺激が過剰に脳をアクティブにできますので、夕方それを実践する必要がありますいないそうだいます
  • ディナー光

    : は消化を複雑にすることができます、これは夢を調整する能力を妨げているためおびただしくディナーを推奨します。どちらも行く必要がありますが、空腹で寝るは中間ポイントを見つける必要があります
  • エキサイティングな避ける飲料

    : の扱う必要があります回避すれば午後を通して決して無いが、刺激的な飲み物、コーヒー、紅茶、アルコールを消費します。
  • は、寝る前にストレスの多い活動を行わない

    : 作り出すことができる私たちの脳は、過活動、
  • 推進活動リラックス

    : 瞑想、リラクゼーションの技術を与えるに運ぶお風呂ホット、聞く音楽ソフト、等... 行為も、静かな思います
  • 携帯電話、コンピューターやタブレット就寝前に少なくとも 1 時間を見ていない

    : いくつかの研究は、これらのデバイスを生成する光が概日リズム、睡眠は困難とレム段階リズムを減らすことで混乱を引き起こすことが示されている
  • を食べる、テレを見る、読むのためにベッドを使用しない

    : 夢とリラクゼーションの瞬間にベッドを関連付ける必要があります
  • だけ寝るとき眠気感

    : 睡眠がない場合寝る努力する価値はないです。それを得ないし、私たちの不満を増加させると思われます。
  • ベッドから上昇する我々 が眠っている場合

    : を避けるため取得し、我々 はリラックスするアクティビティを実行する良いこと我々 は 15 〜 20 分後にスリープ状態に得ることができない場合、欲求不満、ベッドを関連付ける
  • に沿って夜の時計を見ていない

    : 睡眠けど得たのしようとしている場合、時間を見て私たちはより多くの欲求不満をもたらすだけです
  • 脳を鍛える

    。刺激する夢のアーキテクチャに関連付けられているスキル認知不眠に効果的に対処することができます。CogniFit は、私たちの脳の健康のための複数の利点の革新的な非薬理学的治療です。
  • プロへのお問い合わせを解決しない場合

    : 最初にあなたの医者と相談することがなくスリープ状態に薬を服用することはありません

不眠症のための予防と対策

参照

Haimov I, Shatil E (2013) Cognitive Training Improves Sleep Quality and Cognitive Function among Older Adults with Insomnia. PLoS ONE 8(4): e61390. doi:10.1371/journal.pone.0061390 Haimov I, E Hanuka, Y. Horowitz - El insomnio crónico y el funcionamiento cognitivo entre los ancianos - Medicina del comportamiento del sueño 2008; 6:32-54

Shatil E, A Metzer, Horvitz O, Miller R. - Basado en el entrenamiento personalizado cognitivo en el hogar de pacientes con EM: Un estudio de la adherencia y el rendimiento cognitivo - Neurorehabilitación 2010; 26:143-53.

Peretz C, AD Korczyn, E Shatil, V Aharonson, Birnboim S, N. Giladi - Basado en un Programa Informático, Entrenamiento Cognitivo Personalizado versus Juegos de Ordenador Clásicos: Un Estudio Aleatorizado, Doble Ciego, Prospectivo de la Estimulación Cognitiva - Neuroepidemiología 2011; 36:91-9.

Shatil E (2013). ¿El entrenamiento cognitivo y la actividad física combinados mejoran las capacidades cognitivas más que cada uno por separado? Un ensayo controlado de cuatro condiciones aleatorias entre adultos sanos. Front. Aging Neurosci. 5:8. doi: 10.3389/fnagi.2013.00008

Thompson HJ, Demiris G, Rue T, Shatil E, Wilamowska K, Zaslavsky O, Reeder B. - Telemedicine Journal and E-health Date and Volume: 2011 Dec;17(10):794-800. Epub 2011 Oct 19.

Preiss M, Shatil E, Cermakova R, Cimermannova D, Flesher I (2013), el Entrenamiento Cognitivo Personalizado en el Trastorno Unipolar y Bipolar: un estudio del funcionamiento cognitivo. Frontiers in Human Neuroscience doi: 10.3389/fnhum.2013.00108.

Cricco M1, Simonsick EM, Foley DJ. (2001) The impact of insomnia on cognitive functioning in older adults. J Am Geriatr Soc. 2001 Sep;49(9):1185-9.

メールアドレスを入力してください。