このWebページのCookieについて

このWebサイトでは、Cookieを使用してオンライン体験を向上させています。Cookieの設定を変更せずにこのサイトを引き続き使用することにより、Cookieの使用について承諾したものとみなされます。詳しい情報を確認する、またはCookieの設定を変更するには、%1$s Cookieポリシー%2$sをご覧ください。

承認
ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
いますぐ、登録してください。

あなた自身のために評価・トレーニングを利用しますか。個人アカウントを作成しましょう。このタイプのアカウントは、あなたの認知能力を評価・トレーニングするために設計されています。

あなたの患者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。患者の管理アカウントを作成しましょう。このアカウントは、認知障害の検査、診断、および医療介入のために医療専門家(医師、心理学者など)をサポートするように設計されています。

あなたの家族や友人に評価・トレーニングを提供しますか。家族用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、あなたの家族がCogniFitの評価・トレーニングにアクセスできるように設計されています。

研究被験者のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。研究用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、研究者が認知領域に関する研究を行うのに役立つように特別設計されています。

あなたの生徒のための評価・トレーニングにアクセスしようとしていますか。生徒の管理用アカウントを作成しましょう。このアカウントは、子どもや生徒の認知障害の検査、診断、医療介入をサポートするために設計されています。

あなた自身のために利用(16歳以上)

loading

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

corporativelanding_Que-Es-CogniFit_social_picture
  • corporativelanding_Que-Es-CogniFit_Form1

  • corporativelanding_Que-Es-CogniFit_Form2

  • corporativelanding_Que-Es-CogniFit_Form3

loading

CogniFit は保健セクターの調査企業であり、1999 年にShlomo Breznitz [1] 先生により設立され、認知の健康の評価と改善を志向致しました。脳機能の探査と刺激のためのすべての当社のツールは、テストされ、臨床的に検証されています。我々の製品は、、世界中の病院、大学、財団や研究センターと連携し、16カ国の言語で利用可能です[2].現在CogniFit はリーダー、知られており、科学界や企業、世界中のプログラムによって使用されます。

科学者、神経科医や心理学者の国際チームが主導している神経科学プログラムは、調査やゲームの形で単純な脳の最新の研究を組み合わせたタスクをゲームに濃縮された高度なアルゴリズムを用いています。この専門家プログラムの神経心理学や認知刺激は、科学に基づいた方法論に基づいています[3] 計測監視し、適切に特定の認知能力や神経疾患との関係を訓練することができます。

技術開発は22の基本的な認知機能を評価するコンピュータ化された完全なバッテリータスクので構成されており、完全に定義されており、客観的な測定制御の対象され、被験者の結果、数千に基づいて標準化された年齢と人口統計学的基準を提供します。これらのスキルは、複数の調査で確認されています[4]

年齢や国による探査し、その結果を正規化して得られた認知データにより、CogniFitは 個々の特定の認知状態を理解し、パーソナライズされた脳のフィットネスプログラムを提供する事が出来ます。この方法論は、詳細であり、特許の取得済みです。

神経心理学と認知刺激

CogniFit の方法論テストやタスクの科学的根拠の完全バッテリーで構成されています。これらの演習のそれぞれが厳選して評価し、強力な脳機能を測定するために分類されています[4]これらの脳の機能と異なる疾患および障害の存在との関係は、科学コミュニティによって認識され、検証されています。

CogniFit の全てのテストおよび課題は代表的な集団が独立した研究によって検証致しました。これらの研究では、常にCogniFitとは独立した認知および神経学的評価が行われています。

私たちの文と結果がベースとされているすべての科学文献は、当社のソフトウェアやツールにて開発されています。私たちは、消費者と専門家に実績のあるツールを提供し、これにより正確に評価し、刺激する事が出来ます。我々は、最新の技術がプログラムに導入されることを保証するために、研究者や科学者コミュニティと継続的に協力しております。

CogniFit がトレーニングする20以上の認知能力は、慎重に人間の認知のこの広い範囲を完全かつ正確な画像を通じて表現するために選択されています。これらの機能のそれぞれは、様々な年齢に基づいて数千の人口統計学的平均値との強力なアルゴリズムを使用して比較したデータとスコアに基づいて評価さてます。CogniFit の刺激期間後の認知能力の改善は、多くの独立した研究によって検証されています。[4].

研究者や医療専門家向け

CogniFit は患者の総合的な認知のスクリーニング提供しています。データと結果は研究者医療専門家にとってポートや診断支援の信頼できる情報源を表すので、高い価値があります。

CogniFit 神経心理学的評価識別。特定の脳障害を認識、患者の介入を監視し、フォローアップリハビリテーションするために非常に有用な情報を提供します。

当社のすべての製品は、探索に焦点を当られており、ノルム評価を通して測定された慎重な認知能力トレーニング’

個人、家族や学校のための

CogniFit は個人に対しても適用されており、家族学校: あなたが別の認知ゲームをプレイするとき、あなたの認知状態を発見します。高度なアルゴリズムとデータベースのおかげでCogniFit は個々の特定の認知状況を理解し、パーソナライズされた脳のフィットネスプログラムを提供しています。

一人一人がユニークであり、あなた自身のニーズに合わせたトレーニングが必要です。正確に脳機能の性能を測定することにより、CogniFitは自動的にパーソナライズされたトレーニングを作成します。選択したタスクと難易度を動的にユーザの特定のニーズに基づいて変更されています。

Referencias

[1] 教授シュロモ・フレスニス彼は数多くの重要な機関で教えています、中でもバークレーのカリフォルニア大学、スタンフォード大学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス、および国立衛生研究所、保健社会福祉省の一部。7つ科学論文の著者であり、ハイファの大学で心理的ストレス研究センターを設立し、心理学者レディ・デイビスも教授、学長と理事長として働いております。絶賛されたトレーニングプログラムDriveFit™、CogniFitの初めての製品、英国のマイケル王子交通安全賞を受け取りました。

2] 私たちが働き一部の大学、病院や財団:

Biobehavioral Nursing and Health Systems of the University of Washington, Seattle, USA; The Edmond J. Safra Brain Research Center for the Study of Learning Disabilities University of Haifa; Department of Neurology Albert Einstein College of Medicine, Yeshiva University from NY, USA; The Gerontology Misericordia University of Dallas, USA; The Department of Psychology of the University of New York in Prague, The Center for Psychobiological Research of the Max Stern Academic College of Emek Yezreel, Jezreel Valley, Israel, Carroll School, Massachusetts, USA, Department of phycology de la UAM, Madrid, Spain.

詳しくを見る神経科学.

[3] 文学と科学ツール:

Wechsler, D. (1945). A standardized memory scale for clinical use. The Journal of Psychology: Interdisciplinary and Applied, 19(1), 87-95

Conners, C. K. (1989). Manual for Conners’ rating scales. North Tonawanda, NY: Multi-Health Systems.

Hooper, E. H. (1983). Hooper visual organization test (VOT).

Greenberg, L. M., Kindschi, C. L., & Corman, C. L. (1996). TOVA test of variables of attention: clinical guide. St. Paul, MN: TOVA Research Foundation.

Tombaugh, T. N. (1996). Test of memory malingering: TOMM. North Tonawanda, NY: Multi-Health Systems.

Wechsler, D (1945). A standardized memory scale for clinical use. The Journal of Psychology: Interdisciplinary and Applied, 19(1), 87-95.

Shallice, T (1982). Specific impairments of planning. Philosophical Transactions of the Royal Society B: Biological Sciences, 298(1089), 199-209.

Asato, M. R., Sweeney, J. A., & Luna, B (2006). Cognitive processes in the development of TOL performance. Neuropsychologia, 44(12), 2259-2269.

Korkman, M., Kirk, U., & Kemp, S (1998). NEPSY: A developmental neuropsychological assessment. Psychological Corporation.

Korkman, M., Kirk, U., & Kemp, S (1998). Manual for the NEPSY. San Antonio, TX: Psychological corporation.

Stroop, J. R (1935). Studies of interference in serial verbal reactions. Journal of experimental psychology, 18(6), 643.

Heaton, R. K. (1981). A manual for the Wisconsin card sorting test. Western Psycological Services.

Tsotsos, L. E., Roggeveen, A. B., Sekuler, A. B., Vrkljan, B. H., & Bennett, P. J. (2010). The effects of practice in a useful field of view task on driving performance. Journal of Vision, 10(7), 152-152.

Crabb, D. P., Fitzke, F. W., Hitchings, R. A., & Viswanathan, A. C. (2004). A practical approach to measuring the visual field component of fitness to drive. British journal of ophthalmology, 88(9), 1191-1196.

Edwards, J. D., Vance, D. E., Wadley, V. G., Cissell, G. M., Roenker, D. L., & Ball, K. K. (2005). Reliability and validity of useful field of view test scores as administered by personal computer. Journal of clinical and experimental neuropsychology, 27(5), 529-543.

[4] 独立研究によって検証認知技能:

ワーキングメモリ、聴覚短期記憶、阻害、分割的注意:Preiss M, Shatil E, Cermakova R, Cimermannova D, Flesher I (2013), el Entrenamiento Cognitivo Personalizado en el Trastorno Unipolar y Bipolar: un estudio del funcionamiento cognitivo. Frontiers in Human Neuroscience doi: 10.3389/fnhum.2013.00108.

集中、名所、短期記憶、視覚的記憶、ワーキングメモリ: Haimov I, Shatil E (2013) Cognitive Training Improves Sleep Quality and Cognitive Function among Older Adults with Insomnia. PLoS ONE 8(4): e61390. doi:10.1371/journal.pone.0061390

手と目の協調、視覚的記憶、処理速度、視覚的走査、指定: Shatil E (2013). ¿El entrenamiento cognitivo y la actividad física combinados mejoran las capacidades cognitivas más que cada uno por separado? Un ensayo controlado de cuatro condiciones aleatorias entre adultos sanos. Front. Aging Neurosci. 5:8. doi: 10.3389/fnagi.2013.00008

作業メモリ、焦点、視空間知覚、視覚的なメモリ: Peretz C, AD Korczyn, E Shatil, V Aharonson, Birnboim S, N. Giladi - 認知の古典的なコンピューター ゲーム対カスタム トレーニング プログラムに基づく: 無作為化, 二重盲検, 将来, 認知刺激の研究- 疫学 2011; 36:91-9.

メモリ短期視覚記憶、ワーキング メモリ: Shatil E, A Metzer, Horvitz O, Miller R. - 家のEM患者でパーソナライズされたトレーニングの認知に基づく: 接着と認知パフォーマンスに関する考察-ニューロリハビリテーション 2010; 26:143-53.

アプローチ、認識、分けられた注意、視覚認知、空間知覚、視覚的短期記憶談話: Korczyn dC, Peretz C, Aharonson V, et al. -認知トレーニング CogniFit ソフトウェアは古典的なコンピューター ゲーム向上よりも 1 つ大きい認知パフォーマンスを生成: 高齢者の将来、無作為化、二重盲検の介入。アルツハイマーと認知症: 2007 年にアルツハイマー病協会のジャーナル、三(3): S171

聴覚の短期記憶、目調整手、短期的にメモリ、宗派、談話、空間知覚、見積もり、視知覚:Shatil E, Korczyn dC, Peretzc C, et al. -コンピューター化された認知能力のトレーニング - アルツハイマー病と認知症の高齢者の認知機能改善目的: アルツハイマー病協会のジャーナルの 2008、四(4): T492.

処理速度:Verghese J, J Mahoney, Ambrosio AF, Wang C, Holtzer R. - 座りがちな古い人で 3 月に認知リハビリテーションの効果- J Gerontol A Biol Sci Med Sci. 2010 Dec;65(12):1338-43.

作業メモリ、応答時間: Horowitz-T Kraus, Breznitz Z. - ワーキング メモリ トレーニングの恩恵を受けてエラー検出メカニズムができますか。難読症状者とコントロール ERP の研究の被験者の比較- PLoS ONE 2009; 4:7141

視覚認知、時間応答分かれて注目、評価、計画、短期記憶:Haimov I, E Hanuka, Y. Horowitz - 慢性の不眠症と高齢 - 2008年睡眠行動医学者認知機能; 6:32 54

分割注意、計画、特別な知覚と抑制: Thompson HJ, Demiris G, Rue T, Shatil E, Wilamowska K, Zaslavsky O, Reeder B. - Telemedicine Journal and E-health Date and Volume: 2011 Dec;17(10,):794-800. Epub 2011 Oct 19.

メールアドレスを入力してください。